人事事務の仕事に就きたい人におすすめの資格

人事事務の仕事は、相当な範囲に及び、人事担当者のような仕事や労務関係、給与計算、社員の各種手続きなどを、行うことになります。

どのような職務なのかによって、資格として必要なものも、大きく変わることを知ることが大事です。

スポンサーリンク

人事事務で頻繁にある仕事とは

人事事務の仕事で最も多いのは、雇用関係などの労務的な仕事です。社会保険や勤怠管理などは、人事の仕事であり、それを管理するのは人事事務の仕事となります。

また、それらの補助などをする場合があり、間違いは許されません。

例えば、給料を多く渡し、次の月に多めに渡した分を天引きするなんてことをすると、税金面でも面倒なことになり、何より社員のモチベーションが著しく低下するため、絶対に間違いは許されないことがわかります。

また、人事事務には、暇な時期というものが存在しません。どの時期も基本的には忙しく、師走や年度末はさらに忙しくなります。

それだけ、処理能力と正確性が問われます。しかも、社員が秘密にしていることを知る立場であるため、そうした情報を漏らさないことも大事な要素です。

信頼を勝ち取る、もしくはその仕事に就くために必要な資格というのは、いくつもありますが、まずはどのようなスキルが求められるのかを知り、今の自分がどのあたりのところにいるのかを、しっかりと把握することが、人事事務を目指すうえでは大事です。

社会保険労務士の資格がおすすめ

労務関係に携わるため、労務関係に詳しい人であれば、多少スキルが乏しかったとしても、採用してくれる可能性は高まります。

労務関係に詳しいというのをアピールするためにおすすめなのが、社会保険労務士です。

社会保険労務士は、社会保険に関する手続き、労務管理の相談、年金に関する相談などを担っている人たちであり、就業規則などを作る場合には、社会保険労務士が関与するケースが多く、車内にいるだけで結構な戦力になります。

社会保険労務士は国家資格であり、合格率は数%とかなり狭き門です。

これを合格しておけば、戦力となるのは当然であり、パソコンのスキルや、コツコツと仕事をするなどのことに多少難があっても、採用される確率は高まります。

パソコンなどのスキルは、教えれば何とかなりますが、労務関係はなかなか理解できない場合があります。

社会保険労務士になっているということは、その時点で大部分の仕事を任してもらえるレベルということです。

もちろん、それがあるからすぐに採用されるというわけではありません。

ただ、相当なアドバンテージになることは、明らかです。

未経験者に求められるパソコンの資格

社会保険労務士の資格があれば、それで充分ですが、未経験者は当然そこまでは求められず、集中をして仕事をする、間違えないようにするなどのことが求められます。

その際に、パソコンのスキルが一定以上あれば、印象はかなり良くなります。

最初のうちは、人事事務の中でも地味な仕事を任されますが、その地味な仕事をこなすには、パソコンのスキルは大事であり、書類作成の早さをアピールしていくしかありません。

パソコンに関する資格は、入力スピードを出してくれるものや文書作成、データ作成様々な能力を問うもの、パソコンの使い方を判定してくれるものなど様々あり、それらを網羅しておけば、事務作業は確実にできる人だというのが、わかるようになります。

未経験者という人は、そのあたりをできるようにしておけば、幅が広がることは明らかです。

人事事務としてのキャリアアップを目指す場合には、パソコンのスキルを磨くこと以外にも、専門性のあるものを取得していくことが大事ですが、人事事務として働いてから、パソコンのスキルを磨く必要はなく、最初にしておきたいことです。

コミュニケーション能力が高そうな資格

人事事務に限らず、コミュニケーション能力が求められ、特に人事事務はこうしたものが問われ、車内、社外に関係なく、多くの人と接することからもコミュニケーション能力の高さが大事です。

その際に、資格として持っておきたいのが、コミュニケーション能力検定です。

講座形式で、2日間みっちりと学び取得することができます。これを履歴書に書いておくと、その部分に関して、スキルを伸ばそうとしている姿勢は確実に伝わります。

もちろん、コミュニケーション能力は、実際にやってみなければわからず、いくら学んだとしても、なかなか会得することはできません。

そのため、これがあったとしても、すぐに信じてもらえるわけではなく、面接の場でその部分がかなり細かく問われることになります。

ここで好印象であれば、よほどのことがない限りは、採用につながりやすくなりまうs。

会社の悩みとして、コミュニケーション能力に長けた人が、少ないことを挙げるところが多いですが、その心配がなく、しかも、その能力に非常に長けている人というのは、どの分野でも重宝されます。

最後に

社会保険労務士の資格を、人事事務の仕事をしている間にとるぐらいでちょうどよく、まずはコツコツと仕事をし、信頼を勝ち得ていく努力が人事事務では問われ、そのことをアピールできるようなものを、得ておきたいところです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格
-, ,

関連記事

食は生きる源!日々の生活に役立つ食に関する資格「家庭料理技能検定」

外食が中心となる現代において、そればかりに頼ることは健全な食文化を築く意味合い、何より健康面にとってはあまりプラスとはなりません。 バランスよく食べるには、家庭における料理というものが非常に大事になり …

医療系の資格:診療報酬請求事務能力認定試験

医療事務での仕事は、診療報酬制度で規定されている点数を間違いなく選び、計算する能力が必要とされます。 その能力を公的に示すことができるのが、診療報酬請求事務能力認定試験です。

お店のサービスをチェック!覆面調査士の資格とは?

覆面調査士は、ミステリーショッピング(覆面調査)を専門的に行える技能・心構えを持っている事を示す為に設置されている民間資格です。

趣味で取れる実用的な資格:ことわざ検定

諺は日本の古い時代から言い伝えられてきたもので、私たちが生きていくうえで大切な知識や教訓などを短い文章にしたものです。 このような日本の伝統や文化、歴史などについて学習することは素晴らしいことです。 …

車関係の仕事をしたい人にピッタリの資格:自動車整備士

現在の車は電子制御化が進み、不具合が起こればコンピューター診断機を取り付けて故障個所を探ります。 自動車整備士はこれまでの経験とスキルを生かして、さらに電気の知識を駆使して修理を行い解決していきます。

楽天モーションウィジェット