毎分約32,000リットルの湧出量を誇る「伊東温泉」の楽しみ方

伊東温泉は、伊豆半島の伊東市にある温泉で、平安時代に開湯された、長い歴史を持つ温泉です。
江戸時代には、3代将軍徳川家光公に献上湯が行われました。

明治時代後期以降は、機械掘りにより泉源の数が増えて、伊東温泉の湧出量が増加しました。

伊東温泉は、明治維新後も多くの文化人に愛され、川端康成の短編小説「伊豆の踊子」の舞台にもなりました。伊東温泉の魅力は、豊富な湧出量を誇ることです。

スポンサーリンク

「伊東温泉」の楽しみ方

伊東温泉の湧出量・泉質とアクセス方法とは

現在は、合計295口の湧出口から、毎分約32,000リットル(湧出温度25~68℃)もの湧出量を誇ります。伊東温泉の湧出量は、日本国内の温泉の中で第4位で、静岡県内では第1位です。

伊東温泉は、湧出量が豊富で、加水無しの源泉かけ流しの入浴施設が多いという特徴があります。大型の旅館や、ホテルでも、源泉かけ流しの温泉が楽しめる施設がたくさんあります。

伊東温泉の泉質は、単純泉・弱食塩泉です。単純泉は、体に対する刺激が少ないため、子どもや高齢者、病気療養(リュウマチ・脳卒中の回復期・骨折・病後の回復期)に効果があります。

肌に優しい単純泉は、美容効果も高く、女性にも大人気です。
それに加えて、弱食塩泉(温泉水1kgに食塩が1~5g含まれる)で、保温効果が高くて殺菌効果があるため、外傷や火傷の療養にも適しています。

伊東温泉へのアクセス方法ですが、JR東日本伊東線または伊豆急行線伊東駅を出ると、駅の南側に温泉街が広がっています。

JR伊東駅は、上野東京ラインの終点で特急停車駅なので、首都圏からのアクセスに非常に便利です。他にも伊豆高原駅や城ヶ崎海岸駅などの駅からも、アクセスすることができます。

豊富で良質な伊東温泉を楽しむ方法

伊東温泉に旅行に来たら、まず最初に、豊富な湯量を誇る温泉で足湯を楽しみましょう。

伊東市内にある鉄道の駅の多くは、駅前に無料で利用できる足湯、または手湯が設置されていて、誰でも自由に温泉を楽しむことができます。

ちなみに、鉄道の駅以外の場所にも無料で楽しむことができる足湯がたくさんあります。「伊東マリンタウン」にある屋外足湯「あったまり〜な」は、全長43mで日本一の足湯です。

伊東マリンタウンの中には、ペットも利用できる「わんらぶゆー」も設置されています。伊東に到着したら、足湯や手湯で手足を温めて、旅行の疲れを癒してみるのはいかがでしょうか。

伊東温泉は湯量が豊富なので、入浴専用の施設や旅館などの立ち寄り湯がたくさんあります。宿泊するホテルや旅館以外にも、外湯巡りで温泉を楽しんでみるのはいかがでしょうか。

温泉地として歴史の古い伊東市の温泉街には、歴史的な建造物があります。
1997年に閉鎖された旅館「東海館」は、文化施設として開放されていて、土日にはレトロな雰囲気の大浴場に、実際に入浴することもできます。

市内は、他にも多くの立ち寄り湯があり、何軒か温泉をはしごすることもできます。

伊東温泉には、温泉旅館やホテルがたくさんありますが、ペット(犬)と同伴で宿泊ができる旅館や、ペットホテルが充実しています。

ペットと一緒に、部屋で宿泊ができる旅館もあります。宿泊施設の中には、犬用の温泉(ペットバス)を備えた温泉旅館もあり、人間だけでなく、犬も源泉かけ流しの温泉を楽しむことができます。

ペットと一緒に温泉旅行を楽しんでみるのは、いかがでしょうか。

温泉以外にも伊豆半島の自然を楽しむ方法

伊東市やその周辺には、大室山・小室山や、城ヶ崎海岸など、豊かな自然が楽しめる観光スポットも充実しています。

伊東市には、標高580mで直径300mの噴火口を持つ大室山があります。大室山は “ミニチュア版の富士山” のような山で、登山リフトを利用して、山頂に登ることができます。

山の形は、富士山そっくりで、山頂にはすり鉢状の火口の周囲で、お鉢めぐりも楽しめます。大室山の周辺には、桜の木が植えられていて、春になると、満開の桜の花が楽しめます。

天気が良ければ、大室山の山頂を訪れてみるのはいかがでしょうか。

城ヶ崎海岸は、約4千年前に火山の噴火で海に流出した溶岩が形成された、荒々しくて風光明媚な景色を楽しめる海岸です。海岸沿いには、遊歩道が整備されていて、溶岩によって形成された、険しい断崖絶壁の上を、半日かけて散策しながら、自然を楽しむことができます。

城ヶ崎海岸の断崖は、サスペンスドラマの撮影で利用されることもあります。
ドラマの最後に、ヒロインが真犯人を追いつめて、真犯人に襲われそうになった所に、刑事が登場して逮捕するお馴染みの場面です。

城ヶ崎海岸沿いの遊歩道には、スリル満点の吊り橋が架けられていて、眼下の海を眺めることができます。自然探究路沿いには、海岸の潮だまりまで降りることができる階段があり、海洋生物を観察することができます。

城ヶ崎海岸には遊覧船も運航されているので、海上からも、荒々しい断崖を眺めることもできます。夏の時期であれば、体験ダイビングを楽しむこともできます。

伊東市にも、熱海のように海水浴が楽しめるビーチ「伊東オレンジビーチ」もあり、夏であれば、海水浴も楽しめます。

伊東温泉を訪れた際は、少し足を伸ばして、大室山や城ヶ崎海岸で、伊東の美しい自然を楽しんでみるのはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー
-, , ,

関連記事

二泊三日の国内旅行で持っていくべき持ち物リスト

国内旅行をするにあたり、これだけは忘れたら話にならないという持ち物がいくつかあります。

千葉県のおすすめ温泉地3選

千葉県には、房総半島を中心に温泉地が存在し、銚子や浦安といったところでも温泉に入ることができます。 お風呂に入り、おいしい料理を食べる、はたまた旅の疲れを癒すなど、様々な形でおすすめの場所がいくつか存 …

ミネアポリス(アメリカ・ミネソタ州)のおすすめ観光スポット

ミネソタ州のミネアポリスには、ミルシティ博物館やウォーカーアートセンター、及びモール・オブ・アメリカ、セントアンソニーフォールズ遺産巡り、レゴ・イマジネーション・センター、ストーン・アーチブリッジ、ラ …

マドリード(スペイン)のおすすめ観光スポット

スペインマドリードに行くなら「プラド美術館」がおすすめです。 緑に囲まれた美しい美術館で、ベラスケスやゴヤなどの作品が多く展示されており、スペイン派やフランドル派などの絵画を見ることができます。

「リトルリッツ」でマリンスポーツを楽しむ!

マリンスポーツをする方にとって、伊豆の海は大変人気のあるスポットです。 初心者の方からベテランの方まで、色々な方に楽しんでいただくことができる海です。

楽天モーションウィジェット