人生に迷った時に読みたい!ためになる自己啓発本3選

人は人生において、何かしら悩んだり不安になったりしますが、そんな時に自己啓発として読むのに、最良の小説があります。

小説を読むことで、自分自身に何かを気付いたり、人生において希望や勇気を与えてくれるでしょう。

スポンサーリンク

精神世界を描いた「アルケミスト―夢を旅した少年」

「アルケミスト―夢を旅した少年」は、ブラジル人の作家パウロ・コエーリョの作品で、世界的なベストセラー小説です。

あらすじは、羊飼いをしている少年カジョンスンが、ピラミッドにあると言われている宝物を、探す冒険に行きます。カジョンスンは盗賊にお金を騙し取られ、1年近くクリスタル・ショップで労働します。

お金を貯めたカジョンスンは、故郷に帰り以前の羊飼いに戻るつもりでしたが、再びピラミッドに行くことを決意します。

旅の途中、錬金術師に出会い、カジョンスンは錬金術師と共にピラミッドへ向かうのです。この本はストーリーを通し、精神世界がいたるところに描かれており、好奇心を掻き立てます。

前兆などの不思議なキーワードが登場したり、人が普段から何気なく気付いている感覚的なものが、言葉によって説明されています。

自分の魂の声に従うことの大切さや、実現したいことは何か、それに向かって何をすれば良いのかを、改めて考える機会を与えてくれるでしょう。

人生において何かを決断をする際、どうすれば良いのか導いてくれる作品です。

アルケミスト 夢を旅した少年 (角川文庫)

勇気を与えてくれるアドラーの「嫌われる勇気」

「嫌われる勇気―自己啓発の源流「アドラー」の教え」は、アルフレッド・アドラーが描いた「アドラー心理学」を分かりやすく解説した作品です。

100万部の売り上げを誇り、テレビドラマ化や舞台化されており、人が抱く劣等感やトラウマなどの克服方法や、承認されたいという完全否定などが書かれています。

本当の自分自身を受け入れる大切さや、コンプレックスをバネにして、どのように人生を幸せに歩むことができるのかを論じた作品です。

人の悩みは、対人関係の悩みというアドラー心理学をベースに、トラウマやコンプレックスの改善方法などを、対談形式で書かれています。

ほとんど人は、失敗することを恐れたり、周りの人から馬鹿にされたりすることを恐れていますが、周囲からの批判を恐れないで、人から嫌われるという勇気を持って、何事にもチャレンジすることの大切さを気付かされる作品です。

失敗を恐れ、何も行動できないような人に、是非読んでもらいたい本で、読んだ後は背中を押されたような気分になり、人生の荒波へ飛び込むような勇気が湧き出てくるでしょう。

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

気持ちの持ちようを説いてくれる「運命を拓く」

「運命を拓く」は、中村天風が書いた小説で、彼は日本の思想家であり実業家でもあります。日本で初めてのヨーガ行者と言われており、「天風会」を創始し、心身統一法などを広めました。

この本は、東洋はもちろん、西洋を含めて、普遍的な人生における真理や、世の中の仕組みなどに関して語っており、哲人の教えが詰まった作品です。

積極的に人生を生きるための心の持ちようについて、哲学的に解説しています。

人の思考が大事で、その思考から発する言葉を活用することで、積極的に行動し、日頃から否定的な言葉を使わないようにするという、ポジティブシンキングについて描かれており、思考の状態がいかに大事で、積極的に活用することの重要性を語っています。

この本の中には、本の中に、毎日唱えると良い文章が掲載されていて、定期的に唱えることによって、潜在意識に刷り込まれるように、精神的な強さを知らず知らず手に入れることがでるでしょう。

どのような物事においても、その瞬間の心の状態が成功を生んだり、失敗したり、ミスに繋がると説いています。

運命を拓く (講談社文庫)

本を読んだ後実践することが大切です

「自己啓発本」を定義するのは少し難しいのですが、日頃の心がけや心の持ちようについて、テーマに書いている本や、読んで何かしら感銘を受けるような本が、その人にとって良いでしょう。

自己啓発の小説を読むには、いくつか読み方があります。例えば自分にしっくりくるような本を、ゆっくりと探してみると良いでしょう。長い時間探して、やっとめぐり合えた本は、手元にあるだけで価値になります。

直感的にピンときた本も、その人にとっては良書で、何度も読み返してみると良いでしょう。

自分が抱えている問題などに関して、ピンポイントで答えを見つけることができたり、解決へのヒントを与えてくれるかもしれません。

同じ作者の本に、特化してみるのもおすすめです。何かしら気に入った本に出会ったら、同じ作者の他の本も読んでみると、また違った魅力を見つけたり、その作者が抱いているメッセージ的なものに気付くかもしれません。

最後に

せっかく本を読んだのだから、実践することが大切です。短期間でも良いので、試しに実行に移してみましょう。

実際に体験することで、少しずつ何かが見えてくるかもしれません。 自己啓発の小説はいろいろありますが、大切なことは実践することです。

何度も繰り返し読むことで、価値観や人生における取り組み方などが変化してくるでしょう。

自己啓発の小説を読んで、どう利用するかによって、非常に効果があります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-エンタメ, 書籍
-,

関連記事

【ポスト宮崎駿?】細田守の作品とその魅力について

宮崎駿は、世界的にも有名なアニメーション映画監督です。その作品は子供からお年寄りまで、世界中の誰が観ても面白い、興味深い、と感じる映画です。3Dの最先端技術を用いた映画が、次々と公開されていくなかで、 …

実写化されているオススメ漫画3選

普段マンガを読まない人でも、漫画作品が実写ドラマや映画になったことで、原作を読んでみようと思う方も多いのではないでしょうか。 ドラマや映画も楽しめるのですが、尺の都合で省かれてしまうシーンがあったり、 …

【ポスト宮崎駿?】片渕須直の作品とその魅力について

2013年は、アニメファンにとって忘れられない年になりました。 この年に公開された『風立ちぬ』を最後に、巨匠宮崎駿監督が長編アニメ映画製作からの引退を発表したからです。 日本のアニメ界を何十年もの間、 …

ダンス初心者必見!結婚式の余興で踊りたい曲まとめ

結婚式の余興で、踊りたい曲をまとめてみました。 ダンスが初心者の人を考えてまとめてみたので、特に難しいと思われるものは外しています。誰でも少しの練習で出来ることと、みんなが知っていることが選考の条件で …

二人の距離がぐっと縮まる!カラオケで盛り上がるデュエット曲7選

みんなで行ったカラオケで、意中の人との距離を縮めたい、そんなときにおすすめなのがデュエットソングです。 歌謡曲の頃からたくさんのデュエットソングが歌われてきていますし、カラオケで盛り上がった経験がある …

楽天モーションウィジェット