英語の資格が活かせる仕事:秘書


自分が長年努力してきたことを仕事として活かすことができれば、人間にとってこれほど幸せなことはないです。

長い年月をかけて努力して幸運にも英語をマスターすることができ、社会からも評価されている資格を取得することができたなら、その英会話能力を活かせる仕事として「秘書」について考えてみることをおすすめします。

スポンサーリンク

秘書で英語スキルが活かせる

これまでの秘書に対するイメージは、大企業の社長の傍に立っていて、社長のスケジュールなどを管理したり、ビジネスに必要な情報を提供したり、何か困ったことがあれば社長の身の回りの世話なども担当するということが築き上げられていました。

これは、様々なドラマに登場する秘書のキャラクターの影響も大きいと考えられています。

しかし、これからの時代はグローバル化社会です。

日本国内で日本人の経営している会社との取引をしているだけでは、会社をより大きくすることは難しくなり、行き詰ってしまうことも出てくるでしょう。

海外の会社と積極的に取引をすることや、海外にも工場や現地法人を設立することが、今後の会社経営にとって重要となるでしょう。

そこで必要とされるようになったのが、英会話の能力が高く、英語でのコミュニケーションが得意な秘書の存在です。

これまでのように、日本語で仕事ができるというだけでは不十分とされる世の中になってしまったのです。

しかし、逆に考えてみると、英語の資格を取得している場合は、それが以前よりも大きく評価され、強みになる時代がやってきたということなので喜ばしいことでもあるのです。

英語資格があることによるメリット

国際化が進んできていると言われて長い日本ですが、中学や高校、大学などの教育機関で英語を勉強するチャンスは多いとはいえ、依然としてネイティブレベルで英語を扱うことができる人材は限られています。

まだまだ英語の資格を取得している人材が必要とされていることに変わりはありません。

海外で英語を使いながら暮らしていた経験がある、いわゆる帰国子女であるから英語をマスターしているというわけではなく、本当の意味でビジネスの世界で通用する英語能力を持った秘書が求められているため、客観的な指標として資格を取得しているということが大変重要なのです。

取引先との連絡一つを取ってみても、電話やメールなど英語を使ってやり取りをしなければいけない状況は数多く存在します。

電話やメールは単なる英会話とは違った難しさがあり、しっかりと勉強をしていなければ手も足も出ません。

普段の英会話とは違った言葉を使用して、円滑にコミュニケーションを行う必要があるのです。

一般人のコミュニケーションであれば、わからないことがあれば気軽に相手に尋ねたりすることができますが、ビジネスの場で取引先との応対ということになれば話は別です。

一つ一つは取るに足らないことであっても、失礼なことが積み重なることによって大事な取引がダメになってしまうというリスクがあるからです。

したがって、企業にとっては、しっかりとビジネスで必要な英語能力を身に付けているという証明となる資格を取得している秘書がなくてはならない存在なのです。

今は簡単に辞書などを使って調べればいいので、わざわざ英語能力の高い秘書はコストがかかってしまうので雇ってもらえないのではないかと不安に考えている方もいらっしゃいますが、実際のビジネスの現場ではそのような心配は無用です。

なぜなら、ビジネスの現場は瞬発力が命であり、ゆっくりと単語の意味について調べていると、大事なチャンスを簡単に逃してしまうからです。

また、資格を取得している秘書に求められているのは、日本語と英語の間の些細なニュアンスの違いについて理解しているということです。

日本語でもどのような言語であっても、その言語について詳しく学んだことがあればよくわかる些細なニュアンスの違いというものがあるので、取引先の相手の心境を細かに読み取ることが必要なビジネスの現場では、そういったことにまで理解を深めている人材が求められているのです。

最後に

このように、日本はこれからもどんどん国際化が進んでいき、日本の中で日本人の会社と取引をしているだけでは、これ以上の発展を続けていくことができなくなってきているため、積極的に海外の企業とも取引を行っていく必要があるという事情があります。

なので、英語でのビジネスメールのやり取りや、電話の応対を自信を持って行うことができ、些細な単語のニュアンスまでも理解したうえで相手とのコミュニケーションを円滑に行っていくことができる秘書が企業から求められているのです。

また、秘書として求められている人材には、海外で英語を使って暮らしていた経験があるといって主観的な事実だけでは不十分であり、きっちりと勉強して英語の資格を取得しているという客観的な評価が求められているのです。

これまでに英語を勉強してきたからこそ、その能力を活かしたいと考えている方にお勧めの職種が秘書なのです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 職業・仕事
-

関連記事

成長の手助けができる!保育・教育に携わる資格「臨床心理士」

人の心は複雑で、時には心の乱れが健康に悪影響を与えることもあります。誰でも落ち込んだり悩んだりすることはありますが、それは一過性のものであり長く続くことはありません。 しかし、ストレスをうまく発散でき …

海で仕事をしたい人にピッタリの船舶関係の資格:機関当直3級海技士(機関)

海技資格には船舶の部位によって、いろいろな資格があります。 主だったものでは船長・航海士に必要な海技士(航海)と、機関長・機関士に必要な海技士(機関)とがあります。 それぞれ1~6級のランクに分かれて …

宅地建物取引士はどんな仕事?資格の難易度と合格率は?

宅地建物取引士(通称、宅建)は毎年約20万人が受ける人気の国家資格です。 そんなに人気で多くの人が受けるなら合格しにくいのでは?と思うかもしれません。 今回は宅地建物取引士の資格の難易度や合格率につい …

国家資格の平均年収はいくら?何の資格が高収入なのか

テレビなどでは資格取得を勧めるCMが頻繁に流れますね。 資格は持っているだけで意義があるように思われがちですが、実際は資格にも「価値ある資格」と「価値ない資格」があります。 この差は何かというと、端的 …

美容やファッションに関わる資格:ネイリスト技能検定

美容関係の資格の一つにネイリスト技能検定があります。 公益財団法人日本ネイリスト検定試験センターが運用しています。

楽天モーションウィジェット