地元愛が熱くする!?清水エスパルスを応援してます!

清水エスパルスは、サッカー王国の静岡にあるプロサッカーチームです。

本拠地は静岡県の静岡市にあります。ホームスタジアムは、約2万人を収容できるIAIスタジアム日本平スタジアムです。

スポンサーリンク

清水エスパルスのクラブ情報を見てみる

エスパルスというチーム名は、静岡県とサッカー、清水の共通の頭文字であるS(エス)と心臓を意味するPulse(パルス)に由来します。

エスパルス(心臓の鼓動)という言葉で、サッカーを愛する県民や、市民の胸の鼓動や高鳴りも表現しています。クラブカラーはオレンジです。これは静岡県の名産である、ミカンのカラーを用いています。

フレッシュでテクニックに秀でたチームのプレースタイルと共に、とても爽やかな印象を与えるチームです。

日本のサッカークラブと言えば、企業が親会社になっているケースが多いですが、実は清水エスパルスは、そういった企業の母体を持たない唯一のサッカークラブとして誕生しました。

そのため、地域との繋がりが密接で、ファンサービスに定評があり、市民の豊かな生活を応援するような事業を展開しています。サッカークラブの運営だけでなく、市民大会への協賛や地域行事などへの参加も、クラブの大切の事業です。

清水エスパルスは、1993年のJリーグ発足から参加する古豪のチームですが、クラブ情報を見てみると、実はまだJ1リーグでの優勝はありません(セカンドステージの優勝はあります)。

カップ戦の優勝も一度と、ライバルのジュビロ磐田の後塵を拝しています。そのためか、エスパルスは、ジュビロ磐田に並々ならぬ対抗意識があり、両者がぶつかる静岡ダービーは、大きな盛り上がりをみせます。

静岡ダービーは屈指の盛り上がり

清水エスパルスのクラブ情報として欠かせないのが、ダービーマッチです。

ダービーマッチとは、同じ地域のチーム同士で行われる試合のことで、海外ではイギリスのマンチェスターを拠点とする2つのチーム、マンチェスターユナイテッドとマンチェスターシティの「マンチェスターダービー」、イタリアではミラノを拠点とするACミランとインテルミラノの「ミラノダービー」などが有名です。

ダービーマッチは、お互いのプライドがぶつかり合う熱い試合になることが多く、J1リーグ戦の中でもひときわ注目を集めます。

ダービーの結果が、その後のチームに与える影響は大きく、ダービーを制すると、その後のシーズンが好調に繋がることも多く、ただの1試合ではない価値があります。

チーム同士の応援合戦も見ものです。もしかするとシーズンで一番の盛り上がりを見せる試合になるかもしれません。

日本でもっとも有名なダービーマッチといえば、静岡ダービーでしょう。静岡をホームタウンとするチームは、清水エスパルスの他に、静岡県磐田市にあるジュビロ磐田があります。

ダービーが始まったのは、J1リーグが創設される前の、日本サッカーリーグ時代に遡り、J1リーグ発足以降も何度も名勝負を繰り広げてきました。いわば伝統の一戦。

ジュビロ磐田は、J1リーグの強豪として知られる強いチームですから、ダービーマッチはいつも死闘になります。対戦成績は、清水エスパルスの17勝5分22敗と若干水をあけられていますが、試合はいつも盛り上がり、優勝争いが絡むシーズンには、ダービー戦のチケットは入手が困難になることもあるほどです。

若手主体のチーム編成で上位進出を狙う

静岡県は、サッカー王国と呼ばれます。県内にはサッカーの強豪校が多く、静岡県出身のプロサッカー選手は非常に多くいます。

そのため、静岡県を本拠地とする清水エスパルスには、地元出身の有望株が集まる環境にあります。近年のシーズンからエスパルスは、若手主体のチーム編成に変わっており、とてもフレッシュなチームになりました。

登録選手の中には、10代の選手も見られて、20代の選手も非常に多くいます。ベテランが多いゴールキーパーの中でも、極端に若いのが高木選手です。落ち着きがあり、かつピンチにはアグレッシブに対応できる、若手の注目株です。

ディフェンダーにはユースから昇格した立田選手、ドリブルが得意なサイドバックの松原選手などがいます。フォワードも、人材は豊富です。北川選手は、期待の若手ストライカー。スピードと正確性で、今年は二桁得点を期待できます。

金子選手は運動量が多く、前から積極的にプレスをかけられる選手です。まだ鄭大世(チョン・テセ)選手のバックアッパーとしての起用が多くなるかもしれませんが、期待の秘密兵器として試合をかき回してくれそうです。

そして最注目なのが、エースナンバーの10番をつける白崎選手。まだ23歳と若い選手ですが、創造性のあるプレーで一気にチームの顔になりました。

ファンタジスタタイプでありながら、攻撃に守備によく走れる選手で、まさにチームの要といえます。イケメンの選手ですから、女性人気も高い選手です。

今年の活躍次第では、日本代表入りもあるかもしれません。

今年のエスパルスは、若手のエネルギーと持ち前の攻撃力を生かして上位を狙います。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-スポーツ
-,

関連記事

ゴルフ初心者の練習法!ゴルフクラブの握り方(グリップ)

ゴルフ初心者がゴルフの練習をするときには、握り方すなわちグリップを覚えるところから始めることが大切です。 レベルに合わせて、様々なグリップを試すのは悪いものではありませんが、ゴルフ初心者は、最初に正し …

ゴルフの基本知識:ゴルフの基本マナー「グリーン上でのマナー」

グリーンは、ゴルフコースの中で一番芝が短く刈られている場所であり、その中にカップが存在します。 カップにボールを入れて、そのホールを上がることができます。短く刈られているということは、それだけきれいに …

水泳の基礎知識:4つの泳ぎ方 ~ 背泳ぎ ~

水泳には、泳ぎ方が4つあります。最も簡単で単純な動きをするのが、クロールです。

甲子園を目指して!高校野球に年齢制限はある?

  毎年8月の夏の風物詩として、野球ファンにとって待ち遠しい大会が、16歳から18歳の野球部に属する高校生が、たった一つの頂点を目指す夏の甲子園です。 夏の甲子園は、各都道府県から1校ずつと、北海道と …

ゴルフ初心者の練習法!ゴルフクラブの打ち方(パター)

ゴルフでパターを上達させたいなら、まっすぐボールを打てるようになる必要があります。

楽天モーションウィジェット