一人暮らしをお洒落に見せるインテリア ~ スタンドライト ~

最近では、一人暮らしのインテリアとしてスタンドライトを利用する方が増えてきています。
これは、間接照明の持つ効果が注目されるようになった他にも、様々な形のスタンドライトが販売されている事が理由になっています。

スポンサーリンク

一人暮らしのインテリアとしてのスタンドライト

例えば一般的には立てて使う物になりますが、中には横向きに使う事ができるものもありますし、角度を好きなように調節できる物もあります。
なので照明としてだけではなく、何かを掛けたりしてインテリアとして使う事もできますし、中には通常は隠しておくべきコードそのものをお洒落な小道具にする方もいらっしゃいます。

また、色に関しても様々な物があります。
例えば、黒や銀などは一般的になっていますが、その他にも沢山の色がありますので部屋全体に合わせた選び方ができるようになっています。

このように、一人暮らしのインテリアとしてスタンドライトは一般的になりつつありますが、やはり間接照明としての効果を期待する方が大多数になります。
そもそも照明と言う物は、空間作りにおいて非常に大きなウエイトを占めています。なので自分の部屋をお洒落に見せたいと考えた場合には照明が重要になりますし、その時には、間接照明を上手に使う事で一段上のお洒落感を演出できるようになります。

また一人暮らしの場合は、光熱費などが問題になる事がありますが、元々部屋に備え付けられていた照明よりも、ワット数の少ないスタンドライトに変えれば節約できるともされています。
したがって、お洒落感を演出しながら電気代を抑える事ができるスタンドライトは、一人暮らしに非常に適した物になっています。

間接照明を使う時の注意点について

空間作りに大きく影響する間接照明ですが、この間接照明を上手に使うためには知っておくべき注意点が存在しています。
このポイントを知っているといないとでは、お洒落感を演出する際に大きな違いが出てきます。

まず照明のランプについてですが、これは見えないようにする事が重要になります。と言うのもランプが見えてしまうとまぶしさを感じますし、ムードが壊されてしまう事があります。
なので一方向からだけではなく、様々な角度から確かめて場合によっては布などで隠す必要があります。

次に、天井や壁などの素材についてですが、基本的に光沢がある場合には間接照明は使わない方が良いとされています。
これは、間接照明が主に天井や壁を照らす事が理由になっていて、光沢があると反射しやすく光源が見えてしまう可能性があります。

そしてスタンドライトで照らす範囲についてですが、上記のように天井や壁を照らすようになっていますので、他の家電製品のコードなどに注意が必要になります。
例えば、エアコンのコードなどはそのまま壁に出ている事が多いので、それを照らしてしまう事はインテリアとしてはマイナスポイントになってしまいます。

また床などに反射させて使う場合には、綺麗に掃除しておく必要があります。これは照らされた範囲が注目を集めやすい事が理由で、汚れやゴミが落ちている場所を照らしてしまう事は大きなマイナスになります。
ただ、上記のように反射には十分に気をつける必要がありますので、掃除した後にワックスなどをかけて、ピカピカにしてしまう事は避けた方が良いとされています。

ワンランク上の間接照明の使い方

間接照明にはいくつかの注意点がありますが、それに気をつけていれば大きな問題はないとされています。
しかしせっかくお洒落感を演出するのであれば、ワンランク上の使い方を知っておく必要があります。

まず部屋の中に、観葉植物や絵画などが飾られていた場合ですが、あえてそのようなものにスポットを当てる事が良いとされています。
これは通常であれば意味のない物になりますが、あえて意味のない物を照らす事で、そこに意味を持たせると言う非常に高度なテクニックになっています。

次に、間接照明の量になりますが、こちらは一つの部屋に複数のライトを置く事がポイントになります。
基本的に、間接照明は光量が少ないので、一つだけだと暗く感じる事があります。それがムード作りにもなっているのですが、暗いと家具にぶつかったり転倒する可能性が出てきます。
なのでムードを壊さないようにしながら、明るさを保つためにも一つの部屋に複数のライトをおく事が良いとされています。

なおこうすることで、部屋の中にメリハリがうまれますし、設置する位置などを工夫すれば空間にある種の表情を作ることが可能になります。
ただし、この場合にはあまりにも多すぎると意味がないとされています。
多すぎた場合には、間接照明としての意味が無くなってしまいますし、複数のライトを設置する事は電気代の高騰に繋がります。

なので、部屋の広さにもよりますが、基本的には天井と部屋の隅を照らすようにします。
そして、それでも部屋の中が暗くて光量が足りないと感じた時に、壁などを照らすように増やして設置する事が良いとされています。

最後に

間接照明は、部屋の中をお洒落に演出できるだけではなく、使い方次第では、電気代の節約にもつながります。
是非、試してみてくださいね。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, , ,

関連記事

一人暮らしをお洒落に見せるインテリア ~ 壁掛け時計 ~

一人暮らしのインテリアとして、壁掛け時計を活用すると部屋をオシャレにすることができます。 時計をインテリアとして活用すると、部屋がオシャレに感じられるのは、部屋で空いている空間を上手に活用することがで …

ネット銀行活用術 : 住信SBIネット銀行の特徴

住信SBIネット銀行は、2007年9月に営業を開始したインターネット銀行で、有人店舗や専用ATMを持ちません。 口座開設手続きや残高照会、振込、定期預金、その他各種サービスの申込みは、基本的にインター …

絶対欲しい調理家電!貝印のアイスクリームメーカー

貝印は、刃物を始めとした商品を製造しているメーカーになりますが、調理家電分野にも参入しています。 夏に活躍するアイスクリームメーカーも販売しており、家庭で子供でも簡単にアイスクリームを作ることができる …

知っておきたい通夜・葬式の参列マナー:香典の相場

葬儀への参列時には、基本的に香典を持っていく必要があります。人の死は突然訪れるものなので、何かあった時に最低限のマナーを持って、故人とお別れをしたいものです。 金額については、一般的と考えられる相場が …

繊維の種類と特徴を把握する:ナイロン

化学の影響で、人間の生活は非常に便利になりました。 中でも衣類に関する発展はめざましく、デザインのみならず衣類の素材に関しても様々な物が開発されています。

楽天モーションウィジェット