「井野川サイクリングロード」でサイクリングを楽しむ為のポイント!

井野川は、群馬県高崎市を流れる利根川の支流の1つです。

決して大きな川ではありませんが、豊かな自然とのどかな景色にめぐまれ、川沿いにはサイクリングに適した道が整備されています。

スポンサーリンク

井野川サイクリングロードの位置

この川に沿って整備された自転車道を、井野川サイクリングロードと呼びますが、サイクリングロードの呼び名や範囲については、人によって異なることがしばしばあります。井野川の場合は、浜川町と箕郷町の境あたりから、サイクリングロードが整備されていて、そこから川沿いに、群馬の森近辺で烏川に合流する地点まで進むことができます。

この全体を漠然と井野川サイクリングロードと呼ぶ人もいます。一方、群馬県が発行しているサイクリングロード・マップでは、井野川サイクリングロードの範囲を、国道17号線の浜尻大橋から県道10号線の浜井橋までとし、これに「ホタルの里サイクリングロード」という別称を与えています。

人によっては、このホタルの里サイクリングロードの終点である浜井橋からさらに先、箕郷町との境近辺までの上流側に限って、井野川サイクリングロードと呼ぶ人もいます。どれが正しいかを決めることはできませんが、ここでは主に浜尻大橋より上流側について紹介しましょう。

浜尻大橋から井野川に沿って下流に向かう道は、群馬県によれば高崎伊勢崎自動車道の一部になります。この自転車道は、利根川自転車道や桃ノ木川自転車道とつながっているので、全体を通せば広範囲にかなりの距離を走ることができます。

こうした他の自転車道との接続の良さが、井野川サイクリングロードの重要な魅力になります。

井野川サイクリングロードのルート案内

このように、遠方からアクセス可能な井野川サイクリングロードですが、具体的にはどのような経路でたどりつくことができるのでしょうか。ここでは一例として、東京方面からのルートを紹介します。

東京方面からは、利根川に沿って坂東大橋に至り、そこから利根川左岸を五料橋まで進んで、烏川左岸に出るのが便利です。坂東大橋から先は、既に高崎伊勢崎自転車道の一部になっています。そのまま烏川左岸を進んで、岩倉橋で対岸に渡り、柳瀬橋を渡ったあたりが井野川と烏川の合流地点になります。

ここから井野川の右岸をさかのぼり、町田橋で対岸に渡って左岸を少し進めば、浜尻大橋に出ます。

群馬県のサイクリングロード・マップに従えば、ここから上流が井野川サイクリングロードとなります。浜尻大橋を渡って再び右岸側に戻り、そこから川沿いに進むと、まもなく浜川運動公園が見えてきます。この公園は、陸上競技場や体育館、プールを備えた大規模な施設で、ショウブの名所としても知られています。サイクリング中の休憩ポイントとして、ふさわしいでしょう。トイレ休憩の場所として考えることもできます。

さらに井野川の右岸側を進むと、まもなく県道10号線にぶつかります。ここまでが群馬県のサイクリングロード・マップにおける、井野川サイクリングロード(別称ホタルの里サイクリングロード)です。しかし、県立高崎北高校に沿って自転車道は延びており、最初に述べたように、さらに上流に進むことができます。しかしこの道は、まもなく途切れてしまいます。

ですから、県道10号線より上流側は、川沿いに長距離を快適に走ることはできません。

井野川サイクリングロードを走る際の注意点

井野川サイクリングロードを走る際の注意点としては、まず起点である浜尻大橋の渡り方が挙げられます。この橋は国道17号線の一部であり、道幅が広くかなり交通量が多くなっています。井野川の下流側(東京側)からさかのぼってきた場合、この橋で国道17号線を渡ろうとしても、信号や横断歩道がなくスムーズに渡ることができません。

しかし、川沿いに国道の下をくぐり抜ける短いアンダーパスが設けられています。ですので、井野川の左岸を下流側から来た場合は、浜尻大橋の手前でアンダーパスに入り、橋の下を通過して、上流側に抜けたところにある小さな橋で右岸にわたって、井野川サイクリングロードに入るといいでしょう。

ここから先は、概ね道筋の心配なくサイクリングロードを走ることができます。しかしこの川沿いの自転車道は、近隣の人々の散歩道や通勤・通学路としても活用されています。ですから、走行に際しては、スピードを抑え、歩行者優先で進むことが大切です。

一部の区間は、ペイントによってサイクリングロード内が、さらに歩行者用のスペースと自転車用のスペースに区分けされていますので、その区分をしっかり守ることも大切です。また、サイクリングロードは頻繁に井野川を渡るための小さな橋と交差します。そうした箇所では、歩行者や他の自転車に加え、自動車との衝突にも十分気をつける必要があります。

さらに、道沿いに植物が生い茂っている箇所もありますから、枝とぶつかってけがをしないように気をつけなければなりません。

井野川沿いには、のどかな景色が広がっていますから、それを楽しみながら、安全第一でゆったりと走行するのが、井野川サイクリングロードの楽しみ方としては、ふさわしいと考えられます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー
-, ,

関連記事

バトンルージュ(アメリカ・ルイジアナ州)のおすすめ観光スポット

バトンルージュは、アメリカ合衆国ルイジアナ州のニューオーリンズに次ぐ州内第2位の規模を誇る都市であり州都でもあります。 ジャズの発祥地として有名なニューオリンズの隣街なだけあって、ゴスペルやブルース、 …

「藺牟田池一周サイクリングコース」でサイクリングを楽しむ為のポイント!

鹿児島にある藺牟田池(イムタイケ)一周サイクリングコースは、2005年11月にラムサール条約にも登録された、野生生物が数多く生息している池です。 池の西側には、希少な野生生物であるベッコウトンボが生息 …

長崎県のおすすめ温泉地3選

長崎県への旅行先には、長崎市を初め、佐世保・ハウステンボス、雲仙や小浜、島原や南島原、平戸、壱岐などに人気が集まっています。 長崎市には眼鏡橋、佐世保には九十九島、雲仙には雲仙地獄、島原には武家屋敷や …

初心者も気軽に行ける!江戸川放水路で釣りの魅力に触れよう!

江戸川放水路は初心者にもお勧めのハゼ釣りのメッカです。

バッファロー(アメリカ・ニューヨーク州)のおすすめ観光スポット

第二次世界大戦後、ニューヨーク州(ニューヨーク市)には、世界の金融・経済の中心地として多くの会社が支店を置いています。 北西部に位置するバッファロー市は、アメリカ合衆国有数の工業都市で、ナイアガラの滝 …

楽天モーションウィジェット