イタリア語を通して学ぶ文化と歴史

イタリアの国旗
イタリアは海外旅行で行ってみたい国のランキングでも常にトップに入っていて、世界中から観光客が集まってくる憧れの国です。

地中海に面していて温暖な気候で、古代ローマ時代から続く独自の文化と歴史を持っているのが魅力的です。

イタリアの公用語であるイタリア語は、イタリア全土とスイスの一部で話されていて、オーストリアやフランスの国境エリアでも通じることがあります。

ルーマニアなどの東欧諸国や言葉の響きが似ているスペイン、ポルトガルなどでも片言で会話が成り立つので、南欧を旅行したいときには覚えておきたい言葉です。

スポンサーリンク

イタリアの文化や歴史に触れてみよう

イタリア語は日本を始め、世界中でも生活のあらゆるシーンに定着しています。

例えば、カフェで注文するコーヒーのメニューにのっているカプチーノ、カフェラッテ、エスプレッソなどは全てイタリアから来たものだし、イタリアンのレストランでは前菜からデザートまでほぼ全てがイタリア語です。

カルパッチョやパスタ、ポモドーロ、プロシュート、ティラミスやパンナコッタなど人気のメニューは本場イタリアでもそのまま通じる単語です。

ドルチェ、リモーネ、アマレットなどお菓子作りやスイーツで耳にする単語も立派なイタリアの食文化で、世界中で知られているピザもイタリア人が伝えた料理です。

スパゲッティやマカロニなど子供も知っている言葉もイタリア語なので、日本人は食を通じて小さい頃からイタリア文化に触れていると言えます。

学問や歴史の理解が深まる

ヨーロッパの歴史に興味がある人は、イタリア語を勉強することで、もっと理解が深まります。

宗教学や美術、美術史学などの分野も、イタリアなしでは考えられないくらいなので、基本となる語学をしっかりおさえておけば、美術館に行ったりキリスト教について学ぶときに役立ちます。

イタリア旅行で人気のあるローマやフィレンツェ、ヴェネツィア、ナポリ、ミラノなどは世界的に見ても文化や歴史の中心地であり、現在でも訪れる人が絶えません。

中世や古代の歴史だけでなく、最新流行のファッションやグルメ、デザインなど今日の文化もイタリアが重要な役割を果たしているので、イタリア語ができると本場の見本市を見に行ったり、イタリアのデザイナーやブランドについてもっとよくわかり、好きなブランドへの愛着が高まります。

本場のファッション雑誌を読んだり、旅行に行ったとき現地のブティックで店員と会話をしたり、イタリアのヘアサロンに行って外人風の素敵なヘアスタイルにしてもらったり、イタリア語が話せれば旅行の楽しみも増えて特におしゃれに敏感な人は最新のモードを直接感じられます。

音楽や映画をさらに楽しめる

クラシック音楽やオペラが好きな人も、イタリア語が理解できると作品を何倍も楽しむことができます。

ヴェルディやプッチーニ、ロッシーニなどイタリア音楽の巨匠によるオペラを現地で鑑賞したり、字幕や解説なしでも曲を聴いて歌詞が理解できれば作品が身近になります。

イタリアの映画も名作が多いので、吹き替えではなくオリジナル音声で楽しめると感動的です。

イタリアと言えば明るく陽気なイメージがありますが、イタリア語も土地の文化に根付いた言葉で響きが明るくて、英語やドイツ語のような硬さがなくまるで歌っているような楽しさです。

独特の巻き舌のような発音やレストランのメニューを読んでいるような楽しいイントネーションは、勉強しているときからまるでイタリア旅行をしている気分になることができます。

イタリア旅行がさらに楽しめる

イタリアに行ったら観光のときにはもちろん、レストランやカフェで注文をしたり、服を試着したり雑貨や小物を見せてもらったり、現地の人と会話をする機会がたくさんあります。

言葉がわからないと添乗員に頼ることになってしまい、旅を最大限に楽しめませんが、イタリア語が話せれば個人旅行も可能で、自分で現地のサッカーの試合を見に行ったり、オペラやコンサートを訪れたり、地元の人が行く穴場のレストランで食事をしたり、その土地の住民と話をしてガイドブックには載っていないような歴史について教えてもらったりすることができます。

大きな観光地では英語や日本語が通じたり、表記も日本語になっていたりする場所もありますが、本当のイタリア文化に触れたいなら、地方の小都市を訪れたり、地元の人と会話をするのが一番です。

安くておいしい料理を食べたいときも、観光客向けのレストランではなく、少し離れた小さなお店のほうがおすすめなので、英語や日本語が通じなくても、イタリア語が少し話せればしっかりコミュニケーションができます。

イタリア人はこちらが一生懸命話そうとしていれば身ぶり手ぶりでも理解してくれて、旅行中に現地で友達ができる確立も高まります。

最後に

古代ローマ時代から続く歴史とルネッサンスの美術や現代のファッションやグルメに至るまで、文化の中心であるイタリアは一度は行ってみたい魅力的な国です。

イタリア語を学ぶことでもっと理解を深めて自分だけのイタリアを発見してみましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 学習・勉強
-, ,

関連記事

ブラック企業とは?見分け方はある?

誰しもが条件がよく、休日がきちんと取れて、残業が少なく、また、残業手当、休日出勤手当がきちんと出て、長時間労働を強いられることがなく、給与がいい仕事につきたいものです。 しかし、いわゆるブラックと言わ …

成長の手助けができる!保育・教育に携わる資格「日本語教師」

世界各国で働くことができるグローバルな仕事で挙げられるのが、日本語教師です。 日本語教師は年齢や学歴問わず、未経験者でも就くことのできる仕事です。

女性に役立つ資格:マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)

資格を持っているということが就職を有利にするということが少なからずあります。 このような効果を期待することができるケースとしては、持っている資格がこれからしようとしている仕事で必要とされているスキルで …

公務員になるための試験:海上保安学校

海の平和を守る海上保安官になるためには、海上保安学校へ入学して学ぶ必要があります。 海上保安大学校は幹部職員を、海上保安学校は一般職員を目指す場所となります。

美容やファッションに関わる資格:クリーニング師試験

数多くの資格がある中で、もっと手に職をつけたいと思う時には、クリーニング師試験を受けるのもお勧めです。

楽天モーションウィジェット