JリーグのJ1とJ2の入れ替えの仕組みはどうなっている?

2017年のJリーグが開幕して、各チームがそれぞれの目標に向かって、毎試合熱い戦いを繰り広げています。

リーグ戦も終盤になると、優勝争いが白熱すると同時に、J1の下位チームの降格争いも激しい争いを毎年繰り広げています。

スポンサーリンク

J1チームは下位3チームが自動降格する

J1とJ2との入れ替えは、その年によってルールが変わってきていますが、現在ではJ1に所属する全18チームのうち、年間総合順位が下位3チームの16位から18位が、基本的に自動降格する仕組みとなっています。

J2との入れ替え戦は行われませんので、リーグ戦1年間の順位で降格か残留かが決定します。以前はファーストステージ、セカンドステージと別れていましたが、2017年からは1年間通したリーグ戦となりました。

年間順位の決め方は、リーグ戦が終了した時点での、年間勝ち点が多い順に順位を決定していきます。仮に年間勝ち点が同じチームがあった場合は、得失点差、総得点数、当該チーム間の対戦成績、販促ポイント、抽選といった順番で、優位な方が上の順位になります。

一般的にほとんどが勝ち点が同じ場合は得失点差で決まり、それ以降まで同じことはほぼありません。J1からJ2に降格するチームは3チームが原則ですが、例外としてJ2からJ1に昇格するチームが、J1のライセンスを付与されていない場合があれば、繰上とならず昇格チームは2チームのみとなります。

そうすると、J1で16位のチームは降格とならずJ1に残留となります。ただしこのパターンはかなり例外なので、実現の可能性はほとんどありません。

よって、J1からは年間順位の下位3チームがJ2に降格すると考えて間違いありません。

J2チームは上位2チームが自動昇格、3位から6位はプレーオフで決定

J2リーグの昇格チームの決定については、J1と異なります。J1は、年間順位下位3チームが自動降格するのに対して、J2はプレーオフ制度を導入しており、より多くのチームにJ1昇格の可能性があります。

まずJ1に昇格する自動昇格については、年間勝ち点の多い上位1位と2位の2チームとなります。順位の決め方には、J1同様に年間勝ち点の多い順、勝ち点が同じ場合は得失点差や総得点数などで決まります。

そして、J2の最大の特徴でもあるプレーオフ制度ですが、これはJ2のリーグ戦が全て終了した後に、年間総合順位が3位から6位の4チームが、トーナメント形式で試合を行います。

このトーナメントの優勝チーム1チームが、J1に昇格します。プレーオフは、年間順位の3位と6位、4位と5位が順位が、上のチームのホームスタジアムで90分間試合を行います。90分で決着がつかない場合は、延長戦は行われずに順位が上のチームが勝利となり、決勝に進みます。

これは、年間勝ち点が上のチームが有利となるような仕組みとなっています。決勝戦も、勝ち上がった2チームが戦います。こちらも90分間で決着がつかなければ、順位が上のチームが優勝となりJ1に昇格します。

ただしJ2の全チームがJ1に昇格できるわけではなく、Jリーグ規定でJ1に昇格するには、スタジアムや観客動員数など一定の条件を満たして、ライセンスの取得が必要となります。

ライセンスのないチームは、仮にJ2で優勝してもJ1に昇格はできません。そうした場合、順位の繰上は行われず、残ったチームが昇格やプレーオフを戦うという仕組みになっています。

過去のJリーグは入れ替え戦もあった

2017年現在のJリーグでは、J1は3チームが自動降格して、J2は2チームが自動昇格、残り1チームがプレーオフで決まるという仕組みになっています。このため、J1とJ2のチームが直接対決することはありません。

しかし過去には、2004年から2008年までは、J1の16位とJ2の3位が直接対決して、その勝者が翌年のJ1で戦うという入れ替え戦を実施していました。

試合は、ホームアンドアウエー方式で2戦行われ、2戦で勝ちの多いチームが勝利となります。勝ち数が同じ場合は、得失点差やアウェーゴール方式、それでも決まらない場合は、延長戦やPK戦で決めていました。

Jリーグの活性化やチーム数の増加により、2008年以降J2のチーム数が18チームになったことに伴い、入れ替え戦は廃止され、J1とJ2は自動昇格、自動降格となりました。

しかし昇格、降格をかけた争いということで、両チームとも非常に盛り上がる試合となっており、入れ替え戦を復活してほしいと声を上げるサポーターも少なくありません。

一方J2のプレーオフに関しては、現在も行われていますが批判的な声もあります。J2で6位のチームがJ1に昇格できるためチャンスは広がっているのですが、J1とのレベル差が開いており、昇格した翌年のJ1で勝ち点を積み上げることが出来ず、断トツで最下位という事態が発生しているためです。

J1とJ2の昇格と降格をどのようにしていくか、単純なスタジアムの集客だけでなく、Jリーグをどのようにレベルアップさせて、永続的に発展させていくかという視点で、委員会だけでなくサポーターも一緒に考えていくことが重要となります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-スポーツ
-, ,

関連記事

フィギュアスケートのジャンプの種類は6種類|サルコウ

冬季のスポーツとして思い浮かぶ競技に、フィギュアスケートがあります。 とても華麗で美しく、難しいジャンプをいくつもこなすその演技には、多くの方が魅了されてきた事でしょう。 そこで、フィギュアスケートの …

地元愛が熱くする!?川崎フロンターレを応援してます!

神奈川県川崎市を本拠地とする、川崎フロンターレ。J1リーグに所属する、プロサッカークラブです。ホームスタジアムは、等々力陸上競技場で、収容人数は約2万7000人になります。 現在はスタジアムの改修工事 …

フィギュアスケートのルール:男子シングルのショートプログラム

フィギュアスケート、男子シングルのショートプログラムには様々な規定があります。 フリーとは違い、規定にそった技の要素を必ず入れなければなりません。

心と体を鍛えて護身術にもなる?柔道で学ぶ武道の世界

武道というのは体だけでなく精神的なことも学べるスポーツです。 特に柔道は礼に始まり礼に終わるという対戦相手を敬うという競技になります。

地元愛が熱くする!?横浜F・マリノスを応援してます!

横浜F・マリノスは横浜市を地元とする、フットボールチームです。 前身は日産自動車サッカー部で、1972年に創部されました。1979年に、日本サッカーリーグの1部に昇格しました。

楽天モーションウィジェット