英語の資格が活かせる仕事:海外営業


日本の企業が自社製品を携えて海外に乗り込んで行くのは、今ではすっかり珍しくなくなりました。

昔は英語で誰かと話すときに「通訳」を介していたことは誰でも分かると思います。

しかし、昨今では通訳の人数が要求されるのではなく、実務者の英語力を問われ、どういった資格を取っているかが問われる様になりました。

いくつかの職種がこれに該当するとは思いますが、その中のメインの一つに「海外営業」と言う職種が挙げられます。

スポンサーリンク

海外営業で英語スキルが活かせる

ビジネスで英語力が重要になった経緯

そこで、先ず最初に、日本の産業構造と、英語の資格が重要になったかの経緯について述べたいと思います。

周知の様に、日本は天然資源に乏しい国ですが、勤勉な国民性と言った「人材」をベースにして、海外から資源を一旦買い取り、それを加工して工業製品として海外に輸出する事で外貨を得ていたことと言えるでしょう。

当然そこには外国人とのコミュニケーションが必要となりますから、英語力は前提となる訳です。

確かにコミュニケーションだけを考えれば、通訳と言う仕事の範囲で済むかも知れません。

そして、例えば海外に輸出する製品が信頼され、そしてサンプルのやり取りで商談が成立すれば、十分なのかも知れません。

しかし、現在では工業製品の多くに世界規模の国際規格等が適用されるようになり、製品の説明が、単なる「英語のプロ」では済まなくなってきました。

英語も重要ではありますが、それと同等に製品の知識、そしてその背景にある専門知識が必要なのです。

通訳は英語のプロではあっても、工業製品や、特定の企業の製品の情報に精通するのは非常に困難です。

すると、やはり専門の自社の海外営業部門に英語を勉強させ、エキスパート化させることが早道となり得るのです。

そんな背景から、企業の海外営業部署に対して英会話を習得させることになるのですが、この場合、海外に派遣が可能かどうかを「客観的に測定する」ことが大変に重要になり、その意味でも、「資格」をもって測るのです。

また、企業にとっても、海外に派遣し得る営業マンは非常に希少かつ貴重な戦力となるため、当然、給与と地位のレベルアップを与えます。

すると、営業マンの中でも、そのステータスを欲しがり、給与と地位のために英語の資格を求めるようになります。

この結果、「英語の資格」がもてはやされるようになったのです。

そして、そのことは、その営業マンが自分の英語力を会社側にアピールする必要性から、従業員側でも「資格」の必要性が出て来るのです。

英語スキルがあることによるメリット

次に、この海外営業の「英語力」の貴重さと、その資格の重要性について考えたいと思います。

先にも挙げた通り、日本は工業製品を海外に販売することなどにより、利益を生み出している場合が多くあります。

ところで、ここで「販売」を考えた場合、ある意味において、海外営業のセールストークによって、得る利益が異なる場合が往々にしてあります。

これは国内で営業活動を行っている営業マンにも言えることであるのですが、例えば大口で購入してもらう場合には、一定の値引きを約束したり、アフターサービスの様な付帯する特典を付けたりします。

この商習慣を海外に持って行くことができれば、よりスムーズに商談が成立し、双方とも納得の行く結果が期待できることは言うまでもありません。

そこで、英語の表現について少し述べたいと思います。

例えば相手に大口の購入を勧める場合を考えてみましょう。

この時に、海外営業担当者が相手に「買うべきだ」と「買わなければならない」といったわずかな助動詞の違いを間違えて伝えることで、相手が誤解をして、そのために商談が座礁してしまうこともあり得ます。

この時に、相手に大口購入を勧める言葉が適切であるかどうかが、時として巨額の利益の有無が決まるので、企業としては、この時の人選に細心の注意を払わなければなりません。

ですから、こういった場合のためにも「適切な英語表現を使いこなす」人材が必要なので、「資格」による評価が必要なのです。

更には、ある海外商品を、別な国に販売する「商社」のような仕事もあるでしょう。

この時に必要になるのは、「購買」の際に、「どれだけ安く仕入れるか」が、利幅確保のために重要になります。

その「安く仕入れる」あるいは「値切る」手段として、英語の重要性が出て来るのです。

購買を前提にした英語での交渉も、先に挙げた助動詞のような例があると言えます。

「私はこれだけの量を買うから、あなたはこれだけ値引きすべき」と表現するところを「値引きしなければならない」と表現を間違えてビジネスチャンスを逃すことは避けられなければならないからです。

そんな訳で、海外営業の担当者にとって、「売る」立場においても「買う」立場においても、英語力は必須のものとなり、それが「確実に自分の能力」と企業側に実証するためにも英語の資格の重要性が高まるのです。

ですから、英語の資格を取ることは、海外営業担当者と、会社側にとっても両者に益があると言えるのです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 職業・仕事
-

関連記事

海で仕事をしたい人にピッタリの船舶関係の資格:海技士(航海)

安全で効率的な漁業を行うために、漁労船を操る操船や魚を取る操業の中心的な役割を担うのが、漁労船の船長です。 船長は乗船すると、さまざまな計器を点検します。 船の位置を的確に示すGPSや、魚群探知機など …

美容やファッションに関わる資格:ファッションビジネス能力検定

ファッションビジネス能力検定は、ファッション性はもちろん、カラーコーディネーターやビジネスをしていく上で欠かせない経営学を学べます。 更に美容等の分野も網羅しているカリキュラムで、幅広く様々な知識を得 …

車関係の仕事をしたい人にピッタリの資格:中古自動車査定士

中古自動車販売店やディーラーなどで働く場合、取得しておいた方が良い資格として、中古自動車査定士というものが挙げられます。 取得しておくと仕事の幅も広がり、就職や昇進にも有利となるので自動車業界に関わり …

専門職には欠かせない!技術系の資格「火薬類保安責任者」

火薬類保安責任者は、火薬を安全に製造して保安、管理するための正しい知識と技能を持っている火薬のスペシャリストです。 国家資格で、火薬を使う現場では必ず配置する必要があるので、資格を持っていると就職や転 …

海で仕事をしたい人にピッタリの船舶関係の資格:船橋当直3級海技士(航海)

船橋当直3級海技士(航海)とは船舶のブリッジで運航の安全を確保するための資格です。 船舶の甲板の上にあるブリッジは船橋とも呼ばれます。 この資格の有資格者はブリッジで気象状況や視界、周囲の状況や障害物 …

楽天モーションウィジェット