医療事務の仕事に就きたい人におすすめの資格

日本のみならず、多くの先進国で高齢化が進む昨今において、医療事務への需要は大きく高まっています。

一口に医療といっても、実際に患者さんに携わる業務もあれば、お金に関する手続きを行う業務もあります。

自分に合った資格を持っておくと、強みになります。

スポンサーリンク

高い認知度を誇るメディカルクラーク

日本医療教育教団主催の、医療事務技能審査試験合格すると認められるのが、メディカルクラークです。医療事務関連の中でも、最大規模の受験者数を誇る資格であり、長い歴史を持っています。

メディカルクラークに認定された方は、レセプト作成、接遇、院内コミュニケーション技能などを有していると見なされます。試験内容は、医療事務知識を問う学科と、患者接遇及び、診療報酬請求事務に関する2つの実技試験で構成されています。

合格率は50%となっており、この手の試験としては低めと言えます。受験者数は、年間6万人とされており、年に12回も試験が行われていますが、特別な勉強をしていなければ、取得するのは非常に難しい試験です。

かつては、一級と二級、医療と歯科に分かれていましたが、現在では統合されています。統合されたということは、1つの資格の持つ価値が上がったとも言えます。

一級と二級が統合されたことにより、受験資格は不問となりましたが、専門的な知識が広く問われることには違いないので、通信講座などを活用して万全の準備をする必要があります。

ドクターズクラークも人気

こちらも、日本医療教育教団が主催する資格であり、医師事務作業補助技能認定試験に合格すると取得できます。ドクターズクラークの役割は、主に医師のサポートです。

医師は、診察や治療だけでなく、事務作業も行わなければならず、非常に負担の大きい職業となっていました。そこで、ドクターズクラークを補助として配置することで、医師の負担軽減をするのが目的です。

医師という専門性の高い仕事をサポートするので、高い技能が求められます。そのため、誰もがすぐに受けられるわけではありません。

認定委員会が定めている、医師事務作業補助技能認定試験受験資格に関する、教育訓練ガイドラインに適合しているか、医療機関などでの実務経験があるといった条件があります。

受験資格については少し複雑なので、日本医療教育教団のホームページなどで、確認しておくことをおすすめします。これだけ高いハードルを越えて受験したとしても、合格率は約20%という狭き門です。

しかし、狭き門であればあるほど、取得する価値も大きくなります。持っていれば大きな助けになるでしょう。

就職活動にうってつけの保険請求事務技能

医療事務においては、診療報酬や医療保険に関する知識も非常に重要となります。その際に役立つのが、保険請求事務技能検定試験です。

受験資格は、日本医療事務協会が認定する医療事務講座を修了した者、医療事務講座修了レベルの知識を有している者と定められていますが、実際にそのことを証明する必要はありません。

誰でも、受けることが可能です。昨今、保険会社では、様々なプランを用意しており、保険請求業務はやや複雑になっています。そのため、この保険請求事務技能を有している方は、重宝されることもあります。

合格率は、医療事務に関する資格の中では低めの70%弱であり、学科試験と実技試験で、それぞれ7割以上正解する必要があります。

どちらのみ高得点でも、もう片方が7割に達しなければ、不合格となってしまいます。ただし、次に受けるときは不合格だった方のみで受験できます。そのため、何度か受ければ、合格できる可能性が高いと言えます。

就職活動しながら取得を目指したり、既に医療事務に携わっている方がスキルアップとして取得することもあります。

メディカル・レコード・コーディネーター

メディカル・レコード・コーディネーターは、診療データに関するスペシャリストであり、情報の加工や分析、編集などを行う役割を担います。

医療機関の経営管理まで、行うこともあります。日本のみならず世界的な評価を受けており、国際的なスキルを有すると認められます。

診療記録を管理して、医療情報を医療の場に提供するのが、主な役割です。病名は7000以上もあり、年々増えていきますが、把握しておく必要があります。

受験資格はやや厳しく、診療情報管理業務に3年以上の実務経験を必要とします。試験の内容は、診療情報管理の専門知識を問う学科と、病名コーディング基礎知識と、専門知識に関する実技が2つという構成になっています。

受験するまでに高いハードルがあることと、難易度が高いと認識されていることから、受験者数はそれほど多くありませんが、合格率は約60%とされています。

医療事務を始めるタイミングや、始めて間もない頃に受けるというよりは、医療事務に慣れてスキルアップを志すという方におすすめです。

また、世界中で活躍したいという方ならば、是非取っておきたいところです。

最後に

医療事務は、医療の現場という極めて緊張感のある場所で業務を行います。一つのミスが、患者さんの命に関わる可能性を持っています。

そのため、医療事務で働くならば、しっかりとその技能や知識を身につけておくことが大切です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格
-, ,

関連記事

就活で持っていたい資格「FP(ファイナンシャルプランナー)」のアピールできるポイント

就活では、他の就活生より優れているという事を、わかりやすい形で示していかなくてはなりません。 しかし、学生の場合、仕事に役立つスキルなどを身に付けていることは稀ですし、他の人とそれほど違う点がないとい …

宅地建物取引士はどんな仕事?資格の難易度と合格率は?

宅地建物取引士(通称、宅建)は毎年約20万人が受ける人気の国家資格です。 そんなに人気で多くの人が受けるなら合格しにくいのでは?と思うかもしれません。 今回は宅地建物取引士の資格の難易度や合格率につい …

主婦にオススメの資格「保育士」

保育士とは、日本の国家資格の1つで、小学校に入学する前の0歳から6歳までの幼児の保育を、保護者に代わって担う人のことをいいます。 保育士資格は一度取得すると、更新する必要がありません。 そのため、資格 …

医療系の資格:歯科衛生士になるには

医療系の資格は、病気・怪我の治療や身体の不自由な人のために様々なサポートをする、とても役立つ存在です。 誰かのために働きたい、困っている人を助けたいという人にはおすすめのジャンルだといえます。

心理職の初の国家資格「公認心理師」とは?

スポンサーリンク 公認心理師とは? 心理学を専門としている資格として比較的知られているものとしては「臨床心理士」や「産業カウンセラー」が有名です。 ですが、これらの資格が民間資格であるということを知っ …

楽天モーションウィジェット