日本とは違う?海外の優秀CM

「CM」は多くの人に興味を持ってもらうことが大切です。

しかし、普通の演出では何の変哲のないコマーシャルになってしまいます。
そこでは、絵コンテなどによるストーリーが求められることが多いものです。

その点で言えば、動物や子供を起用したものは適していると言えます。

今回は日本と海外の「CM」の違いについて、見てみましょう。

スポンサーリンク

何が違う?!海外の優秀CM

人間にように振る舞う犬

猫の場合は、予測不能な行動に、その愛くるしい可愛さや意外性を見ることができます。
犬の場合は、色々な芸も訓練すれば可能となることが知られています。そして、芝居ととれる行動も見せることが出来ます。そのため、犬を対象にした方が設定が自由にできることになります。

海外の犬の動画では、家の主人が車で出かけるところを見届けた上で、自分のショッピングカードを持ってショッピングセンターへでかけるという場面が見られます。

カートを自らの手で持って進み、自分の欲しい遊具品や食料品をカートに入れてレジのところへ運び、カードを渡して精算してもらいます。
支払いを終えて品物を袋に入れてもらった上で、主人より早く家に着くために自宅へ急ぐというものがありました。

そして主人よりも先回りして購入したものはベッドの下に隠し、主人が帰ってくるといつも通りにふるまうという場面がありました。

あるいは、朝6時になると主人のベッドの上へ上がって、顔をなめて主人を起こし、それからCDの音楽をかけたり、トースターでホットケーキをセットしたり、コーヒー用の湯を沸かしたり、主人が風呂へ入ると主人用のバスタオルを渡したり、掃除をしたり、家具にはたきがけを行ったり、トイレの蓋を閉めたりします。

床に汚れがあると、雑巾で拭き取ってそれを洗濯ものを入れるところに運んだり、玄関先のポストに入った新聞紙を主人の机の上へ運んで又、ポストの蓋を閉めに走ったり、クリーナーで床に掃除機をかけたり、主人が出かける前に靴を磨いたり、家庭内のゴミ袋を野外のゴミ置き場へ運搬したりします。

それから、主人とショッピングセンターへ出かけるシーンも見られます。
店内では買い物カゴをくわえて主人の手伝いを行い、買い物を終了すると野外でカートは元の場所へ戻し、途中野原においてはペットボトルを拾い集めて来ます。

家へ帰ると、トイレのトイレットペーパーを補充し、夜になって暗くなると主人の部屋のランプをともし、主人のために音楽のCDをセットします。
そしてベッドに横たわる主人に毛布を持ってきて渡す、という一連の日課が録画されているのを見ることが出来ます。

このような動画は、動物独自の行動ではなく、まるで人間のように行動するのであって、そこに意外性や人間のような気遣い、感動を覚えるものです。

優秀な犬は人間のすばらしさを理解してくれるがゆえに、要求に応えてくれるものであり、いかにも人間臭さのようなものを感じさせる内容になっています。

大切なことを教えてくれメッセージ性

海外の犬のCMといえば、かつてスペイン発のものがありました。
永らくの間一緒に住まわっていた主人が、あまりにテレビに夢中になり自分をかばってもらえなくなって、家を出て行くという内容のCMがありました。

自分でバッグに日常使っていたものを詰めて出て行く姿は、常日頃何を大切にしなければならないのかを示してくれる優れた内容のCMであったと思われます。

人間臭いといえば、最近では海外のニュージーランドにおいては、犬に運転技術を教え込んで自ら運転するという動画が話題になりました。
自分でハンドルを回し、アクセルを踏んだりブレーキもかけられるもので、いかにも得意然とした優秀犬の姿が印象的でした。

運転というと、日本車の海外におけるCMで、犬の主人が奥さんや子供を乗せて運転するものがありました。

交差点に差し掛かって一時停止すると、その横断歩道を左から右に向かって魅力的なメス犬が通りかかり、これを運転していた主人犬があまりに見とれているために、隣に乗っていた奥さん犬がいらつくしぐさを見せて、それから主人が発進するという内容のものでした。

いかにも人間社会にもありそうなシーンであって、優秀なものでありました。

この車のCMは、シリーズものが作られていました。
別々の車に乗った犬同士が、サイドガラス越しに一目ぼれするものとか、迷子になった犬を探しにでかけ、張り紙までして帰ったところへ犬が帰って来るというCMもありました。

街中で、スカーフをした奥さん犬が、車に乗ってから見苦しいと主人犬が車を発信してから語り掛けたところ、奥さん犬が指示に従ってスカーフを車の中でとったところ、主人犬がやはりそのままの方がいいわといいたげなCMも見られました。

予想外の行動が、視聴者の心に残る

赤ちゃんを対象としたCMでは、とにかく歩くか歩かないかという時期の赤ちゃんがローラースケートをつけて、高いフェンスを乗り越えて仲間とローラースケートを始めるものが圧巻でした。
その動きは、非日常的なもので釘付けにされます。

数人の赤ちゃんが、並んで横たわっているところへ、一方の側からローラースケートで走って来て飛び越えるというものです。

バク転はするわ、HIP HOPダンスは踊るわ、集団で公園へ出かけ、その階段の中央にある手すりの上をローラースケートで滑り降りるわなど、大胆な行動をとるのも見ものであります。

これらの曲芸ともいえるCMをテレビで見せて、赤ちゃんがどんなコメントをするかというものもありました。
あるいはTシャツに、赤ちゃんの首から下の姿をプリントして大人がそれを着て動くと大人の顔をした赤ちゃんが踊るという表現になりこれも笑わせてくれるものでした。

海外には、奇想天外なCMが多く見られます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-エンタメ, テレビ・動画
-

関連記事

初めてのディナーショー:失敗しない服装選びのポイント

ディナーショーの料金はだいたい数万円程度であり、結婚式に参列する際にご祝儀で包むような金額とさほど変わらないか、それよりも上回るような値段設定になっていることがほとんどです。 そのため、結婚式に参列す …

今も読みたい!1980年代の代表的な少年漫画9選

人気作品はいつ読んでも面白いですよね。 今回は1980年代を代表する少年漫画を紹介します。

電子書籍ストア「コミックシーモア」の特徴とおすすめポイント

電子書籍ストアはとてもたくさんありますが、サイトによってかなり内容が異なります。 コミックシーモアの場合は、総合力が優れているという特徴があります。 配信数の多さだけでなく、サイトの利用のしやすさも優 …

グロテスクなのに人気の海外ドラマ、ウォーキング・デッドの面白さや魅力

海外ドラマは日本でも人気が高いです。 同じドラマを長い期間を通して放送するのも特徴ですね。 中でも今注目のドラマがアメリカのウォーキング・デッドです。

仲良しの秘訣が知りたい!芸能人きってのおしどり夫婦といえば?

芸能人きってのおしどり夫婦と言えば、山口百恵さんと三浦友和さんでしょう。 山口百恵さんが、メディアへ一切出ないという姿勢を貫いているため、報道はあまりされなくなっていますが、時折聞こえる情報も、仲睦ま …

楽天モーションウィジェット