イタリアのコーヒーを楽しもう

エスプレッソ

コーヒーを良く飲む国の中で、世界的にも常に上位に上がるのがイタリアです。

世界各国、沢山のコーヒーファンはいますが、イタリア人のコーヒーに関するこだわりはとても強く、ひとくちに「コーヒー」と言ってもいろんな種類があります。

イタリア語でコーヒーは「カッフェ」と言いますが、普通にカッフェと注文すると出てくるのが、小さなデミダスカップに入ったエスプレッソコーヒーです。

日本の喫茶店に当たるコーヒーショップをイタリアではBAR(バール)と言いますが、字から日本人がイメージするお酒を飲む場所のバーではなく、主にコーヒーを飲みに立ち寄る場所です。

スポンサーリンク

イタリアのカッフェ

エスプレッソ用に挽かれた豆を使い、圧力のかかるマシンで抽出されます。

表面に多少の泡が出ているくらいのコーヒーが美味しいとされますが、よりこだわりのある人はカップの選択をする人も。

多くのBARで飲むエスプレッソは磁器のカップを使っていますが、ガラスのカップで飲む方が美味しいとされており、こだわりの強いお客さんは「カッフェをガラスのカップで」と注文します。

イタリアでは主に食後にカッフェを飲む習慣があり、昼食や夕食の後にもグッと1杯飲み干します。

カッフェにはイタリア料理を消化するのを助ける働きがあり、とても理にかなった飲み物です。

日本でも日本料理に日本茶を飲むのと同じ原理で、世界中その土地の料理にあった飲み物があるのです。

イタリア人のこだわりの飲み方

カッフェを飲む時間帯や習慣も、イタリアにはある種の決まりがあります。

カプチーノ
まず朝食時には、エスプレッソよりもカプチーノを好む方が多いものです。
これまたカプチーノにも強いこだわりがあり、泡を沢山のせて飲む方が好きな人もいれば、泡が無い方がいいという人もいます。
BARではこういった細かい注文をする人も多いですが、これがイタリア流のBARの楽しみ方でもあります。

カッフェ・マッキアート
カプチーノでは牛乳が多すぎるという人は、エスプレッソに少量の牛乳を加えたカッフェ・マッキアートを頼みます。
カッフェはエスプレッソで、マッキアートは「汚した」という意味で、エスプレッソを牛乳で汚した飲み物ということになります。

ラッテ・マッキアート
逆に、カプチーノよりももっと牛乳が多い方がいいという人は、ラッテ・マッキアートを頼みます。
ラッテは牛乳の意味で、同じくマッキアートですので、牛乳をエスプレッソで汚した飲み物というわけです。

カプチーノやマッキアートなどの牛乳を入れたコーヒーは、イタリアでは午前中しか飲みません。

これは概ねイタリア人なら常識に当たる習慣です。

しかし、日本人はやたらとカプチーノを欲しがるため、夕食の後でもレストランで聞いてくれるところも増えてきましたが、イタリア人客には絶対聞かない質問と言えます。

イタリアではコーヒー休憩が当たり前

BARは一日中お客さんで込み合うことが多い飲食店です。

事あるごとにコーヒー休憩を取るイタリア人ですから、たとえ仕事中でもコーヒーブレイクは欠かしません。

お店を閉めて、ドアに「すぐに戻ります」と張り紙してでも休憩しに行ってしまいます。

日本のように席に座ってゆっくり楽しむのではなく、バンコと呼ばれる立ち飲み用のテーブルの場所で、グイッと飲み干して終わりです。

観光地では、綺麗に整えられた座席が用意されているBARが数多くありますが、座席についてサーブしてもらうとサービス料が含まれるので、カッフェの値段が格段に上がります。

家庭で楽しめるエスプレッソマシーン

エスプレッソはアメリカンコーヒーと違い、抽出するのに圧力をかけなければ美味しく仕上がりません。

BARやレストランでは大型のエスプレッソマシーンを利用しているので美味しいコーヒーが飲めますが、家庭ではなかなかそうもいきません。

古くから家庭にあるのは、直火式の「マッキネッタ」と呼ばれるエスプレッソマシーンです。

これは1杯用から10杯くらい取れるような大きな物まで存在しますが、普通の家庭では2杯用~3杯用くらいが主に使われています。

下段に水を入れ、中段にコーヒー粉を入れて、ガスコンロの直火にかけます。

すると、下の水が熱せられてコーヒー豆を通り、上段にコポコポと出てくる仕組み。

こちらもこだわりの強いイタリア人ですから、水の量だったり粉の分量だったりの目安を個々に持っており、自分が納得のいく淹れ方で楽しみます。

近年は電気式のエスプレッソマシーンも

10年ほど前からイタリアでも電気式のエスプレッソマシーンが流行りはじめ、昨今ではこちらを使っている家庭も多いようです。

カプセル式だと簡単だし、カプセル一つで1杯分、簡単に出来上がるのがウケたようです。

世界中でも電気式のエスプレッソマシーンが大流行し、ここ数年で日本でも急に取り扱いメーカーの種類が増え始めました。

昔はとても高かったエスプレッソマシーン、今では価格もお手頃になってきています。

最後に

美味しいエスプレッソを簡単に淹れたいならば、エスプレッソマシーンを手に入れると、深いコーヒーの世界に引き込まれていくかもしれません。
そのうちにイタリア人のようにコーヒーに強いこだわりを持つようになるかもしれませんね。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-フード
-, ,

関連記事

お鍋の味に飽きたらトマト鍋!トマト鍋の魅力とは?:リコピンによる血糖値の低下

トマトは、南米ペルー原産のナス科の野菜で、江戸時代の初めに日本に入ってきたといわれています。 その魅力はおいしさと栄養、そして様々なバリエーションでお料理に活用できるということでしょう。

新食感で美味しくヘルシー!ナチュラルとうふ

ダイエットや美容など、きれいになるためには毎日の食生活に健康な食品を取り入れて、おいしく取り組んでいくのが一番です。 女性の体をサポートしてくれる食品で有名なのは大豆で、お豆腐や豆乳など大豆を使った製 …

女性に嬉しいスーパーフード!「クコの実」の食べ方【果実酒を作る】

中華料理などを食べに行った時に、薬膳料理やお粥に入っていたり、デザートの杏仁豆腐に乗っかっている、鮮やかな色をした小さい赤い実を目にした事はありませんか。

隠し味で「白ワイン」を入れると、クリームシチューが一段上の味になる!

寒いシーズンの定番メニューであるクリームシチューは、白ワインという隠し味で、味わいを引き立たせることができます。 白ワインにはポリフェノールや、カルシウムにマグネシウムなども含まれています。適度な摂取 …

パーティの必需品「スライス生チョコレート」でどうデコる?

みなさんは、ブルボンから発売されている「スライス生チョコレート」をご存知ですか? 「スライス生チョコレート」は、スライスチーズのような包装です。 口どけ滑らかな生チョコレートを、厚さ2ミリの正方形シー …

楽天モーションウィジェット