一般事務の仕事に就きたい人におすすめの資格

一般事務の仕事をこれから始めたいという人で、経験がないのなら、オススメなのはやはり資格を取って、スキルをアピールするということでしょう。

では、どういう資格があると良いのでしょうか。

いくつか紹介しましょう。

スポンサーリンク

MOS検定でパソコンスキルをアピール

まず、今の一般事務の場合は、パソコンが使えることが第一です。

このため、パソコンスキルがない人・パソコン操作の職歴がない人は、パソコンスキルをアピールできる資格を取得しましょう。

おすすめなのは、MOS検定です。

これは、マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト(Microsoft Office Specialist)というもので、一般事務ならよく使うソフトの「Word」「Excel」「PowerPoint」などの、操作技能があると認めたものです。

取得するメリットは、この検定は、マイクロソフト社が独自に認めた検定であるということでしょう。

マイクロソフトは、「Word」「Excel」「PowerPoint」などを作成し、Windowsを作っている会社です。

このため、公式の検定として広く知られており、取っていれば大体のパソコン操作はできるとみなされます。

経験がなくても、パソコン操作ができるため、未経験者でもアピールポイントとなるでしょう。

また、学習すれば必ず取得できる、難しい検定ではないというのもポイントです。

秘書技能検定でビジネスマナーの知識をアピール

全く経験がない場合、中にはビジネスマナーがどういうものか、分からないという人もいるでしょう。

一般事務の仕事の場合、冠婚葬祭や一般常識が求められますので、どうしてもビジネスマナーが分からない人には、難しいようです。

そこでおすすめなのが、秘書技能検定です。

これは、秘書という重役をサポートする仕事をすることを想定して、そのようなスキルがあるとアピールするための検定です。

ただし、中には一般事務のしごとをやるために、大体のビジネスマナーを学び、身につけるために学習するという人もいます。

企業もそれを評価する場合がありますし、自分も自信を持ってビジネスマナーの知識をアピールできるでしょう。

また、秘書検定を持っていることで、事務仕事だけではなく秘書業務も任せられるため、一般事務から秘書へ転職できる可能性も出てくるかもしれません。

基本的な知識としては、3級があれば十分ですが、更に2級などを取るとアピールしやすくなります。

ビジネスマナーに自信がある人は、1級を取得すると、かなり選考に有利になるかもしれませんよ。

日商簿記で簿記ができるとアピール

一般事務でも、簿記や経理などの仕事に携わる機会はあります。また、基礎的な知識がないと、仕事内容が理解できなかったり、困ることもあるかもしれません。

経費計算なども行いますから、簿記の知識があると有利です。

簿記の資格はいくつかありますが、代表的なのは日商簿記です。これは、日本商工会議所が行っている簿記の資格で、経理を行う人にとって一般的な資格だとされています。

経理事務を行う人の場合、2級や1級を取得していることが多いでしょう。ただし、一般事務の場合はそこまで難しくなく、3級程度でも十分アピールポイントになることがあります。

一般事務では、そこまでしっかりと経理事務を行ったり、簿記を行うことは少ないため、専門的すぎると経理事務になる可能性も出てくるでしょう。

ちなみに、日商簿記は、少々難しい試験としても知られています。ですが、しっかり学習して問題をこなせば、意外と難しい資格でもありません。

初歩的な簿記の知識をアピールしてより有利になり、仕事でもしっかり活躍できるようになるためには、この資格は重要でしょう。

TOEICで英語スキルをアピール

今の時代は、グローバルな時代で、遠く海外の企業とやり取りをすることもあります。

この時、日本語でやり取りをすることはほとんど無く、大体の場合は英語で行うことが多いでしょう。

そんな企業で働く場合、おすすめなのがTOEICです。

これは、日本国内では知名度の高いテストです。検定とは違い、英語スキルをスコアで表示するため、合格・不合格ということがありません。

このスコアが高ければ高いほど、英語が堪能とされ、逆に低ければ低いほど、あまり英語が理解できない・英語の技能が不足しているとされます。

一般事務の場合、アピールできるのは600点からとされています。TOEIC自体は、1000点満点ですので、6割正解していたら良いということですね。

この600点以上というのは、そんなに高いハードルではありません。ただ、良い点数であればあるほど評価され、英語が必要な一般事務では有利になります。

中には、ふだんから英語を使う企業や、上司が英語圏の人だから英語が必須という企業もあるのです。

そのような企業は、応募者も絞られ、選考も有利になるかもしれません。

最後に

いかがでしたか?

今回は、選考に有利になりやすく実務でも使いやすい、ちょっと有名どころの資格を集めてみました。

一般事務の仕事に応募する場合、どの資格もあるとより有利になるでしょう。

確実に、取得しておきたいところですね。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格
-, ,

関連記事

航空関係の仕事をしたい人にピッタリの資格:自家用操縦士(滑空機・飛行船)

自家用操縦士は、飛行船、滑空機などを操縦するために必要な資格であり、航空機にも密接な関係性があります。 航空従事者の資格の中では一番取得しやすい資格としても有名となっており、ぜひとも取得を目指したいと …

将来的に独立ができる国家資格「建築士」

建築士には、技術を要する学校、病院、映画館などの、複雑・高度な建築物を含むすべての建物の工事・設計業務を行うことができる一級建築士、一定の規模以下の建築物の工事・設計業務を行うことができる二級建築士、 …

健康意識を伸ばそう!健康に関する資格:栄養士

健康や美容にとって、栄養は欠かせません。 そのための栄養の知識は、義務教育では詳しく教わらないことが多いです。 大切なことなのに国語や数学などに必要性が押されてしまう栄養の知識は、大人になってから必要 …

公務員になるための試験:法務教官

他の公務員の仕事は事務的なものが多いですが、法務教官の仕事は人に接するので、やりがいや生きがいを感じられます。

当たり前をきちんと知る!日本語の資格「BJTビジネス日本語能力テスト」

ビジネスでは様々な状況、場面が存在します。そして、多くの情報に接し、その処理をスピーディーにしていくことが何より求められます。 ビジネスにおける情報処理能力を高めるには、基本的な日本語能力が備わってい …

楽天モーションウィジェット