自転車関係の仕事をしたい人にピッタリの資格:自転車安全整備士

自転車安全整備士の資格は、自動車整備士の資格と比べますと、優しい受験内容になっています。

自動車を整備できる人であれば、受験のための実技や学科試験への対策も、コツコツ勉強すれば、資格取得を実現できるでしょう。

スポンサーリンク

資格を取得したいと思ったら

受験するための願書の申し込みは、受付期間が5月下旬から6月上旬頃となっています。

近年自転車を楽しむ人が増加傾向にあり、ブームとなっています。

通勤や通学に使用したり、お買い物の足として乗ったり、レジャーとしてサイクリングを楽しんだりです。

そのようなブームの中で、自転車安全整備士の需要も増えてきています。

安全性がある自転車を使用することは、自分の命も他人の命も守ることになります。

自動車ほどではないですが、こげばスピードが出ますので、壊れていない安全な自転車に乗ることがとても重要になってきます。

自転車安全整備士は、プロの腕があると認められた資格になっています。

資格を取得しておけば一生仕事をしていくために役立つので、取得して損になることはありません。

受験費用も高くないので手軽に受験できます。

自転車を触ったり見ることが大好きで関わる仕事を希望している方は、是非とも取得して頂きたい資格です。

自動車整備ほど難しくないので、趣味が好じてプロを目指したいという人にもおすすめの資格です。

自転車安全整備士はどのような資格なのか?

自転車安全整備士とは、点検・整備及び、交通安全の指導もできる人になるための資格です。

仕事の内容としては、自転車の点検と整備をし、安全性が確認できた自転車には、「TSマーク(傷害保険・賠償責任保険付)」を貼ります。

TSマークが添付されている自転車であれば、安全だなと自分も他の人も簡単に確認することができ、安心だと判断するために役立ちます。

TSマークは、自転車安全整備士資格保持者のみが合格の自転車に付けることができます。

自転車安全整備士の資格を取得しておくと、仕事上有利になる職種としては、サイクル専門店や大型スーパー店にある自転車販売部門の店員などです。

資格を認定している団体は、公益財団法人「日本交通管理技術協会」です。

受験資格としては、年齢は18歳以上で、自転車の安全利用に関しての指導及び、点検整備について2年以上の実務経験をもっていることです。

試験の実施は年1回で、毎年8月頃に行われています。

受験費用は18,900円となっています。

受験費用は比較的高くないので、手軽にチャレンジできます。

自転車安全整備士になるための受験問題の内容

自転車安全整備士になるための試験内容は、実技と学科・面接になります。

実技の試験内容は、点検と整備の技術です。

指定された新車のスポーツタイプかマウンテンバイクを7分組の状態より分解して、分解の後組立を行います。

部品や組み立ての知識をきちんと身につけていれば、すばやく分解して手順通り、焦ることなく組み立てられるでしょう。

実技試験は、分解し組み立てるための工具一式が必要になってきます。
指定された自転車一台も用意しなければいけません。

学科試験では、自転車の構造と機能に関わる知識や、自転車の点検整備に関しての知識、自転車を安全に利用するため指導する知識が出題されます。

学科試験については、試験対策のための教材及び問題集がありますので、試験までに勉強をしておけば大丈夫です。

日本交通管理技術協会のWEBサイトより、購入することも可能です。

過去出題された問題と解答を閲覧することもできます。

対策のための問題集と、過去の出題を解けば、試験も安心して受けることができるでしょう。

自転車安全整備士の合格率は?

気になる自転車安全整備士の合格率はどれぐらいでしょうか?

最近の合格者のデータに基づきますと、合格率は70%となっていて、比較的合格する人が多い傾向です。

実技試験のために何度も自転車を分解し組み立てて、学科試験に対しては沢山の問題集を解答して勉強しておけば、合格できる人が多いと言えます。

実技については、減点方式での審査になっています。
減点数の合計が30点以下の人は合格がもらえます。

ですが必須項目がクリアになっておらず、未完成の審査内容が、一つでもある場合は、不合格になってしまいます。

学科試験は100点満点中、70点以上あれば合格になります。

面接については約5分という短い時間で、A・優秀、B・良好、C・安全整備士として適格性を欠くの、3段階に分けて評価をします。
総合評価をして、AかBで合格になります。

面接の内容としては、質問に対して理解度があるのか、安全利用について指導や助言力があるのか、面接での言葉使いや姿勢態度などを見ています。

不合格になった場合でも、翌年に再受験ができるようになっています。

最後に

自転車安全整備士はその気になれば誰でも手軽に資格取得受験ができるという印象を持っていただけたのではないでしょうか?
男性だけでなく女性の受験者も多い、将来において仕事や就職に役立つ資格となっています。

公益財団法人 日本交通管理技術協会

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 民間資格
-

関連記事

医療系の資格:歯科技工士になるには

歯科技工士は、患者さんのための人工の歯を専門としてつくる医療技術職です。 歯は体の一部であり、歯の健康のためにも必要な仕事です。

秘書はどんな仕事?未経験でも働ける?

事務系で人気の職種の1つに、秘書があります。 主に、上司をサポートする仕事になりますが、会社によって仕事内容には幅があります。 一般事務や営業事務として働き、秘書業務を兼務する場合もありますし、専属の …

経理事務の仕事に就きたい人におすすめの資格

経理事務の仕事は、お金が関係する重要な仕事であり、間違いはあってはならず、慎重さなどが求められます。 経理事務を目指す場合、どのような資格を取るべきなのか、おすすめは何かなどを知り、仕事を見つけたいと …

海で仕事をしたい人にピッタリの船舶関係の資格:機関当直3級海技士(機関)

海技資格には船舶の部位によって、いろいろな資格があります。 主だったものでは船長・航海士に必要な海技士(航海)と、機関長・機関士に必要な海技士(機関)とがあります。 それぞれ1~6級のランクに分かれて …

ニッチな外国語の資格:ギリシャ語能力検定試験

ギリシャ語学習の習熟度をはかれるものとして、ギリシャ語能力検定試験があります。

楽天モーションウィジェット