医療事務はどんな仕事?未経験でも働ける?

医療事務の仕事は求人数が多く、女性でも働きやすいという理由で人気の仕事です。

実際に、医療事務の仕事とは、どういったことをするのでしょう?

また、医療事務という特別な知識をもつ仕事は、未経験でも就職できるのでしょうか?

スポンサーリンク

医療事務の仕事はこんなことをする

医療事務の仕事内容は、病院やクリニックで、医療にまつわる経理関係の会計業務や、その他の事務処理などを行う仕事です。医療に関わる、基本的な知識が必要になります。

最も重要な仕事は、レセプトです。レセプトとは、診療報酬明細書のことで、医療保険制度をもとに、医療費を計算する仕事です。

医療費は、点数で表されます。また、健康保険の適用額も点数によって変わってきます。その計算をするために、患者さんのカルテを見てデータの入力をし、診療費をだします。

この時に、カルテに書いてある内容を理解しなくてはいけないので、特別な知識が必要とされます。そして、診察点数を入力することは、細かい作業を根気よく続けなくてはいけない仕事です。

レセプトの締め切り間近になると、業務が忙しくなることがあります。それ以外の仕事内容には、会計時など、直接患者さんと接する機会があります。

会計内容で不明点があれば、説明しなければいけないので、コミュニケーション能力も必要です。その他、クリニックなどでは、受付業務や電話対応、書類の整理などをすることもあります。

未経験でも医療事務で働けるのか

医療事務として働くためには、特別な資格はありません。しかし、人気のある医療事務の仕事で、よい条件で就職するには、知識や資格があったほうが選択肢が広がるでしょう。

資格は、民間機関がだしているものが多数あります。資格をとるのにもお金がかかるので、どのような資格が必要なのかを、最初に見極めなくてはいけません。

また、ひとつの資格をとった後でも、ステップアップのために、別の資格をとる人も大勢います。医療事務の仕事は、広範囲の知識を必要とするので、ひとつの資格では、全てをカバーできないことが多いからです。

医療面以外にも、パソコンスキルも必要になります。医療事務の求人には未経験可というところもありますが、実際の業務内容を見ると、十分な知識に加え経験があったほうが実践力として、すぐに仕事を覚えられます。

未経験で就職するならば、その後に覚えることが山のようにあることは確実でしょう。

また、条件の良い就職先が未経験不可の場合に、どうしてもそこに就職したい場合には、派遣会社に登録して、派遣業務で経験をつんでから、希望の就職先にチャレンジするといった方法もあります。

医療事務の仕事の1日

勤務時間は、外来の開始時刻よりも前になります。診察開始時間の、30分~1時間ほど前に来て、一日の準備をします。診察が始まったら、患者さんの診察点数の計算をし、診察料金をだします。

それを患者さんに伝えて、会計業務をします。これを、患者さんごとに繰り返します。診察の休憩時間があれば、そこで休憩をしますが、窓口を開けておく病院ならば、交代で休憩をとることになります。

その後、午後の業務が始まり、また診察料金の計算と、会計作業を繰り返します。診察時間が終わり、全ての患者さんの会計が終われば、その後、会計のチェックや簡単な清掃などをして終了です。

診察時間の終わり間近に、重症の患者さんが急患で来た場合には、診察時間が伸びて、多少の残業をすることもありますが、ほぼ予定通りに帰れます。

ただ、レセプトの締め切り間近になると、場合によっては残業しなくてはいけないこともあります。また、土日祝日もやっている病院に勤める場合には、交代で土日祝日も勤務する場合や、夜勤もある職場もあります。

勤務先の状態によって、勤務時間帯は大きく変わります。

医療事務の給料や今後

医療事務の仕事のお給料は、10万円後半~20万円程度が一般的です。もちろん、職場のある地域によって、都市部は高くなる傾向にあります。また、大きな病院か小さなクリニックかでも、給与に差がでてきます。

勤務時間帯が、夜間や休日もある場合には、その分の手当てがつくので、給与は上がります。特別な医療の知識が必要ではありますが、普通の事務職と給与面での差は大きくありません。

医療の分野は、今後も需要が増えることが考えられ、それに伴い医療事務の仕事も増えてくると考えられます。医療事務の仕事は、家庭や育児との両立がしやすいとの理由で、女性に人気があります。長く働き続ける人も、多いようです。

専門的な知識が必要になり、勉強しなければできない仕事ですが、働きやすさという点で長く働く人が多いと思われます。

また、患者さんと接することで、感謝されることも多く、そういったやりがいも得られる仕事です。患者さんと接する回数が増えれば増えるだけ、コミュニケーション能力もアップします。

やりがいがあるということも、長く働くことのできる理由のひとつでしょう。

最後に

医療事務は、専門的な知識を必要とし、根気のいる作業を繰り返し行う仕事です。

知識が増えることでステップアップでき、患者さんとも接する機会のある、やりがいも得られます。

未経験でもできますが、知識がなくてはできない仕事なので、十分な勉強が必要になります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格
-, ,

関連記事

美容やファッションに関わる資格:ネイルサロン衛生管理士

美容やファッションへの関心が高まる中、ネイルサロンの数も以前と比べて増えてきましたが、ネイルサロンでは衛生面での管理も非常に重要です。 器具を消毒するといった知識はもちろん、サロン全般の衛生管理の知識 …

ニッチな外国語の資格:インドネシア語技能検定試験

外国語学習というと、みなさんはどの言語を思い浮かべるでしょうか。 世界には様々な言語があり、メジャーなところで英語やスペイン語、フランス語、中国語の他、イタリア語やドイツ語、韓国語など実に様々な言葉を …

就活で持っていたい資格「行政書士」のアピールできるポイント

就活を始めると問題になってくるのが、自己アピールをいかに効果的にしていくかという事です。 しかし、大学生の時点で、他人にはっきり伝えられるほど人より優れていることがある方も少ないでしょう。

専門職には欠かせない!技術系の資格「手溶接技能者」

溶接とは、2つの材料を溶かして接着する方法で、建設現場や船舶や車両の製造現場などで必要とされる技術のひとつです。 溶接の作業を行う際は、高い技術を必要とするため、数多くの資格が存在します。

超高齢化社会突入!社会福祉士の試験対策

超高齢化社会となっている現代の日本においては、高齢者の生活や健康面でのケアを行ってくれる様々な医療従事者のニーズが年々高まりつつあります。 病院で治療にあたる医師や看護師だけではなく、普段の生活の中で …

楽天モーションウィジェット