地元愛が熱くする!?ヴィッセル神戸を応援してます!

ヴィッセル神戸は、兵庫県神戸市を本拠地とするプロサッカークラブです。前身の川崎製鉄水島サッカー部は、1966年に創部されました。

1995年に現在のチーム名となり、J1リーグに加盟したのは1997年です。

スポンサーリンク

クラブ情報から知るヴィッセル神戸

チーム名の「ヴィッセル」という名前は、船を意味するVesselと、勝利を意味するVictoryを合わせた造語で、クラブ情報によると「勝利の船出」「勝利の船」という意味が込められています。

これは、ホームタウンの神戸の象徴である神戸港をモチーフにしています。ヴィッセル神戸のクラブカラーは、クリムゾンレッド、マスコットは神戸牛をモチーフにしたモーヴィです。

ホームスタジアムは、3万人の収容人数を誇る御崎公園球技場(ノエビアスタジアム神戸)です。2002年の日韓FIFAワールドカップの開催の為に、建設されました。

サッカーだけでなく、ラグビー競技にも転用でき、サッカーフィールドの外側には、人工芝のピッチが広がっています。開閉式の屋根を備えているスタジアムでもあり、雨の日も濡れずに観戦できます。

過去に在籍した選手には、デンマーク代表のミカエル・ラウドルップ、ブラジル人選手のビスマルク、トルコ代表のイルハン・マンシズ、カメルーン代表のパトリック・エムボマなど、国際的に有名な選手が多く在籍しました。

監督もハシェック、バクスター、フローロと国際色豊かで、これも国際港として有名な神戸の街だからこそかもしれません。

日本の選手には、日本代表で活躍した宮本恒靖選手や大久保嘉人選手、そして「キングカズ」の愛称で知られる三浦知良選手も過去在籍しました。

震災と復興とともに歩んだヴィッセル神戸

ヴィッセル神戸が現在のチーム名となり、新たに出発したのは1995年ですが、この年は阪神淡路大震災が起こった年でもあります。震災に見舞われた神戸では、ヴィッセル神戸も大きな影響を受けることになりました。

実は、地震が起きた1月17日はヴィッセル神戸にとって練習の初日でした。震災の影響から、ヴィッセル神戸を支援するスポンサーが撤退したことで、新たにスポンサーを探すことになり、この年はホームタウンの神戸で試合を開催することもできず、岡山県のいぶきの森競技場で試合は行われました。

試合もままならない状況が続く中で、選手たちは懸命に頑張り、そのクリーンなプレーは、Jリーグで史上初となる高円宮杯(フェアプレー賞)を獲得します。

けれどもメインスポンサーが見つけられなかったことによって、チームは赤字状態が続き、さらにスポンサーが撤退してしまう事態にもなりました。

1997年にはJ1リーグ昇格を果たしますが、事態が好転し始めたのは、震災から約10年後の2004年のことで、ようやくメインスポンサーが見つかりました。

イワン・ハシェック監督を招聘し、イルハン・マンシズ、パトリック・エムボマ、平野智行選手など大物の選手たちを獲得できるようになります。その後、J2リーグで戦い、2007年からJ1に昇格しました。

2007年以降はJ1リーグに定着し、2013年に一度J2に転落しますが、その翌年には復帰して、神戸のファンたちを喜ばせるサッカーを展開しています。

順位も上向いているので、そろそろタイトルの獲得が待ち望まれているようです。

クラブ情報からみる2017年の展望

2016年シーズンは、チームの中心選手だったチョンウヨンと森岡亮太が移籍したことで、苦戦が予想されましたが、それがチームをまとめる結果になり、J1リーグ7位と善戦しました。

優勝した鹿島アントラーズとの差は、勝ち点4と僅差で、今シーズンは優勝を狙えるかもしれません。2016年に加入した藤田選手は、ウヨン選手が抜けた穴を埋める活躍をし、相馬選手や渡辺選手も活躍しました。

チームのキープレーヤーは、フォワードのレアンドロ選手でしょう。ブラジル出身の点取り屋で、2007年から移籍を挟んでプレーしています。ドリブルがうまく、裏への飛び出し、決定力を備えた選手です。

40試合で20得点以上をあげ、2試合に1点は決めてくれる頼れるフォワードです。そのレアンドロ選手とコンビを組むのは、ペドロジュニオール選手です。

足元の技術に優れ、テクニックとスピードを兼ね備えた選手で、周囲を生かすこともできます。レアンドロ選手とペドロジュニオール選手はお互いの長所は伸ばし、足りない部分は相互補完する形で、理想のツートップが作られています。

現在、二人のコンビネーションはリーグ屈指との評判も聞かれます。このほかに、渡辺選手や村松選手など、ドリブルが得意な選手を多く揃えているので、ヴィッセル神戸はJ1リーグの中でも有数のテクニシャン集団だと言えます。

その分、個人突破に頼りがちな面がありますが、レアンドロ選手とペドロジュニオール選手のようなコンビネーションが、チーム全体で発揮されてしまえば、とても強力なチームになるでしょう。

パサーとなる、藤田選手や三原選手の出来にも注目が集まります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-スポーツ
-,

関連記事

都会の喧騒から離れて…ナイタースキーの魅力

スキー好きの人であれば、毎週でもスキー場に通い、思い切り滑りたいと思っているはずです。 山の斜面を一気に滑り降りるのは気持ちいいものですし、風になったような気持になることもできます。 どんどん上達をし …

水泳が上達するための練習メニュー

水泳の上達といっても、初心者の人はクロールで泳げるようになる、痩せたい、学校でいい格好をしたい、記録会で結果を出したいなど、人によって大きく異なります。 つまり、みんなが同じような練習をすれば、それで …

山の食事|レトルト食品

アウトドアは、若い人から高齢の人まで楽しめるスポーツの一つになります。 野外の自然、空気を味わうと心身が健康になり、ストレスが解消されます。アウトドアの種別も多く、専門店ではいろんな用品が販売されてい …

スキーがなかなか上手くならない理由とは?

今年は普段、雪が降らないところでもたくさんの降雪がみられます。 寒くて外に出たくない気持ちもわかりますが、ウィンタースポーツの定番スキーで体を温めませんか? しかし、気持ちはあってもなかなか上達しない …

フィギュアスケートの国際大会を知りたい!グランプリファイナル

グランプリファイナルは、国際スケート連盟主催のフィギュアスケート大会である、ISUグランプリシリーズの決勝大会です。 フィギュアスケートをしている人は、世界にたくさんいて、あちこちでフィギュアスケート …

楽天モーションウィジェット