航空関係の仕事をしたい人にピッタリの資格:自家用操縦士(飛行機・回転翼航空機)

旅行などで飛行機を利用することもありますが、そのような大型のもの等を操縦するには選ばれた人しか行えません。

しかし、自家用操縦士の資格を取得すれば、小型の航空機を操縦することができます。

スポンサーリンク

自家用操縦士とはなにか

航空機には種類があり、大型のものもあれば小型者ものもあります。

自家用操縦士は、そのような小型の航空機を操縦することができる資格です。

この資格は自動車でいうところの、普通免許にあたるものであり、航空会社などでパイロットとして就職することはできません。

航空機に乗り込んで、報酬を受けずに無償で操縦を行うことを目的としているため、個人でフライトを楽しむために必要なものです。

飛行機と回転翼とがありますが、飛行機は羽根が固定されているもので、回転翼はヘリコプターのことを指します。

自家用操縦士の資格は飛行機と回転翼では種類が異なるため、飛行機なら飛行機の、ヘリコプターならヘリコプターの資格が必要です。

そのため、どちらも操縦したい場合には、それぞれの資格を取得する必要があります。

取得するための条件は、それぞれで要件が違うので気を付けなければいけません。

航空機は空を飛ぶものであるので、ちょっとしたミスが大きな事故につながります。

条件をきちんと把握して、しっかりと満たすことが大切です。

資格取得のための条件は

自家用操縦士は、国家資格であるため国家試験を受けて合格する必要があります。

その為には、受験資格があるのでそれを満たしていなければなりません。

受験をするには飛行経歴が必要であり、実地試験を申請するまでに満たしておくことが必要です。

それぞれで、概要が違っているので間違えないようにしましょう。

飛行機の場合は、総飛行時間が40時間以上で10時間以上の単独飛行が必要です。

そして、270㎞以上の飛行で途中2回以上の着陸で5時間以上の単独操縦による野外飛行を行わなければいけません。

そのほかにも、同乗教育飛行で夜間の離着陸を含む20時間以上の飛行も必要です。

回転翼の場合には、総飛行時間と単独飛行時間、同乗者教育飛行は同じです。

しかし、180㎞以上の飛行で途中2回以上の着陸で5時間以上の単独操縦による野外飛行、オートロテイションによる着陸が必要になります。

大きな違いは、オートローテイションによる着陸です。

しかし、操縦する航空機が違ってくるので似たような条件でも技術は違います。

学科試験と実技試験

自家用操縦士の国家試験は、学科試験が年に2回以上実施されています。

実技試験は学科試験を合格後に実施されます。

また、試験を受けるためには17歳以上であることが必要なので、年が若いと受けられない場合もあるので気を付けましょう。

学科試験は、飛行機も回転翼も同じで5つの科目があります。

それは、航空工学と航空気象、空中航法に航空通信、それと航空法規(国内・国際)から出題されます。

航空機を操縦するために必要なことであるので、しっかりと勉強をしておくことが大切です。

実技試験では、運航知識や飛行前作業、離着陸に異常及び緊急時の操作、そして航空交通管制機関等との連絡に総合能力などが見られます。

さらに、外部視認飛行に野外飛行を行って実技試験は終了します。

どれだけ飛行時間がたくさんあって実技になれていても、学科試験を合格しない限りは実技試験は受けられないです。

そのため学科試験を合格することは、とても大切なことになります。

しっかりと学科試験の勉強を行い、スムーズに合格できるようにしましょう。

自家用の資格ですが責任をもって操縦をしましょう

事業用の航空機を操縦することはできませんが、自家用操縦士は個人で楽しむ分には、自分で飛行機を飛ばすことができるので楽しさは大きいです。

しかし、自動車と同じで少しのミスが大きな事故につながってしまうので、飛行する際は責任をもって着陸するまで慎重に操縦しましょう。

空を飛行して楽しむことも大切ですが、無事に戻ってくることはより大切なことです。

自分一人でも同乗者がいても、どちらも同じように慎重に操縦することが必要です。

その際には、利用する航空機も重要なポイントになります。

個人で所有すればある程度自由に飛ばすこともできますが、とても高価なため簡単には買えません。

そのため、一つの機体を複数人で所有するという選択肢もあります。

そうすることで、一人当たりの費用を軽減することもできます。

また、フライトクラブに所属する方法もあります。

フライトクラブに所属して機体をレンタルする方法が、一番手軽に飛行することが可能です。

このように資格を取得しても、どのように乗るかという点も考えなければいけません。

最後に

航空機を操縦したい場合には、自家用のものに乗ることも選択肢の一つです。
自家用操縦士は航空機に関する資格であるので、航空の仕事をしてみたい人にもおすすめです。
しかし、操縦するには責任も伴うので、その点をしっかりと把握しておきましょう。

国土交通省(パイロットになるには)

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 国家資格
-,

関連記事

将来いつか役に立つ!?福祉/介護の資格「サービス介助士2級検定」

現在、日本では「超高齢社会」と呼ばれるほど、高齢者人口は増加し続けています。道を歩けば、高齢者とすれ違うことは、もう日常的な景色となっています。 そのような中で、高齢者や身体の不自由な方が、何か困って …

狙い目の国家資格とは?

何かしらの仕事をするにあたって、資格というものは重要な役割を果たします。 資格を持っていることによって就職が有利になったり、高い収入を得ることができる場合も多いため、積極的に取得して行くべきものである …

簡単にとれる資格「ファイナンシャルプランニング技能検定3級」

「何か1つ資格を持っておきたい」と考えているのであれ、ファイナンシャルプランニング技能検定3級がオススメです。 この資格は、比較的簡単に取得することができ、他よりも合格率が高いのが特徴です。 何より、 …

今はなきおもしろ資格、時刻表検定とは?

履歴書に色々な資格を記載してあると、転職などの時に有利になるケースが多いのですが、趣味として取得する人も少なくありません。 資格を持つと言う事は、何らかの能力を持つと言う証でもあり、履歴書に多くの資格 …

海で仕事をしたい人にピッタリの船舶関係の資格:機関当直3級海技士(機関)

海技資格には船舶の部位によって、いろいろな資格があります。 主だったものでは船長・航海士に必要な海技士(航海)と、機関長・機関士に必要な海技士(機関)とがあります。 それぞれ1~6級のランクに分かれて …

楽天モーションウィジェット