一人暮らしをお洒落に見せるインテリア ~ 観葉植物 ~

観葉植物は、一人暮らしのお部屋を簡単にオシャレにできるアイテムです。インテリアとして植物を置くだけで、部屋が明るくなり生き生きとした一人暮らしの空間を作ることができます。
試しにインテリア雑誌を眺めてみてください。オシャレな一人暮らしの部屋には、インテリアとして観葉植物が必ず置いてあることに気がつくはずです。

スポンサーリンク

観葉植物を飾るだけでオシャレな部屋に!

インテリアとして飾る際のポイントは、大型の植物と小型の植物とをバランスよく設置することです。
一人暮らしの部屋はそんなに広くないでしょうし、他にも置くものがありますから、バランスを考えて配置を決定することが大切です。どんな植物も必ず陽の光が必要ですから、窓際などの陽の光が入る場所に配置してあげると良いでしょう。
また、水をあげることも考えると電子機器の近くなどはやめたほうが賢明です。

大きな植物を設置する場合には、部屋の隅に配置しましょう。できるだけ部屋の奥に設置すると、オシャレに見えます。部屋の入り口付近に置くと、部屋に圧迫感が出て狭く見えてしまうからです。
大型のものは部屋の奥に設置してあげると非常に存在感があり、部屋のイメージを明るくしてくれます。

小さな観葉植物は、まとめて飾るとオシャレに見えます。
一つだけポツンと置いてしまうと存在感が足りないので、2、3個固めて置いてあげるとオシャレに見せることができます。同じ種類のものを置くよりも、同じ環境で育つ植物を寄せ植えにしたり、ハンギングなどで垂らしたりすると空間に奥行きができるので、部屋を広く見せる効果もありますし、毎日の生活にハリが出ます。

観葉植物をオシャレに飾るためのポイント!

一人暮らしのインテリアとして、観葉植物をオシャレに飾るためにはどうしたら良いでしょうか?

まず、購入してきたままのプラスチックの鉢で飾るのはやめましょう。
プラスチックの鉢は、空間を安っぽく見せてしまいがちです。焼き物などの鉢に植えたほうがオシャレに見えます。100円均一で焼き物の鉢が販売されていますし、それを自分でペイントしてオシャレに飾っている方がたくさんいます。それを参考にすればお金をかけなくても、一気にオシャレな一人暮らしの空間を作ることができます。
インテリアとして飾るのですから、部屋の華となるようにコーディネートすることが大切なポイントです。

次は、空間を生かして配置しましょう。
上手に配置するためには、部屋の雰囲気に合わせてコーディネートすることが必要です。

例えば、シャビーシックな空間にしたいならアンティークの鉢や、モスポットなどを利用すると雰囲気に馴染みます。女性らしいフェミニンな部屋に、コンクリートの鉢では馴染みませんよね?
このように、自分の目指したい部屋のコーディネートに合わせた植物の配置が大切です。

さらに、一人暮らしの部屋にオシャレに植物を飾るためのポイントとして重要なことは、中途半端な高さの植物を買わないということです。
腰高の植物や、あまりにも小さい植物などはその典型です。

100円均一で販売されている植物をオシャレに飾るためには、数を揃えて飾ってあげなければいけません。なぜなら、一つでは存在感が足りないからです。
ただ置いてあるだけではインテリアにはならないのです。

また腰高の植物は、中途半端で飾りにくいという特徴があります。一つで置くには存在感が足りないし、まとめて置くには大きすぎるという欠点があります。
オシャレに飾るためには自分の部屋に合った植物を選択することが大切です。

観葉植物を上手に育ているためにはどうしたら良い?

一人暮らしのインテリアとしてせっかく部屋に飾った観葉植物も、すぐに枯れてしまっては意味がありません。
どうすれば植物を上手に育てることができるか、いくつかご紹介します。

まず、植物はしっかりと陽の光が当たるようにすることが大切です。一人暮らしのインテリアとして、普段は家の中に飾って植物であっても、明るい場所でしっかりと日光浴をさせてあげることが大切です。
観賞植物は植物ですから、陽の光がないと生きていけません。陽の光を光合成することで、必要な栄養を生み出しているからです。

上手に植物を育てるためには、しっかりと陽に当ててあげましょう。
ただし、真夏の直射日光には当てない方が賢明です。日本の夏の日差しは厳しいので、多くの植物が葉焼けという火傷を負ったような状態になってしまいます。葉焼けを起こしてしまった部分は、再生することができないため枯れてしまいますから注意しましょう。

一人暮らしのインテリアとして上手に観葉植物を育てるためには、水やりも必須です。
毎日水をあげれば良いというわけではありません。毎日水をあげていると、根腐れと言って根っこが腐ってしまいます。根腐れは過度な土の湿り気が原因です。必ず自分が飾っている植物の特性を理解して、水をあげるようにしましょう。
乾燥した状態を好む植物もあれば、湿り気の多い土を好む植物もあります。

最後に

植物を上手に育てるためには、太陽の光をしっかりと当ててあげることと適切なタイミングで水をあげることです。
これらは植物が栄養を作るために、必ず必要なものですから、しっかりと管理して上手に観葉植物を育てましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, ,

関連記事

洗い方をマスターする:枕カバー

毎日使っている枕カバー。 できればこまめに洗濯をしたいものです。 自宅で枕カバーを洗濯する際は、まずは、取り扱いの絵表示を確認するところからはじめましょう。

繊維の種類と特徴を把握する:レーヨン・キュプラ

レーヨンは木材やパルプ、竹などのセルロースをアルカリや二硫化炭素と反応させることで溶かしたものを、硫酸ナトリウムなどの中に押し出して引き伸ばして固めるという製造方法で作られます。 製造された当時は、繊 …

クレジットカード「ハワイラブカード」の特徴やおすすめポイント

ハワイラブカードゴールドは、「アプラス」が発行するクレジットカードです。 いくつかメリットがあり、初年度の年会費無料で、カードの加盟店で割引やプレゼントなどの、いろいろなサービスが受けることができます …

洗い方をマスターする:こたつ掛け

こたつには、こたつ掛け布団とセットで使用することになりますが、こたつ掛け布団は、ドライクリーニングであることが大半です。 冬になると、こたつでは毎日家族が語らう場にもなり、飲食をすることもあるので、布 …

一人暮らしをお洒落に見せるインテリア ~ スタンドライト ~

最近では、一人暮らしのインテリアとしてスタンドライトを利用する方が増えてきています。 これは、間接照明の持つ効果が注目されるようになった他にも、様々な形のスタンドライトが販売されている事が理由になって …

楽天モーションウィジェット