地元愛が熱くする!?川崎フロンターレを応援してます!

神奈川県川崎市を本拠地とする、川崎フロンターレ。J1リーグに所属する、プロサッカークラブです。ホームスタジアムは、等々力陸上競技場で、収容人数は約2万7000人になります。

現在はスタジアムの改修工事が進んでおり、完成すると3万人の収容人数になる予定です。

スポンサーリンク

川崎フロンターレのクラブ情報と歴史

チーム名のフロンターレはイタリア語で、「正面の」や「前飾り」といった意味。クラブ情報によれば、最前線で挑戦を続ける精神、正面から正々堂々と戦う姿勢を表しています。

チームの創設は1955年で、富士通サッカークラブとして創部されました。Jリーグに参加したのは1997年、それからわずか3年で、J1リーグに昇格を決めました。

その理由として、チームはJ2にいる時期から、積極的な補強をはかり、チーム力の増強に取り組みました。J1に昇格してからもその姿勢は変わらず、1年目のオフシーズンには、日本代表の鈴木隆行選手や森山素行選手など、積極的な補強をはかります。

しかし、チームは低迷。J1リーグのファーストステージ、セカンドステージ共に苦戦が続いて、最終的には降格してしまいました。そこから長いJ2生活が始まります。

J1リーグに復帰したのは2005年シーズンから。2004年に関塚隆が監督に就任し、攻撃的なチームに生まれ変わりました。関塚監督の時代は、J1リーグで安定して活躍するだけでなく、強豪チームの一つとして飛躍しました。

この時代には2006年シーズン、2008年シーズン、2009年シーズンの3回に渡って、リーグ2位の成績を残しています。優勝まであと一歩のところにあり、今年こそは優勝を狙っています。

川崎フロンターレの魅力はJ1リーグ最高の攻撃陣

川崎フロンターレのプレースタイルといえば「超攻撃的」と称される、強力なアタッカー陣が特徴です。

チームの土台を作ったのは、上述の関塚隆監督で、関塚体制の初期の攻撃陣は、我那覇和樹選手とブラジル人フォワードのジュニーニョ選手のツートップと、中村憲剛選手のトップ下で形成されていました。

この年は、一時J1リーグ首位に立つなど、川崎フロンターレが注目された時期です。クラブ情報によると、ジュニーニョ、我那覇、谷口、中村各選手がそれぞれ二桁得点をあげ、チームは総得点で84得点をあげて、リーグ一位となりました。

我那覇和樹選手がチームから離脱した2007年シーズンは、ジュニーニョと北朝鮮代表の鄭大世(チョン・テセ)が2トップを形成し、トップ下の中村憲剛選手がゲームメイクを担当しました。

この年も攻撃陣は爆発し、新加入の鄭大世選手は12得点をあげ、ジュニーニョ、中村各選手も活躍して、2年連続のJ1リーグ最多得点を記録します。

2008年には、のちにブラジル代表になるフッキ選手がチームに復帰しますが、すぐに東京ヴェルディに移籍してしまい、ジュニーニョ、鄭大世、フッキ各選手の夢のスリートップは実現しませんでした。

この年は優勝争いをしましたが、終盤に痛恨の連敗を喫してしまい、関塚監督はこの年で退任し、高島勉監督体制に移行しました。

2013年には、ヴィッセル神戸から大久保嘉人選手を獲得し、大久保選手は3年連続の得点王となるなど、フロンターレの攻撃陣を引っ張りました。

このように、フロンターレには常に優秀なフォワードが在籍し、スタジアムでは多くのゴールを期待できます。

川崎フロンターレ悲願の初優勝へ、戦力は充分

攻撃陣を引っ張ってきた大久保選手は、FC東京に移籍してしまいましたが、脇を固める選手たちにも厚みが出てきました。ただ、やはりキーマンになるのは中村憲剛選手でしょう。

中村選手は中盤の選手で、守備的ミッドフィルダーやトップ下を務めています。2012年のシーズンからキャプテンも務め、現在はチームの精神的な支柱でもあります。

プレースタイルはシュート、長短のパス、ドリブル、守備力など中盤が求められる多くの能力を、高水準で兼ね備えた選手で、なかでも得点力は特筆すべきものがあります。

毎シーズン二桁得点が期待できる選手は、世界でも少ないでしょう。2016年には、JリーグMVPを獲得し、36歳でありながらキャリアの最盛期を迎えています。

今シーズンのフロンターレは、中村選手を中心にチームが構成されるはずです。フォーメーションは、4ー5ー1や4ー4ー2を基本とし、守備は3バックも試されています。攻撃面は二人のウインガーのサイド攻撃によって、いかに中村選手やフォワード陣が、フリーになって攻撃に参加できるかが鍵になるでしょう。

もう一人の司令塔である森谷選手は、成長著しい選手で、五輪代表の大島選手も、飛躍が期待されます。中村選手、森谷選手、大島選手のトライアングルの出来も、チームの浮沈を左右しそうです。

2016年にリーグ創設20周年を迎えた川崎フロンターレ。

例年、タイトル獲得を目標として掲げていますが、これまでに獲得したタイトルは2回のJ2優勝だけです。

しかし、常にJ1優勝を目標に攻撃的なチーム作りを行なっており、着実にチーム力は上がってきています。

今年こそ、悲願の優勝があるかもしれません。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-スポーツ
-,

関連記事

ヨガで健康的にダイエット!効果が出る期間は?

ダイエットを行う場合、食事によるカロリーコントロールと運動による脂肪燃焼が基本的なもので、これらを続けていくことによって健康的なダイエットを行うことができます。 食事だけを極端に制限してしまうと、痩せ …

地元愛が熱くする!?FC東京を応援してます!

FC東京は1935年に発足した東京ガスフットボールクラブが前身ですから、戦前からサッカーに携わってきた由緒あるチームと言えます。 その後、1992年のJ1リーグ開幕年にはJFLに加入したのですが、19 …

フィギュアスケートの基礎知識:スケート靴の基本

フィギュアスケートで履くスケート靴は、大きさや形状などが決まっており、すべてオーダーメイドとなっています。

フィギュアスケートのスピンの3つの基本姿勢|アップライト系スピン

フィギュアスケートにおいて、スピンは象徴的な技のひとつです。 アイスショーでも競技大会でも、スピンの場面では拍手が沸き起こり、ひとつの大きな見せ場となります。 アイスショーの演技内容は自由ですが、競技 …

プロ野球・不滅の記録は?|シーズン最多安打

プロ野球の、シーズン最多安打を見ると、216安打というのが最多となります。 この記録を達成したのが、西武ライオンズの秋山翔吾選手です。

楽天モーションウィジェット