成長の手助けができる!保育・教育に携わる資格「児童心理司任用資格」

児童心理司とは、主に児童相談所等で心理学の専門的な知識に基づいて、子どもやその保護者の心理判断をし、心理学的見地から援助する職員のことです。

スポンサーリンク

児童心理司任用資格とはどういうものか

具体的には、近年社会問題となっている児童虐待やいじめ、登校拒否、非行等、様々な問題を抱える子どもの心理状態に寄り添い、サポートするという役割を担うことになります。心理学の専門的な知識に加え、子どもやその家族との信頼関係を構築する力が、必要となります。

従来は心理判定員と呼ばれていましたが、厚生労働省の児童相談所運営指針の改正に伴って、平成17年のより現在の児童心理司という呼称が用いられるようになりました。

児童心理司任用資格とは、児童心理司として従事するための任用資格であり、任用の条件としては、厚生労働大臣指定の養成機関(大学・専門学校)において、心理学を専修する学科又はこれに相当する過程を修めて卒業した者、これに準ずる資格を有する者と規定されており、現在では、大学や大学院等で心理学を専攻し、心理職として採用された人を児童心理司として任用することが多くなっています。

まずは、大学等で心理学を専攻する学科を修了、卒業することで、児童心理司になるための受験資格が得られるということになります。つまり、児童心理司として登用されて初めて、呼称される任用資格ということです。

児童心理司任用資格とは、大学等の教育機関で心理学を学んだ上で、社会において実際に児童心理司として、子どもやその家族をサポートしていくことができる人材であることを、証明することのできる資格であるといえます。

児童心理司任用資格をどのように生かすか

児童心理司任用資格を取得したということは、児童心理司として心理学の専門的知識を用いて、子どもの成長を促す教育ができる人材となったということです。現在の保育・教育の現場において、子どもの心理判断及び、問題を抱えていると判断された子ども、またはその家族と向き合い、専門的な知識に基づいた心理的サポートを行うことができる人材は、不可欠であるといえます。

対象者が幼児であれば、言葉の遅れや落ち着きがない、友達と遊べない等、普段の生活の様子を保護者から聞いたり、遊ぶ様子を実際に観察したりして、心理状態を把握することが必要となります。また、思春期の子どもならではの問題の解決に携わることもありますし、近年多くなっているいじめ、非行の問題等への対応も大きな役割の一つとなります。

このように、幅広い年齢の子どもとその家族に真摯に向き合い、心理状態を正しく判断することによって、様々な問題に対する適切なサポートと、子どもの成長を助ける言葉かけや導きができることが求められます。

このようなことから、児童心理司任用資格を取得することで、自らがこの分野の専門家となって、自信をもってサポートを求めている子どもとその家族に向き合い、信頼関係を構築することで、問題解決を目指すことが不可欠であるといえるでしょう。

また、児童心理司任用資格を取得することのメリットの一つとして挙げられることとして、この資格の所有者であるということで、保護者の方にも安心して相談をしていただけると思われます。すなわち、資格取得によって、しっかりと心理学、さらには児童との関わり方を学び、習得した信頼できる児童心理司となり得るのです。

児童心理司任用資格所有者として勤務する

児童心理司任用資格を取得し、資格所有者として勤務する機関には、児童相談所、身体障碍者更生相談所、肢体不自由者更生施設、婦人相談所、知的障碍者更生施設などがあります。どの機関であっても、児童心理司として勤務する際の業務内容は、子どもやその保護者との関わりの中での、心理状態の判断とサポートとなります。

どのような援助が求められていいるかを適切に判断し、子どもやその保護者との対話面接等を通しての、個別療法による成長の手助けや、レクレーション等を通してともに成長し合える環境づくりに努めることが求められるでしょう。

資格所有者であるという自信と責任を持って、子どもやその保護者の心理を読み取り、継続的に成長を目指す役割を担うこととなります。児童心理司の勤務形態としては、先述したような各自治体の設置する機関での相談業務が多く、地方公務員として従事することとなります。

また、近年児童心理司の配置基準も見直されています。もとより児童相談所には、児童福祉法に基づいて児童心理司が配置されていましたが、配置人数等の基準は定められていなかったため、自治体によって配置格差がありました。しかし現在では、厚生労働省により、児童福祉司三名に対し児童心理司二名以上を目標としており、児童心理司の人数不足が指摘されているという現状にあります。

心理的な不安を抱える児童や、それを取り巻く事件等も問題視されている現代社会において、重要な役割を担う児童心理司任用資格所有者、すなわち児童心理の専門家が活躍し、未来ある子どもたちが、健全な成長を遂げることができるよう援助する体制を整えていくことが、求められることでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格
-,

  • taxi qoute より:

    Title

    […]check beneath, are some absolutely unrelated websites to ours, having said that, they’re most trustworthy sources that we use[…]

  • -->

    関連記事

    動物と触れ合う仕事がしたい!知識が学べる資格「ハンドラー」

    主にドッグショーなどでハンドリングを行うのが、ハンドラーです。ハンドリングは、ドッグショーなどの会場で入賞を目指し、犬の特徴を引き出して好成績を出せるように、犬を引き回すことです。 犬の所有者が引く場 …

    傷ついた人を癒す!心理・メンタルケアの資格:臨床心理士

    最近、臨床心理士という職業を耳にする機会が増えました。 この職業は心理的な問題に関するプロですので、心に傷を負った人を癒やすことができます。 そのため、やりがいを感じながら職務に当たっている人も多いよ …

    学生の時にとっておきたい資格:TOEIC

    学生時代には講義などで単位を修得するためや必修科目だったりして英語を勉強しますが、就職するにあたり、英語のスキルや資格を取得していることが条件である場合もあります。

    医療系の資格:歯科衛生士になるには

    医療系の資格は、病気・怪我の治療や身体の不自由な人のために様々なサポートをする、とても役立つ存在です。 誰かのために働きたい、困っている人を助けたいという人にはおすすめのジャンルだといえます。

    証券事務はどんな仕事?未経験でも働ける?

    事務の仕事の中でも、特に専門的な事務になると、意外と知名度が低いことが多いでしょう。 その中でも、あまり有名ではないのは証券事務です。事務の1つのジャンルとはいえ、あまり耳慣れない言葉ですよね。 どう …

    楽天モーションウィジェット