実写化が話題になった「進撃の巨人」の評判は?

豪華キャストで実写映画化された「進撃の巨人」は、原作ファンから最低の評判を得てしまいました。原作漫画、アニメは根強い人気があり、ファンからの支持も衰えることはありません。

まだまだ、続きが気になるところです。

スポンサーリンク

豪華キャストで実写化

最近は、人気のある漫画やアニメをすぐに実写化します。まだ原作が最終回を迎えていない状態で、どのように結末を迎えるつもりなのか、ファンにとってとても重要な部分です。

結末は見てみるまで分かりませんが、事前に発表されるキャストについては賛否両論です。原作漫画があればその絵に似ていたり、イメージに合った俳優が演じてくれると嬉しいです。

「進撃の巨人」については、ダークファンタジー架空の世界です。名前や見た目もそのほとんどが日本人では、ありえないのです。

豪華キャストとはいえ、原作のイメージが全く反映されていないという残念な結果で、評判を落とすことになりました。

メインキャストが発表されるなか、原作ファンの間でも人気のあるキャラクターのキャストが発表されることもなく、ついには実写映画には登場しないという横暴に走り、ファンの期待を裏切りました。

そんなファンをよそに、キャスト、スタッフ陣は原作に忠実に再現された衣装や装置を目玉にして、宣伝活動を行いました。

ファンは、映像や巨人の再現だけでも期待をもって、実写化を心待ちにしました。

実写映画、設定の間違い

「進撃の巨人」は、原作漫画もアニメもまだまだ続きが気になり、目が離せません。最終回がどうなるのか早く知りたいような、もっと長く楽しみに取っておきたいような、もどかしいところでもあります。

映画にしてしまえば、物語を2時間程度にまとめなければなりません。「進撃の巨人」は、前後編で4時間程度でしょうか。まだ結末を迎えていない物語をまとめるなら、設定も多少変えなくてはいけません。

世界観は、合致しています。しかしファンが一番楽しみにしていた、キャラクターを登場させないで、どんな風に物語をすすめるのか、期待というより不安が高まるばかりでした。

豪華キャストだからと、期待ばかりはできません。原作に登場しない人物が突然現れて、大人向けのラブシーンを、追加されました。

不要な要素ばかり付け加えて、原作を置き去りにされてしまったら、ファンの評判は下がるばかりです。ファンは、実写でどれだけ原作に忠実に再現してくれるのかを期待しています。

新しい解釈を加えれば加えるほど、ファンは落胆し、実写化に期待をなくしていくのです。

結果、大コケの実写化

「進撃の巨人」実写化は、公開前の不安がそのまま、映し出され酷評の嵐を受けることになりました。設定が変わってしまい、原作とはまるで別の世界が展開しファンを驚かせました。

「進撃の巨人」は、ファンタジーとはいえ、アクションが見ものの一つですが、ここには力が入っているようです。原作漫画のアクションに速さを加え、魅力的に登場人物たちが戦うシーンは、アニメファンを引き付けました。

実写にした時に、この戦闘シーンだけは外さないでほしいと思うところです。映画のキャスト陣が、衣装と立体起動装置の再現に自信をもって宣伝していました。

細かいところまで緻密に再現されていて、これにはファンも納得です。アニメでは登場人物たちが、立体起動装置を装備し戦うシーンがオープニングから披露されていて、物語の重要なアイテムだと知ることができます。

憧れのアイテムとなっていて、本当にあったら格好いいな、装備してみたいなと思わせます。しかし戦う相手が、残念な出来栄えで、物語の品質が下がり実写映画の評判は低評価となってしまいました。

原作漫画とアニメの人気

世界的に大人気の「進撃の巨人」は、続きがとても気になります。物語には謎が多く、いまだ解明されていない部分もあります。

どこかに謎のヒントが隠されていないかと、何度も読み返したり、繰り返しアニメを見たりします。設定も未来のような、どこか不便で懐かしい昔のような時代背景です。

世界のどこかにあるようで、全く違う世界にファンは魅力を感じます。戦う敵が、人間を食う巨人といった思いもよらない展開に、ついていくのがやっとですが、一度はまると抜け出せなくなります。

ダークファンタジーであり、巨人が人間を食べるシーンは物議をかもしましたが、物語には欠かすことのできない重要なシーンです。登場人物1人1人が魅力的で丁寧に描かれているものの、暗く深い闇に包まれています。

アニメは、迫力ある戦闘シーンだけでも見ごたえがあります。人気の声優陣も、見逃せない理由の一つです。キャラクターの魅力が、最大限に活かされた配役です。

物語の進む先を暗示させる主題歌は、評判になり紅白歌合戦に出演したことは記憶に新しいです。

最後に

「進撃の巨人」は、実写化の評判は低評価であったものの、原作漫画やアニメは、人気が衰えることはありません。

実写映画の続編は、映像の技術の向上と、原作にどれだけ忠実に近づけるかがクリアできれば、期待できます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-エンタメ, 映画
-,

関連記事

悪と戦う姿が格好いい!おすすめの冒険映画3選

冒険をテーマに、様々な悪と戦う作品を紹介します。 どれも非常にお勧めな名作で、大人も子供も楽しめる映画となっています。

原作が大人気!上手くアニメ化した作品といえばコレだ!

私たち日本人が生み出している色々な種類の文化の中で、今海外の人たちから特に大きな関心を寄せられているものと言えば、やはりアニメではないでしょうか。 数多くの素晴らしいアニメが、これまでに作られてきてい …

知っていると通ぶれる!期待の若手女性演歌歌手

アーティストを知るのは音楽番組やMVを流す番組などが有名ですが、演歌歌手を音楽番組で見る機会は近年減少傾向にあり、まして演歌歌手のMVが流れる機会はまずありません。 このため、紅白歌合戦で演歌歌手、演 …

クラブミュージックにハマるきっかけとなったアーティスト

クラブミュージックとは、その名のとおり、クラブで流される音楽ジャンルのことを指します。 クラブで流される音楽は、DJがレコードやCDの音源をミックスさせて作り出されるものです。

1980年代の代表的なテレビドラマとは?

皆様はテレビドラマと聞いてどの様な作品を思い起こすでしょうか。 一昔前よりかは視聴出来るテレビドラマが国内外を問わなくなってきている為、真っ先に海外ドラマを思う方も多いと思います。 今回はテレビドラマ …

楽天モーションウィジェット