インターネットバンキングのリスクと注意点

今日では、インターネット上においてのみ営業する無店舗型の銀行や、既存の銀行でも取引がインターネットで完結する銀行が増えてきました。

利用者は店舗に行って取引する必要は全く無く、パソコンやスマートフォンがあれば、自宅であれ出先であれ、自由に取引を行なうことができます。

スポンサーリンク

インターネットバンキングを便利に使う

特に現金を持たずに買い物ができるという点も魅力ですし、クレジットカードのように盗難や紛失の問題も起こりません。今後利用の機会はますます拡大する事と考えられます。

また取引相手が自分と同じ銀行を利用しているのであれば、営業時間なども無関係に取引ができ、リアルタイムで支払いや入金の確認などができます。さらに無店舗型に特化した銀行の場合は、経費のかかり方が少ないため、例えば手数料などを安く抑える事もでき、利用者にとっては大きなメリットになります。

ウェブショップを利用して買い物をする時にも、インターネットバンキングとの親和性が高いので、決済が容易ですし便利です。またインターネットオークションなどでも同様に、その利便性がいかせます。これらの取引に際しては、ウェブショップやインターネットオークションの主催者が銀行と連携して、決済の際の手数料を無料にしているケースも多くあります。

このように、買い物や取引の多様化というより、むしろインターネットへの依存度が高まっている事から、インターネットバンキングは今後ますます利用価値が高まるものと考えられます。こうしたトレンドから、従来型の銀行もインターネット決済の利便性に注目をし、インターネットバンキングに次々と参入を果たすようになってきました。

インターネットバンキングにはどのようなリスクがあるか

このように、インターネットバンキングの可能性や利便性は、いくら指摘しても足りないほどに思われますが、安全性は大丈夫なのでしょうか。インターネットバンキングの利用者は、その取引履歴を何らかの形でインターネット上に残してしまうことになりますので、その個人情報や口座番号、あるいはパスワードなどがセットで盗み出されてしまう、という危険性がまず考えられます。

一般に、テクノロジーが発達すると、反対に従来では考えられなかったような問題点が起こってくるものです。特にインターネットで扱われる電子データは、取り扱いが便利で膨大な量が管理できるという反面、ちょっとした不注意や第三者の悪意によって、簡単に漏洩してしまう危険性がある事も指摘しなくてはなりません。

特に今日、個人情報の漏洩は大きなニュースにもなり、こうした不祥事を起こしてしまった企業や自治体は、信頼回復に想像を絶する労力を割かなくてはならないようになります。それでは、こうしたリスクを避けるために、インターネットバンキングに関しては、これを利用しない方向で再検討する必要があるのでしょうか。

答えは、否です。こうしたリスクがあるからといって、ではインターネットバンキングを止めるかという話には普通はなりません。今日の消費活動の多様性は、インターネットを抜きにしては、もはや考えられないからです。そのため銀行側が、どのように安全性を確保して信頼を高めるか、そして利用者は情報の管理をいかにして確実に行なうかというかたちで、今後もインターネットバンキングが利用されることになるはずです。

つまりリスクを確実に回避して、利便性を活かそうという訳です。

インターネットバンキングを安全に利用するための注意点

それでは、インターネットバンキングを安全に利用するためには、どのような注意点を考慮しないといけないのでしょうか。まず第一義的に、安全性を考慮しなければならないのは銀行の側です。テクノロジーの発展とともに、どのような新たな危機が生じてくるかについては、十分リスク管理を行なわなければなりません。

様々な方法論はあるにせよ、まずは第一に、ISO27001やプライバシーマークの認証取得は必須となるでしょう。これは、その管理の有り様が、客観的に見て正しく安全であるという事の証になりますので、これなしには利用者の信頼を売る事はできません。その上で、様々な方法論が検討されるべきです。

次に、ウェブショップなどの主催者が、個人情報管理を厳しく行なう必要があります。これも銀行側と同様に、ISO27001やプライバシーマークの認証取得をするところから始めて、常に危機意識を持って継続的に情報管理のあり方を、ブラッシュアップしていかなければなりません。

もちろん消費者にも、注意点があります。まずは自身の口座にアクセスする際のパスワードは、こまめに変えましょう。とくにインターネット上で使っているパスワードは、共通にしては絶対になりません。ネットショップにアクセスする時のパスワードと同じにしてしまったりすると、個人情報を根こそぎ持って行かれるなどの危険性は一挙に高まります。

他にも、注意点はあります。インターネットバンキングのインターフェイスを利用して、決済を終える都度、振込限度額をゼロ円にしておくなども有効です。こうすれば万が一第三者の不正アクセスを受けても、口座からお金を引き出すことができなくなるからです。

こうしたアイディアは、インターネットバンキング主催者のウェブサイトに紹介されていることもありますから、熟読して大いに利用すべきです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-,

関連記事

貯金で100万円を貯める!成功する貯蓄計画は?

貯金額100万円は比較的達成することが容易な目標金額として、多くの人が最初に設定する金額でもあります。 もちろん決して小さな金額ではないために、貯金額を100万円に近づけていくためには計画性を持って取 …

畳掃除のコツ

畳は日本人にとって馴染み深いものの一つです。 しかし、掃除をしっかりできている人は少ないと言われています。 毎日掃除機をかけているから大丈夫と思っていても、実は汚れがしっかり落ちていないことも多いので …

ネット銀行活用術 : イオン銀行の特徴

イオン銀行は、スーパーやショッピングモールを運営する流通大手のイオングループの銀行です。イオンモールやイオン系列のスーパーを利用する方であれば、銀行ATMやカウンターを目にすることがあります。 イオン …

引っ越し準備は何から始めるべき?

今の住まいから引っ越しすることになったら、すぐにでも準備に取り掛かった方がいいでしょう。 引っ越しの準備は大変な作業ですから、間近になってから荷造りを始めても、当日までに終わらずに慌てることにもなりか …

知っておきたい通夜・葬式の参列マナー:供花を送る際の注意点

葬儀の際に祭壇に飾る供花は、その場を飾る意味合いもありますが、故人の魂を慰め、盛大に見送る意味合いもあります。 自分の好みの花を勝手に選ぶと、マナー違反となる可能性がありますので、お花を選ぶ際には、専 …

楽天モーションウィジェット