家にいるのが楽しくなるインドア派の趣味:裁縫

インドア派の人は何か自宅で出来る趣味があると、家にいる時間がもっと楽しくなりますね。

趣味と言っても数多くありますが、その中でも裁縫はどうでしょう?

スポンサーリンク

女性にも男性にもおすすめな裁縫

裁縫と言うと女性がするイメージですが、細かい作業の好きな男性にもオススメの趣味です。

小学校の裁縫の時間以来ほとんどやった事のない人も多いのではないでしょうか?

しかし裁縫が出来るようになると、自分で様々な物を作り出す事が出来るのです。

バッグに洋服、インテリアのファブリックなどその気になればなんでも作れるようになるかもしれませんね。

初心者の人はまず直線縫いを練習しよう

まず初めての人や苦手な人は練習が必要です。

ミシンも良いですが、基本となる手縫いが出来ると、ちょっとしたお直しや縫い目の始末も簡単になります。

裁縫の基本は直線縫いです。

その名の通り一直線に縫っていく事です。

和裁の言い方では運針とも言います。

針に糸を通したら布を真っ直ぐ縫う練習をしましょう。

初めは慣れないと縫い目が大きくなってしまいますが、気にせずどんどん縫い進めてください。

とにかく何度も練習しましょう。

慣れてくるとコツが掴めるようになるので、縫い目も次第に綺麗になってきます。

上手くなってくると楽しさも出て来ます。

直線縫いに慣れたら雑巾を作ってみよう

慣れた所で雑巾を一枚縫ってみましょう。

いらないタオルなどで作れば失敗しても大丈夫ですね。

雑巾はすべて直線縫いで出来ているので、初心者が作る物としては適しています。

四つ端をぐるりと縫い、斜めに大きくバッテンに縫えば完成です。

上手く出来ると使うのがもったいないかもしれませんね。

直線縫いが出来るようになるときっと自信が付くはずです。

次のステップアップはミシンに挑戦

基本の手縫いが出来たらミシンに挑戦してみましょう。

ミシンを使う事によって大きく裁縫の幅が広がります。
縫う速さが手縫いとは違うので大きな物も作れるようになります。

家にミシンがない人もいるでしょうが、最近はミシンも1万円代で売っているので思い切って買うのも良いですね。

ミシンによって糸を掛ける所が微妙に違ったり、下糸の入れ方が違ったりするので説明書をよく確認しましょう。

家に昔からあるお母さんのミシンは足で踏んで進めるタイプが多いかもしれませんね。

最近は手元のボタンでスタート出来るので、より使いやすくなっています。
デジタル表示や細かい設定ができるミシンもありますが、初心者の人はシンプルな物で十分楽しめます。

ミシンも必ずいらない布で試し縫いをしてください。
手縫いと違い自動で縫えるのでそこは楽ですね。

初めはスピードを一番落とし手縫ってみましょう。
縫い始めと縫い終わりは返し縫いを忘れずに。
少しずつ進めてください。

ミシンの基本も直線縫いなので、ランチクロスやランチョンマットなど布一枚で簡単に作れる物に挑戦してください。

ミシンも練習で必ず上達します。
慣れたら速さを上げて縫いましょう。
あっという間にどんどん針が進むので、短時間で沢山縫えて達成感も多いです。

しかし機械なので糸が絡まったり、斜めに縫ってしまったりの失敗も多いかもしれません。
めげずに練習すれば直線縫いを駆使してトートバッグやクッションカバー、カーテンなどの大物も作ることが可能です。

ミシンのコツは怖がらない事。
指先に気を付けて挑戦してみましょう。

アレンジができれば幅が広がる

手縫い・ミシンが出来るようになれば、もう趣味が裁縫と胸を張って言えますね。

家で一人で没頭して出来るので、インドア派の人はのめり込む人も多いでしょう。

裁縫は母親や家族に教えてもらったりするのが上達するのに一番の近道ですが、誰かに頼れない人は本やネットで勉強するのも良い方法ですね。

動画でも得意な人が作り方を紹介してくれていたりするので、とても解りやすくてオススメです。

時間がある人は裁縫の教室に通ってみると、同じ趣味の仲間がいるので色々情報交換をして楽しめるでしょう。

出来るようになるにつれ、自分なりの作品を作りたくなる人もいると思います。

裁縫はアレンジする事で個性が生まれます。
刺繍を練習して作ったバッグやカバーに施したりするのも素敵です。
持っている服を自分でお直ししたり、リメイクしてアレンジしてみたり、アイデアは無限に広がりますね。

どうしても苦手で上達しないと言う人は、手持ちの既製品にワッペンを縫い付けてみたりするだけでも自分だけのオリジナル作品が作れます。

裁縫をする時は、夢中になって根を詰めるとしんどくなる事があります。
あまりストイックにならずに楽しんでやる事が長続きのコツです。

上手になれば自分の子供の服や幼稚園グッズを作る時など、才能を発揮する場面もきっと出て来るでしょう。

中には本気で裁縫の仕事に興味が出る人もいるかもしれませんね。
裁縫で作品を作るにはそんな魅力もあるのです。

インドア派で何か趣味が欲しい人は、ぜひ裁縫の世界を覗いてみてください。
きっと物を作る楽しさを感じる事が出来るでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-趣味
-

関連記事

フリマアプリ「Selsee」の特徴や使い方

近頃では、スマートフォンの普及率が高くなるにつれて、様々なアプリが配信されています。 フリマアプリに関しても、多種多様なアプリがリリースされていますが、なんと最近では、自動車専門のフリマアプリも登場し …

フリマアプリ「ハロマ」の特徴や使い方

あなたの自宅には、きっと使わないまま余っているものがあるはず。 置いておいても場所をとるし、埃をかぶっていくだけ。 ぜひフリマアプリで売って、すっきりさせましょう。本当に使ってくれる人が、買ってくれる …

伝統文化を学ぶ!茶道教室の選び方

茶道と言えば、日本で古来より伝わる伝統的な作法の一つとして知られていますが、これまではごく一部の人たちの間で親しまれているものというイメージが強いものでした。 しかし、近年は若い世代へも普及を広めよう …

女性が思わず惚れる!ダーツが趣味だとモテる理由は?

ダーツは専用の道具が必要となるため、自分で道具をそろえるかまたはダーツバーなどに通うかしなければなかなかできません。 そのため子どもの遊びというよりは、大人ならではの趣味となる傾向にあります。 大人の …

将来仕事にできそうな趣味:タロット占い

現在では様々な占いの方法があります。 例えば姓名判断や人相占い、文字の書き方などで占いを行う方もいれば誕生日や血液型などポピュラーな占いもあります。 そして、その中でも比較的多いのがタロット占いになり …

楽天モーションウィジェット