美容やファッションに関わる資格:ジュエリーコーディネーター検定


ジュエリーショップに向かうと、とても美しい宝石やアクセサリーが並んでいます。

ファッションに関心の高い女性はもちろんのこと、男性からも注目されている宝飾品ですが、身近に宝飾品についてアドバイスしてくれる人がいると、安心して買い物ができるでしょう。

それに最適なのが、高い知識と技術を持ったジュエリーコーディネーターの資格を持った人です。

スポンサーリンク

宝飾品の取り扱いのプロとして活躍できる

ジュエリーコーディネーターは単にアドバイスするだけでなく、コーディネートまでしてくれるのが嬉しいところです。

有資格者がいれば大変頼もしく、自分にとって最適な宝飾品が選べます。

ジュエリーコーディネーター検定は、一般社団法人日本ジュエリー協会が実施しています。

この協会によって、1997年に誕生したのがジュエリーコーディネーターです。

宝飾品産業の発展と消費者の満足度を高める目的で、この資格が生まれました。

直接消費者と関わるだけではなく、製造現場や卸売の分野でも活躍の場があります。

とても注目度の高いジャンルともいえて、全国に7000人程度のジュエリーコーディネーターが存在するほど普及しています。

また、1級から3級までの3段階で構成されています。

1級の方が高い技術と知識が必要で、活躍できるチャンスを広げることが可能です。

検定試験を受けるには?

試験を受けるために、これといった特別な条件はありません。
年齢も性別も、学歴も不問です。

日本人に限定されたものでもなく、外国人でも試験を受けられる自由度の高さを持っています。
しかし、日本国内に住んでいて連絡できる状態でなければ受けられませんので注意してください。

3級に限っては試験が年2回実施されます。
2級と1級は年1回だけです。

3級の試験は特に何もなくても受験できる一方で、2級は3級に、1級は2級の資格取得者でなければ受けることが出来ない点に気を付けましょう。

開催場所は全国の主要都市が試験会場になっています。
東京、大阪、名古屋、福岡では毎回実施されるようですが、回によっては他県も会場に入ることがあるので確認しておきましょう。

受験料は級や科目数などによって異なります。

試験対策の勉強はどうする?

宝飾品に関する仕事に就きたかったり、キャリアアップを目指すのであれば、早速ジュエリーコーディネーター検定の試験を受けたくなるところでしょう。

試験を受けるまでに対策として勉強をしておくのが普通ですが、勉強方法は割と簡単です。
国家試験ではありませんので、特別な学校に通う必要が無いのが気軽です。

とはいえ、適当に勉強しても試験対策にはなりません。
そこで役立つのが、日本ジュエリー協会が発行するジュエリーコーディネーター検定テキストです。
2級と3級用のテキストが販売されています。

ジュエリーの概論や産業論、宝石の基礎知識やデザインの基礎知識などをテキストで確認することが可能です。

日本ジュエリー協会に直接注文することもできますので、利用してみましょう。
申込書と料金を振込んだ際の受領書のコピーを一緒に、ファックスや郵便で送ってください。

試験の過去問題の内容も販売されています。
これは書店では売っていませんので、直接協会に申し込みましょう。
過去問題がわかれば大体の試験内容が予想できて、勉強しやすくなります。

初めて3級を受験する人なら、協会が実施する通信講座を利用すると合格できるチャンスを高められます。
4ヶ月間学びます。

試験に無事合格してジュエリーコーディネーターになった後は、協会の会員として登録されるようになります。

資格は更新制で、有効期限は3年間です。
登録料として1万9000円が必要ですが、特に講習会に参加したり、課題を提出する必要はありませんので、更新自体はとても簡単です。

ジュエリーコーディネーター検定公式サイト

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 民間資格

関連記事

趣味で取れる実用的な資格:語彙・読解力検定

文字を読むことは日常的にありますが、自分の語彙力や読解力を測定できる資格に、語彙・読解力検定があります。 ベネッセコーポレーションと朝日新聞社が共同で実施する民間の検定試験となるものの、資格取得者は入 …

車関係の仕事をしたい人にピッタリの職業:貨物自動車運転者

貨物自動車運転者の仕事は、様々な貨物を指定された場所までそして決められた日時までに、安全確実に運搬することです。 貨物自動車運転手の仕事は大きく分けて、長距離輸送、宅配便、危険物輸送に分けられています …

将来的に独立ができる国家資格「行政書士」

国家資格にもいろいろありますが、手っ取り早く独立したい、自分の力で仕事を成り立たせたい、と思う人には、行政書士が狙い目です。

将来いつか役に立つ!?福祉/介護の資格「福祉力検定」

これから福祉業界で働きたいと思っている人ならば、福祉力検定を受けると、スキルアップが狙えます。 今まさに、福祉サービスに携わっている人のキャリアアップとしても、役立ちます。また、最近では障害のある人も …

イベント好き必見!作品作りの関わる資格「イベントプランナー」

イベントとは、一体なんだろうといっても一言で定義することは難しいことです。とにかく多種多様なイベントがありますし、規模も実に様々です。オリンピックから万国博覧会といった大型イベントから、コンサート、商 …

楽天モーションウィジェット