実写化が話題になった「寄生獣」の評判は?

人気の漫画「寄生獣」が、アニメ化に続き実写化もされて、染谷将太さんが主演を務めることで話題になりました。

これをきっかけに、原作に興味を持った人も出てきて盛り上がり、CGの出来栄えが良かったことからも、評判の高い作品となったのです。

スポンサーリンク

最初は不安視されていました

人気漫画の「寄生獣」は、独特の世界観がファンの心をがっしりと掴んで、紙面上だからこそ可能となる表現もあり、最初に実写化されると話題になった時に、拒否感を抱く人も多くいました。

ファンだからこそ、これまで自分のイメージしてきた世界を壊してほしくなく、アニメ化される時も不安視されていましたが、それ以上に作品を冒とくされないかと、心配になる人がいたはずです。

寄生獣に限らず、根強いファンを持つ漫画や小説の実写化というのは、失敗のリスクも高く、特に漫画は絵という形でイメージが作られているので、どれほど細密に似せても叶うわけがありません。

しかも、独自の世界観は漫画だから表現できるものであり、三次元で表すのは難しいものです。

おまけに、この作品の主要キャラクターは人間ではなく、人間に寄生するパラサイトであり、クリアはかなり難しいと思われていました。

今は、CG技術も発達して画面に再現するのは無理ではありませんが、人間に寄生している、一緒に映し出して違和感のないようにするのは、かなり難易度が高く厳しいと思われていたのです。

少しずつ期待が高まってきました

人気漫画のアニメ化以上にハードルの高い実写映画化、特に寄生獣は全64話も続きもので、どのように作品を切り取るのかも重要なポイントになります。

すべてのエピソードを入れられるだけの時間はなく、しかしどれも重要な話となると、再構築するのがとても難しいです。

そういった部分も、不安な部分のひとつでしたが、少しずつ完成が近づき、お披露目されるようになって反応が変わってきました。

最初は頑なに拒否感を持っていた人も、CMや番宣で映像を見て意外といけるかもしれないと、感じたはずです。テレビの画面を通してみると意外にも違和感がなく、実写で動くシーンの迫力に驚かれたかもしれません。

ちょっと興味がわいた、見たくなった、そんな評判がCMが流れ始めると聞こえるようになりました。

実際のところ、前評判は決して高くはありませんでしたが、番宣後には話題となって、ネットでも騒がれるようになっていったのです。

CMの作り方も絶妙で、人気キャラクターであるパラサイト「ミギー」がユーモラスで、女性の興味も引き付けていきました。

ミギーの人気が高いです

実写化で最も重要視されたのは、もう一人の主役ともいえるパラサイトの「ミギー」で、染谷将太が演じる主人公である泉新一に寄生する、人外のキャラクターです。

人の体を乗っ取ってしまうという凶悪な生物ですが、ちょっとしたミスで右手にだけ寄生してしまい、以後はまさにどちらにとっても望まぬ共同生活がはじまります。

この二名のやりとりも、寄生獣の魅力になっているのです。そして作品中である意味で最も人気が高いのが「ミギー」で、それだけにCGでどのように表現されるのか、ファンとしては気になるところでした。

実際の仕上がりを見てみると、さほど違和感がなく、声やモーションを担当している阿部サダヲさんの芸達者ぶりが、魅力を引き立てています。

このCG化された「ミギー」を、テレビCMで見て劇場に足を運んだ人も多く、成功の一因を担っているといっても過言ではありません。

大画面で見てみたい、やり取りを知りたい、そう思わせる説得力があったのが良かったです。実写版の寄生獣は、CMや番宣の使い方が上手く、興味を引き付けるつくりになっていました。

実際に鑑賞した感想はどうなのか

それでは、実際に映画館に足を運び鑑賞した感想は、どのようなものかというと、長編を2作品にまとめるために、やや早足の展開となりましたが、想像していた以上に綺麗にまとまっているというのが、全体的な意見です。

戦闘や流血、爆発といった刺激的なシーンだけではなく、感動できる場面も入れているのでメリハリがきいています。

キャストに関して文句を言う人はほとんどいなく、演技に引き込まれたと感じた人が多数です。CGやVFXも、作品を盛り上げるために効果的に使われていて、パラサイトの存在を違和感なく世界に溶けませています。

そのため、作品を見ている途中で違和感に襲われることがなく、世界観を含めて楽しむことができるのです。

前評判に関しては、どちらかといえば不安視されていた作品ですが、実際に仕上がった映画を見ると、大部分の人が納得したのは成功と言えます。

もともと人気漫画を原作としたアニメや実写は、期待値が低いものですが、完成して受け入れられたのは大きいです。

食わず嫌いではないですが、気になるなら映画館に足を運んで自分の目で確かめてください。

最後に

人気漫画の実写化ということで、映画「寄生獣」は前評判では不安視されていました。

しかし、番宣やCMで興味を誘い、実際の作品を見て納得した、感動したという人が多く、興行収入も予測より上回り成功したと言えます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-エンタメ, 映画
-,

関連記事

知っていると通ぶれる!ロックから辿るブルースとおすすめアーティスト

ヒップホップであれ、スラッシュメタルであれ、テクノポップであれ、全ての音楽の根幹にはブルースが存在しています。 もちろん、ロックやファンクなどは、直系の音楽として広く愛されています。

カラオケで歌いたい!人気のウェディングソング3選

結婚式の余興や二次会、未婚カップルで相手に意識させたい時にもおすすめのウェディングソングを紹介します。

ダンス初心者必見!クラブでのれる曲まとめ

クラブ・ミュージックの目的は、踊れる、盛り上がれる、発散できる、言ってしまえばそれだけです。 クラブで「のれる」曲は、深い歌詞も、絶句するほど美しいメロディも必要としません。必要なのは、良いリズムです …

思わず熱中しちゃう!音楽・文化系のオススメ漫画3選

漫画はいろいろなジャンルがありますが、その中でも芸術や文化を題材にした作品を紹介します。

【ポスト宮崎駿?】庵野秀明と宮崎駿の関係について

宮崎駿と庵野秀明は、師弟関係といえます。 宮崎駿氏の本格的オリジナル長編アニメーション映画の第一作にあたる、「風の谷のナウシカ」で、庵野秀明氏は、とても重要なシーンの描写を任されています。 それは、「 …

楽天モーションウィジェット