センスを活かそう!生活に関する資格「インテリアデザイナー」

インテリアデザイナーが関わるのは、住宅だけではありません。オフィスや自動車の中など、様々なところのインテリアを設計してレイアウトします。

インテリアは広い意味で言えば、室内装飾だけではなく、建物の空間全体の構成も含みます。

スポンサーリンク

インテリアデザイナーは何をする仕事なのか

インテリアデザイナーの仕事は、住居やオフィスなどの室内空間の環境設計を行う仕事と、家具や照明器具などのインテリア用品のデザインを手がける仕事の、2種類に分けることが可能です。

前者は建築設計者や施工業者、依頼者と打ち合わせを行い、デザインを行なっていきます。環境設計の対象になるのは、建物内の空間自体です。インテリアデザイナーになるために、特別な資格は必要ありませんが、インテリアコーディネーターやインテリア設計士など、関連資格を取得しておくと役立ちます。

環境設計の仕事をするためには、建築士の資格が必要になることもあります。

専門学校には、インテリアデザイナー養成を目的にしている学校もありますし、大学でデザイン工学や建築学を一般教養とともに広く学んでから、就職するという方法もありです。

センスが求められる仕事なので、専門学校や大学でインテリアについて学んで、感性やスキルを磨いておいた方がいいでしょう。もともとセンスが良い人ならば、短期間で習熟できる可能性もあります。

人間にとって大切な衣食住のうちの、住の部分で活躍できるのがインテリアデザイナーの仕事です。最近では、他人とは違う、自分らしさを感じられる住環境が求められることも増えているので、今後もインテリアデザイナーの需要は、伸びていくでしょう。

インテリアデザイナーの資格を取る方法

インテリアデザイナーの資格試験は、日本インテリアデザイナー協会が扱っているものがあります。民間資格で、インテリアに関する商品の知識や販売技術、インテリアデザイナーとして働くための知識や表現力が求められます。

2ヶ月ごとに開催されていて、受験料は1万円程度で受けることが可能です。試験問題は送られてくるので、それを自宅で回答して送付します。受験資格は特にないので、誰でも受けることができます。

ただし合格率は30%と、それほどが高くないので、しっかり対策しておくことが大切です。インテリアデザイナーの志願者だけではなく、インテリア系の仕事をしている人や、建築関係の人が受験することもあります。

また、比較的仕事の内容が近い、インテリアコーディネーターの資格を取っておくのも良いです。

試験が行われるのは、年に1回で、受験資格は特に設けられていません。インテリア好きな女性が受験することが多く、受験者の7割は女性です。インテリアコーディネーターの資格は、建築士やインテリアデザイナーよりは、難易度が低いです。

ただし、合格率は低めなので、気を抜かずに勉強する必要があります。センスを磨きたいならば、インテリアや建築関係の資格を色々取得しておくといいでしょう。

やみくもに資格を取ればいいというわけではありませんが、自分が進みたい道に沿った内容が勉強できる資格試験であれば、将来の仕事に役立つ可能性が高いです。例えば、カラーコーディネーターやインテリアプランナーなどは、難易度が低めですし、色彩の知識やセンスが身につけられます。

インテリアプランナーは、インテリアデザイナーと関連した勉強ができます。

それぞれの資格の特徴を理解しておこう

インテリア系の資格は色々あり、名称も似ているので、こんがらがってしまうかもしれません。ざっくりと仕事の内容を分けると、インテリアデザイナーはプロジェクトの企画と設計から入って、建築士とも関わり合いながら仕事を進めていくことが多いです。

一方、インテリアコーディネーターは、家具やカーテンなどのインテリア品のコーディネートを手がけるだけが仕事です。コーディネーターは、設計に関する知識は高度なレベルは必要とされません。

しかし、デザイナーとなると、内装工事なども手がける必要があるので、建築知識もそれなりのレベルが求められます。なので、インテリアデザイナーになるなら、建築士の資格を取得しておいた方が有利です。

最近では、設計図はパソコンソフトで描くようになっているので、CADを使って設計図やイメージ図を作ったり、資料を作る力が求められるからです。

境界が曖昧で、複数の資格を取得して総合的に仕事をしている人もいますが、インテリアデザイナーとして活躍したいのであれば、建築関連の知識と技術が必要になってくる可能性が高いことは覚えておいた方がいいでしょう。

インテリアデザイナーの需要が一番高いのは、ハウスメーカーです。建築士とインテリアコーディネーターと協力しながら、新しい住居を創造していきます。

ハウスメーカーでは、機能性やデザインといったことから、自分たちのメーカーにしかないポイントを欲しがっているので、インテリア業界への需要が多いです。

他には、デザイン事務所やレストランチェーン店、建築事務所などからも求人があるので、仕事に困ることはないでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 民間資格
-, ,

関連記事

仕事に役立つ英語の資格:実用英語技能検定(英検)

英検という言葉は一度はどこかで目にしたり、耳にしたりしたことのある言葉ではないでしょうか。 学校で進められて受験をした経験がある人も多いのではないでしょうか。 英検はそれだけ規模の大きい検定試験と言え …

中国語を通して学ぶ文化と歴史

日本の周囲にはいろいろな国が存在していますが、最近関係が深くなってきているのが中国です。 以前は中国というとこの国の体制の影響で、あまり日本人とは関係がありませんでした。 しかし今はビジネス的なつなが …

スクールカウンセラーとは?仕事内容や現在の待遇

スクールカウンセラーは、不登校やいじめなどの問題に対応することが主な仕事内容です。 現在、日本の15,000校以上の学校に配置されています。 いじめや不登校が学校で問題になっている昨今では非常に重要な …

海で仕事をしたい人にピッタリの船舶関係の資格:機関当直3級海技士(機関)

海技資格には船舶の部位によって、いろいろな資格があります。 主だったものでは船長・航海士に必要な海技士(航海)と、機関長・機関士に必要な海技士(機関)とがあります。 それぞれ1~6級のランクに分かれて …

地球環境を守る資格:林業技士

林業技士の資格は、一般社団法人である「日本森林技術協会」の登録者名簿に登録を行うことで付与され、地球上に存在する重要な役割を果たす森林に関しての専門家です。 昭和53年に発足されており、森林や林業に携 …

楽天モーションウィジェット