地元愛が熱くする!?セレッソ大阪を応援してます!

セレッソ大阪が発足したのは、1993年のことです。

発動機メーカーであるヤンマーディーゼルのサッカー部を母体としていて、1994年のジャパンフットボールリーグで優勝したことによって、1995年からのJ1リーグ昇格が認められました。

スポンサーリンク

Jリーグにおけるセレッソ大阪の歴史

J1リーグに昇格してから、数年は不安定な戦いが続き、下位に低迷していました。監督も頻繁に交代するなどクラブ全体の落ち着きがなく、1998年にはジュビロ磐田相手に8点差という大差を付けられて敗れるなど、不名誉な記録も作っています。

しかし、2000年頃から上昇気流に乗り、2000年のJ1リーグファーストステージでは優勝まであと一歩のところまで迫り、翌年の天皇杯でも準優勝という結果を残しています。

一方で、この年はリーグ戦が不調でJ2リーグ降格が決まってしまうなど、波乱に満ちたシーズンでした。2002年はJ2リーグで戦うことになったものの、自国開催となったワールドカップには、二人の日本代表選手を送り出して、存在感を示します。

リーグ戦の順位も2位となり、1年でのJ1リーグ復帰を成し遂げました。 2003年からは、セレッソ大阪にとって浮き沈みが激しい時期になり、2003年には天皇杯準優勝、2004年は最終節でJ2降格を回避、2005年は最終節で勝てば優勝という状況で、アディショナルタイムに失点して引き分けで終わり、2006年には一転して下位に沈みJ2リーグ降格が決まりました。

再びJ1リーグに昇格するのは2010年ですが、2014年にはワールドカップ得点王のフォルランや、日本代表のエース候補と評されていた柿谷曜一朗を擁するもJ2降格となり、2017年からJ1リーグに復帰するという、ジェットコースターのような慌ただしさでした。

セレッソ大阪から巣立った選手たち

波乱に満ちたセレッソ大阪の歴史ですが、そんな中でも日本を代表する選手たちを、次々と輩出しているのが、セレッソ大阪の特徴でもあります。

日韓ワールドカップのメンバーには、森島寛晃と西澤明訓という当時のスタープレイヤーがいて、特に森島寛晃は現在でもセレッソ大阪のレジェンドとして、尊敬されています。

チームのエースナンバーが8番になったのも、森島が8番を背負っていたことが理由です。ユースチームから続々と、日本代表選手が輩出されていることでもよく知られています。

トリッキーなプレイで、天才と称されるフォワードの柿谷曜一朗と、労をいとわぬ献身的なプレイで日本代表の中盤を支える山口蛍は、2014年のブラジルワールドカップに出場しています。

ユース出身では無いものの、香川真司や清武弘嗣など現在の日本代表の中核を担う選手たちも、若い頃にセレッソ大阪に移籍して才能が開花しました。他にも大久保嘉人や扇原貴宏などが、セレッソ大阪から巣立っていった選手たちです。

また、セレッソ大阪の前身であるヤンマーディーゼルサッカー部では、現在も語り継がれるレジェンドの釜本邦茂が活躍していました。

釜本は、日本代表として歴代トップの75得点を記録しているエースストライカーで、メキシコオリンピックでは銅メダルを獲得すると同時に、得点王にも輝いています。

セレッソ大阪は、何人ものスター選手を輩出していますが、釜本は最初のスターだと言えます。

クラブのオフィシャルウェブサイトには、ユースチームのクラブ情報も掲載されているので、将来の日本代表を担う選手を探してみましょう。

セレッソ大阪の試合はサッカーを楽しめる

セレッソ大阪のホームスタジアムは、長居球技場です。ネーミングライツによって、キンチョウスタジアムと名付けられたスタジアムは、2010年に改修工事が実施され、近代的なスタジアムに生まれ変わりました。

ピッチと客席との距離が非常に近く、最前列に座れば選手たちが指示を出す声はもちろん、ボールをキックしたときの音や、選手同士が競り合う音まで聞こえるほどの臨場感が楽しめます。

今後も改修予定があり、防災拠点としても活用できる4万人規模のスタジアムになる予定です。そんなスタジアムで行われるセレッソ大阪の試合は、サポーターだけではなく、サッカーファンなら誰もが楽しめる展開になります。

伝統的に攻撃を重視したサッカーを志向していて、華麗なパスワークに加えて、相手を惑わすトリッキーなプレイや、ドリブル突破などの個人技でもスタジアムが沸き立ちます。

ゴールシーンが生まれる機会も多いため、特定のチームを応援していなくても、楽しめるのがセレッソ大阪のサッカーです。

クラブのオフィシャルウェブサイトは頻繁に更新されていて、選手のプロフィールや試合日程はもちろん、地域貢献活動の詳細も記載されているなど、クラブ情報が分かりやすくまとまっています。

クラブ情報のなかでも特に充実しているのが、試合のレビューで、試合経過だけでなく、監督のハーフタイムコメントや選手たちのコメントまで掲載されているため、監督や選手の心情まで分かるという、サポーターにとっては必見の情報になっています。

コメントを読んでから試合を見返すことで、サッカーのことがより深く理解できるようになります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-スポーツ
-,

関連記事

ランドデビューまでに準備しておきたいゴルフ用品|ゴルフシューズ

ゴルフに初めてチャレンジしようとするゴルフ初心者の場合、プレーするために必要となる、様々なゴルフ用品を揃えなければなりません。 練習場でとりあえず練習を重ねる場合でも、ゴルフクラブやゴルフシューズは最 …

地元愛が熱くする!?柏レイソルを応援してます!

千葉県柏市をホームタウンとする柏レイソルは、前身の日立製作所サッカー部からカウントすると、80年近い歴史を誇る古豪でもあります。 チーム名のレイソルは、スペイン語で太陽王を意味し、キャラクターも太陽を …

プロ野球・不滅の記録は?|通算セーブ数

元々セーブという概念が生まれたのは、1960年と言われています。 救援専門のある選手が、18勝したのはいいものの、そのほとんどがリードを守り切れず、先発投手の白星を消し、結果として勝利投手になったとい …

甲子園を目指して!甲子園大会は春と夏でどう違う?

野球観戦が好きな人にとっては、毎年テレビで放映されている高校野球を見るのも、季節ごとの楽しみなのではないでしょうか。 日本各地の高校生が参加できる硬式野球の大会は、毎年春と夏の二回開催されています。 …

山の食事|パーティ(複数人数)なら

登山は、山頂に到達した時の達成感というのが最大の魅力ですが、山頂やその途中で食べる食事というのもまた魅力的なものです。 魅力的なものであると同時に、食事というのは登山をする上で非常に重要なものであり、 …

楽天モーションウィジェット