一般事務はどんな仕事?未経験でも働ける?

一般事務は、事務の中でもかなり初歩のお仕事とされています。

では、一般事務とは具体的にどういうもので、一般事務で働くためにはどうしたらいいのでしょうか?

また、未経験者でも働けるものなのでしょうか?そんな質問に、お答えしましょう。

スポンサーリンク

そもそも一般事務ってどういう仕事?

一般事務とは、一般的な事務ということで、オフィスにおける、様々な事務作業を行う仕事を指します。

一般的には、営業さんが使うための資料を使ったり、社内報などを作成したり、印刷したものや各種契約書などをファイルに入れる、ファイリングを行ったりします。

また、オフィスにかかってきた電話の対応や、オフィスへのメール対応なども行う事が多いでしょう。来客の際には、最初に応対し、お茶出しなどをします。

また、お客様が帰ったあとに、面談室などの片付けをするのも、仕事内容になります。

一般的で、総合的な事務の仕事なので、仕事内容は多岐にわたります。オフィス内では、補佐的な役割を持ち、様々な人を支えるでしょう。

事務という仕事なので、様々な人に会い、対応をすることがあります。場合によっては、臨機応変に対応する必要もあるでしょう。

それぞれの会社ごとに、一般事務の範囲は違いますが、仕事の範囲としてはとても広いものです。

中には、総務や受付など、いろいろな部署の仕事を、掛け持ちするような場合も見受けられます。

そこから、他の業務や専門的なスキルを磨けるチャンスも、あるかもしれません。

一般事務の仕事で未経験者は難しい?

一般事務のお仕事の場合、未経験者でもあまり関係がないという会社もあれば、もちろん経験者がほしいという会社もあります。

とはいえ、基本的には未経験だからといって、難しいかというとそうでもありません。

未経験者でも、事務を行うための必要なスキルがあると判断されたり、事務を十分行うことができるような職歴がある場合、十分採用される可能性はあります。

事務仕事の経験がないからということで、採用されないというわけではありませんので、それは安心してください。

ただし、ある程度それぞれの会社が欲しい人材は、明確です。

その内容と、これまでの仕事内容・経歴が、当てはまるようなら採用されやすく、逆にそれまでの経歴が違うようなら、あまり採用されづらいということもあるでしょう。

気をつけたいのは、一般事務はとても人気のある職種だということです。

事務職全般がそうなのですが、かなり人気があり、なおかつ求人数が少ないため、倍率はどうしても高くなる傾向があります。

また、良い条件の求人が出にくいため、良い条件にはかなり人気があり、自然と経験者が採用されやすくなるという傾向もあるようです。

一般事務の未経験者でも採用されやすい人は?

一般事務の未経験者でも採用されやすい人は、いくつかの特徴を持っています。

ひとつは、他の事務職や、庶務などの仕事をしたことがあるという人です。総務・経理などの知識やスキルがあるひとは、やはり一般事務でもかなり有力な傾向があります。

庶務や受付など、ちょっと違うかもしれないというような事務仕事でも、十分アピールポイントになることが多いのです。

もうひとつは、パソコンスキル、コミュニケーション能力、ビジネスマナーがしっかりあることです。

このパソコンスキルは、ワープロソフトと表計算ソフト、更に最近はプレゼンテーションソフトも重視されます。

また、データベースソフトが使える人ならば、未経験者でもちょっと良い待遇で採用される可能性があるでしょう。

このような経験がない場合、資格などでしっかりアピールをしておくのが大事です。

業界が同じ職歴を持つ場合、有利になることもあります。これは、業界知識があるため、事務として必要な仕事の知識があるとされるためです。

また、業界が同じことで、だいたいの傾向が分かるというのも大きなポイントでしょう。

一般事務の未経験者、全く採用されないのはどうして?

一般事務の場合、経験がないからという理由で、採用されないこともしばしば起こります。

この理由は、いくつかに分類できます。

ひとつは、何よりも必要なスキルがないということでしょう。今の時代、一般事務でパソコンが全く使えないと、そもそも話になりません。

このため、パソコンが十分使える、オフィスで使うソフトが、ある程度使えるということが重要です。ビジネスソフトを習い、資格をとってアピールをしましょう。

もうひとつは、人気の仕事に応募しているということです。一般事務でも、やはり給料がよく待遇の良い仕事に、人は集まります。

このため、給料が高い事務の仕事などには、やはり経験者が多く集まり、どうしても未経験者は見劣りしてしまいます。

また、一般事務は若い人と決めている企業もあります。

ちょっと残念なことではありますが、これまで出たスキルが十分ある人でも、一般事務は年齢を重ねた人ではなく、若い人の事務の初歩というように考える企業もあるのです。

また、一般事務は女性だけと決めている会社もあるので、男性は若干不利になるようです。

最後に

一般事務は人気もあり、仕事内容も楽で待遇もそこそこ良いので、特に女性に人気があります。

仕事内容は、臨機応変さが求められたり、一般的なビジネスマナーが大事になるでしょう。

とはいえ、経験がなくても採用される可能性はあります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格
-, ,

関連記事

専門職には欠かせない!技術系の資格「CAD技術者」

昔は、建築関係の設計や機械設計などは、手仕事で行っていたことがありましたが、今ではそのような作業する人はほとんどいません。その代わりにCADを使って、製図・設計・トレースを行う人がほとんどなのです。 …

銀行事務の仕事に就きたい人におすすめの資格

銀行事務には、いわゆる窓口での事務、裏方としての事務など、同じ事務では全く意味合いの異なるものが存在します。 銀行事務は、銀行事務でもどの役職、役割を担うかによって、おすすめの資格というのが大きく変化 …

雇用形態いろいろ。派遣社員として働くメリット・デメリット

雇用形態として、一番多いのは正社員です。次に多いのが、パート・アルバイトとなります。 近年では、契約社員や派遣社員として働く人の、割合が増えています。 ここでは、派遣社員として働くことのメリットと、デ …

レジャー好きを仕事に!旅行・観光に関する資格「観光英語検定試験」

旅行関連の語学の資格で知られる「観光英語検定」は、1989(平成元)年に第1回目の試験が実施されました。第1回目からおおよそ30年を迎え、6月と10月の下旬の毎年2回「観光英語検定試験」が開催されてい …

世のため人のため役立つ!法律に関する資格「ビジネス実務法務検定試験」

法律に関する資格は、実に様々あります。弁護士や司法書士、行政書士という法のスペシャリストは、有名な国家資格だといえますが、これらの資格を取るためには、実に長い間勉強をし、合格率の低い試験に挑戦しなけれ …

楽天モーションウィジェット