アイルランドのコーヒーを楽しもう


世界にはいろいろなコーヒーの飲み方があります。

ヨーロッパはイギリスの西側に浮かぶ島、アイルランド流もその一つ。
自然豊かで、独自の音楽やダンスやアートなどの文化を伝承し続けている美しい国なのですが、アイルランドと聞いて皆さんは何を連想しますか。

アイルランドといえば、世界中で大人気のギネスビールを連想される方も多いでしょう。
ちょっと独特の苦みのある黒ビールです。

首都ダブリンを始め、アイルラン中の街角にはたくさんのパブが並び、週末となればギネスビールを片手に、たくさんの人でにぎわっています。
バイオリンに似た楽器フィドルを奏でたり、アイルランド独特の太鼓を叩いたり、アイリッシュリコーダーと呼ばれる笛を吹いたりするアイリッシュ音楽にあわせて歌ったり踊ったりという陽気な文化が今でも続いています。

アイルランドは1919年から1921年まで独立戦争が起こり、1922年にイギリスの自治領となり、1931年にはイギリスとも対等とされる独立国となりました。
この国の歴史もなかなか深く、イギリス配下にあった厳しい時期でも独自の文化を守り続けてきた国民たちの歴史は興味深いものです。

そしてこの国には、これまた歴史のある「アイリッシュコーヒー」と呼ばれる独特のコーヒーの飲み方があります。
ギネスビールと並び、知名度の高い飲み物です。

スポンサーリンク

アイリッシュコーヒー

アイリッシュとは、アイルランドのという意味なので、そのまま直訳すると、「アイルランドのコーヒー」となります。

コーヒーと言っても、実はアルコール飲料で、カクテルとして取り扱われることも少なくないです。

アイリッシュウィスキーとブラウンシュガーとコーヒーをミックスして作った温かいコーヒーの上に、ホイップクリームを浮かべたものです。

黒いコーヒーとウィスキーの上に白いホイップクリームの姿は、ぱっと見はギネスビールに少し似ています。

ウィスキーは必ず、ジェムソンやタラモア・デューなどのアイリッシュウィスキーを用いるのが重要なポイントです。

アイリッシュウィスキー以外で作ってしまうと、アイリッシュコーヒーではなくなってしまいます。

中にはホイップクリームを泡立てる際にもちょっぴりウィスキーを垂らす人もいるようです。

世界中で楽しまれているこの飲み物を詳しくひも解いてみましょう。

アイリッシュコーヒーのエピソード

アイリッシュコーヒーにまつわる有名なエピソードを紹介しましょう。

世界大戦前の1930年代にさかのぼります。ちょうどアイルランド共和国が独立国となった頃ですね。

アメリカとイギリスの間を当時はプロペラ旅客機が運航していたのですが、渡航中に燃料補給のためにアイルランドのフォインズという当時の漁港に寄港していたそうです。

当時は水上飛行場であり、燃料補給の間は安全のために乗客は港に上陸していたそうです。

当時はまだ暖房設備も乏しく、特に悪天候の際は飛行機から近くのパブのあるレストハウスまで、ボートで上陸するだけでも凍える思いをしていたそう。

そんな寒い中、少しでも身体をあたためてもらおうとフォインズ空港のパブのシェフ、ジョー・シェリダンによって提供されていたのがアイリッシュコーヒーだと言われています。

これがアイリッシュコーヒーの誕生だとも言われています。

今では世界中で親しまれているこの温かい飲み物の誕生も温かい心遣いだったなんて素敵ですね。

アイルランドの音楽もそうですが、この国の文化はどこか温かく、ほっとする印象を受けます。

その後もアイルランドはクレア州に1940年代に開港したシャノン空港でも提供され、空港利用客によって口コミで世界に広まっていったようです。

現在のシャノン空港には、アイリッシュコーヒーの生みの親とされているジョー・シェリダンを記念して、ジョー・シェリダン・カフェが営業しています。

アイリッシュコーヒーファンとしては、是非一度は訪れてみたいカフェですね。

アイリッシュコーヒーの作り方

アイリッシュコーヒーは、カップではなく、大き目の耐熱グラスで飲むのが主流です。

濃いめに入れたあつあつのコーヒーをグラスに注ぎ、ブラウンシュガーをお好みの量入れて、アイリッシュウィスキーを入れてそっと混ぜます。

最後に上にホイップクリームを添えて出来上がり。

混ぜるためのスプーンを添えて。

ブラウンシュガーがウッドスティックに付いたマドラーを用いるのもよいでしょう。

グラスでコーヒーを楽しむだけでもおしゃれなのに、ホイップクリームが飾られて、とてもおしゃれな見た目も楽しめます。

ふんわりと香るウィスキーとコーヒーの香りがとても優雅。

一口飲んだ瞬間、身体が温まります。

寒い夜、外は雪が降っているイメージ。

温かい部屋でソファに腰かけてゆっくりと味わいたいものです。

ほっと一息入れたい時には、じっくり時間をかけて濃厚にコーヒーをいれ、ホイップクリームを作り、温かいアイリッシュコーヒーを楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-フード
-, , ,

関連記事

高カカオチョコレートの知られざる効果!【抗酸化作用による美容効果】

抗酸化作用が、どのようなものであるのかの前に、まずは活性酸素を知る必要があります。 なぜなら活性酸素があっての、抗酸化作用であるからです。

身体を温める野菜【にんにく】

身体が冷えていると、様々な弊害が体にでてくるようになります。 普段から身体が冷えていれば、冷え性などの症状があらわれるようになるでしょう。 身体を冷やさないようにしないためには、体の中から暖めていかな …

お鍋の味に飽きたらトマト鍋!トマト鍋の魅力とは?:リコピンによるがん予防

昔は鍋といえば、ちゃんこ鍋や寄せ鍋などが一般的でしたが、数年前にトマト鍋が流行して以来、今では家庭でも広く親しまれる味になりました。 トマトは、生で食べても調理して食べても美味しい食材ですが、ただ単に …

自宅で作れるチャーハンに入れて美味しくなるもの:ラード

毎日の主食であるご飯を、もっとおいしく食べる工夫として、お店だけでなく各自宅でも普及しているのがチャーハンです。

春のデザートを作ろう!今食べるととびきり美味しい春のフルーツ:いちご

春になると、おいしいフルーツというと、やはりいちごです。 いちごを使った、おいしいデザートを簡単に作ることができるレシピは、たくさんあります。

楽天モーションウィジェット