英語の資格が活かせる仕事:日本語教師


国際化していく現代社会で活躍するために、英語教育の重要性が叫ばれていますが、依然として日本人で英語をネイティブレベルで活用することができる人材を見つけることは難しいということが現状です。

もし、あなたが努力を積み重ねた結果、英語を習得することができているのなら、その努力が本当に報われる形で社会で活躍すべきだとは思わないでしょうか。

社会でその能力を発揮する一つの方法として、「日本語教師」として働くという選択肢があります。

スポンサーリンク

日本語教師で英語スキルが活かせる

頑張って英語の勉強をして資格まで取得したのに、どうして日本語教師なんだろうかと疑問に思う方も多いかもしれません。

しかし、日本人であり日本語を習得していながら、英語についても明るいという能力が日本語教師にとって求められているものなのです。

英会話教室でネイティブスピーカーの講師が教えていることも多いですね。

現在の流れでは、ビジネスや受験などの現場で役に立つ英会話を教えている講師はアメリカやイギリスから日本にやってきたネイティブスピーカーであることが多く、また、そういった講師を集めたほうが企業側もより多くの生徒を獲得できるため積極的に募集しているという現状があります。

なので、日本人が英語の資格を取得して、英会話の講師になったとしても、もともとネイティブスピーカーではなかったというただ一つの理由だけで能力を完全に発揮できないばかりか、正当に能力を発揮できない可能性までもがあるのです。

だからこそ、日本語と英語の両方に習熟しているというポイントを評価してもらうことができる日本語教師に注目が集まっているのです。

日本語と英語が活かせるポイント

日本語教師が勤務するのは、日本語教室であり、大部分の生徒は海外から日本に勉強に来ている生徒です。

それぞれの目標は、単純に自分の可能性を広げるために日本語をマスターしたいというものであったり、日本の大学で学ぶことで祖国に知識を持ち帰りたいというものであったり、日本の職場で働くために必要な日本語を身につけたいというものであったりと一人一人様々でしょう。

ですが、全員がわざわざ自分の意思で日本語学校にお金を払ってまで日本語を勉強しに来ているわけですから、非常に学習に対する意欲が強く、そういった頑張り屋さんの生徒に対して日本語を教えることは、教える側にとってもとても幸せな環境であるということが言えます。

海外から集まってきた生徒に対して日本語を教える際にとても役に立つのが、これまでに取得してきた英語の能力であり、資格になります。

資格は日本語学校に就職する場合に大きな強みになりますし、実際に英語を使用して海外の生徒とコミュニケーションをとることができるということも同様に大きな強みになります。

日本に勉強に来る学生は、海外の母国では比較的裕福な家庭で育っていることが多く、世界の共通語として英語をマスターしている方がほとんどです。

なので、日本語を学ぶ場合にも英語を基にしながら勉強を進めていくのです。

これは、日本人の学生が日本語の訳を参考にしながら学校で英語を勉強しているのと同じメカニズムです。

もし、日本語学校なのだからといって、英語はできなくとも、日本語の文法に詳しく、ボキャブラリーも豊富であり、正しい会話術を教えることができる教師ばかりを雇い入れているとどうなるしょうか。

答えは、日本語についての知識だけはたくさん頭の中に入っているが、それをどのように海外から来た学生に伝えていいかという手段が全く分かっていない教師ばかりになってしまうという問題が生じるのです。

新しく言葉を覚える場合は、その言葉に対するイメージをしっかりと持つということが重要であるため、英語と日本語の二つの言語のイメージがしっかりとできている日本語教師から日本語を学ぶことができるということは、とても素晴らしいことなのです。

二つ以上の言語に習熟し、日常生活で困らないレベルで運用することができるということは、本人が想像している以上に素晴らしい能力の一つです。

もちろん、海外で生活していたので英語はある程度理解しているといった主観的な事情だけではなく、国内で行われている各種の英語の試験を受験することにより、資格という客観的な評価を受けることが、仕事として役立てていくためには必要になってきます。

最後に

このように、英語の能力に優れている人が、努力して資格を取得した場合には、その努力がしっかりと報われる職種を選択することが重要です。

日本語教師は一見日本語を教えるという仕事なので、今まで頑張ってきた内容とは異なった職種のように見えるかもしれません。

しかし、実際には海外から日本語を学びに来た生徒に対して日本語を教える場合には、世界共通語である英語を下敷きにして学習を進めていく必要がどうしてもあるため、日本語と英語をマスターしているということが大きな強みになるということが資格を取得している方が、この業界で評価されている理由なのです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 職業・仕事
-

関連記事

超高齢化社会突入!社会福祉士の試験対策

超高齢化社会となっている現代の日本においては、高齢者の生活や健康面でのケアを行ってくれる様々な医療従事者のニーズが年々高まりつつあります。 病院で治療にあたる医師や看護師だけではなく、普段の生活の中で …

食は生きる源!日々の生活に役立つ食に関する資格「栄養検定」

「健康のためには栄養バランスを大切に」とはよく言われることですが、実際には、栄養のことなんてよくわからないという人の方が多いのではないでしょうか? 栄養が大切なのはわかっているけれども、なんとなく食べ …

年齢・性別関係なし!転職に使えるファイナンシャルプランナー資格

日本は高齢化社会となったこともあり、働き手である若い世代を中心に、雇用や社会保障についての不安が日に日に増しています。 そんな中、様々な資格や検定などを通じてスキルアップを図り、自分のキャリア形成をし …

当たり前をきちんと知る!日本語の資格「日本語教育能力検定試験」

日本語教育能力検定試験とは、日本語教員となるために学習している人や、日本の言語を教える教員として教育に携わっている人を対象に、その教育の実践に必要とされる基礎的な知識や能力が水準に達しているかどうか、 …

当たり前をきちんと知る!日本語の資格「日本実戦話力検定」

日本人なら、日本語を話せて当たり前と考える人もいるでしょう。 しかし、単純に言語として発音できるだけでは、役に立たない場面も多いです。家族や知人と話したり、買い物をしたりするなど、日常生活を送るだけで …

楽天モーションウィジェット