初めの一歩!ジョギング初心者の心構え

ジョギングする女性の脚
新しいことを始める場合、気持ちだけで続けるのと、計画的に取り組むのとでは、心構えや継続に差があらわれます。

これは走ること全般、所謂ランニングにも当てはまるので、ジョギング初心者は心構えを学ぶ必要があります。

走る目的は人それぞれですが、健康のためであったり、趣味であったとしても、無理なく続けられることが一番重要です。

初心者はついつい、ゆっくりと走るジョギングではなく、ペースを考えないランニングを行いがちです。

この2つは似ているようで、実は大きく異なりますから、最初はこの違いと理解を深めることがおすすめです。

スポンサーリンク

ジョギング初心者の心構え

ジョギングとランニングの違い

ジョギングの定義には、走りながらでも会話が出来たり、心拍数が120前後で安定する条件が当てはまります。

また、1キロの距離を7~8分程度で走れることも、ジョギングに該当する定義といえます。

実際に走る場面においては、膝をあまり上げない走り方をするので、ランニングとは違った運動強度になるでしょう。

一方のランニングは、どちらかといえばスピード重視ですし、膝に負担が掛かる走り方になるので、初心者にはあまり向きません。

むしろ、ジョギングは正しい心構えさえ出来れば、初心者に最適な運動方法に変わり、やがて自然とランニングに結び付きます。

何よりジョギングは、慣れると長く走り続けられるように成長するので、基礎体力や代謝を上げたり、上手なストレス発散方法として身につきます。

ただし、初心者にありがちな独学は、根本的に間違った心構えを覚えさせるので、気が付けばジョギングではなく、ランニングスタイルで走っている、という事態を招きます。

ランニングを目標にするとしても、まずはジョギングの心構えを身につけ、それから経験を積み重ねて上達を目指すことがポイントです。

初心者であることを自覚する

運動不足の人は初心者であることを自覚して、現状の把握から始めることが必要です。

何の心構えもなく、ジョギングどころか、いきなりランニングを始めてしまえば、肉離れが発生しても不思議ではありません。

初心者を自覚したり心構えを知る意味でも、ランニングはスローペースで開始してペースを掴むことが、上達の近道になると考えられます。

歩くよりも少し速い程度で走ったり、30分程度の間で一度も立ち止まらないだけでも、筋肉量の増加や体脂肪燃焼の効果が得られます。

心構えが出来ていない場合は、とにかく速く走れば効果があらわれるという、初心者的な思考に陥りやすくなります。

しかし、実際は初心者未満の状態ですから、謙虚な心構えを持って、基礎から学び始めることが不可欠です。

何事も形から入るのは決して恥ずかしいことではなく、逆に段階的な準備と挑戦が始められる大きな切っ掛けとなります。

快適なシューズやウェアを使用する

ランニングを始めたい、そう思った場合は、足に良くフィットするシューズを見つけることが先決です。

クッション性の良いシューズは、長時間のランニングを快適にするので、使いやすい物を選ぶことが大切です。

トレーニングウェアもランニングの快適性を左右しますから、着心地や通気性に優れる物を選ぶと良いでしょう。

近い目標を立てて取り組む

準備が整った後は、ランニングに最適な条件を選び、目標を決めて取り組む段階に進みます。

ランニングに限らず、初めての挑戦は記憶や印象に残るので、苦しくて辛い経験よりも、心地良い疲労感と続けたい気持ちを残すことが理想的です。

ランニング時間は、最低30分から1時間程度の、連続した取り組みが一般的な目安です。

無理をしがちな初心者は、最初から経験者並の目標を定めますが、数回程度挑戦しても結局は続かず、何時の間にか辞めてしまうケースが少なくありません。

ジョギングを含めてランニングのコツを掴んだり長く続けたい場合は、初心者の自覚を持ち少しずつ体を慣れさせることが上達への近道です。

初心者は15分でも良いので、週3回を1ヶ月間続ける、これを目標にして達成を目指します。

第一段階の目標を達成したら、次は時間を倍にして、同じペースで同様に1ヶ月間継続しましょう。

この段階まで続けられれば、初心者に必要な心構えは自然と身につきますし、既に初心者とは呼ばれない状態まで上達しています。

初回から30分に設定しない理由は、膝に掛かる負担を考慮していること、そして諦めずに続ける目標を優先しているからです。

意志が強く、苦境に身を置いても乗り越えられる人は、最初から30分でも最後まで続けられます。

無理をしない

ところが、気持ち的には問題がなくても、体が追いつかず壊れることもありますから、足腰の筋肉が付いて体力が増えるまでは、無理のないペースで続ける方が無難です。

スポーツの経験が少なく、運動習慣を持たない本物の初心者は、体力ばかりか気力の面にも不足が見られます。

ランニングに挑戦する為に、ジョギングを始めたい気持ちが先行しても、体や精神力が追いつかなければ、いずれ諦めてしまうのは時間の問題となるでしょう。

短時間のランニングを1ヶ月間継続するのには、初心者の壁となっている精神面を育てる目的もあります。

最後に

初心者は、心の中に小さい芽を持っているとイメージして、焦らず育てることを念頭に取り組む、これが本当の意味で初心者の壁を打ち破る、ランニングの挑戦となります。

負担的に軽くても、1ヶ月単位のランニングは結果に残りますし、次に進むステップとなるので、初心者でも簡単とは思わず、謙虚さを持って挑戦することが成長に役立ちます。

3ヶ月目は走るペースを上げて、運動強度を引き上げることが、自信と体力が身につけさせ、その継続が初心者の脱却に繋がります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-スポーツ
-

関連記事

山の食事|ご飯を炊く

登山での食事では、レトルトのご飯で済ませるという方もいますが、山でも美味しくご飯を炊くことが可能です。 食事のおかずが少し微妙なものでも、お米が美味しければ満足感が断然違うため、登山でお米を炊くという …

山の食事|パーティ(複数人数)なら

登山は、山頂に到達した時の達成感というのが最大の魅力ですが、山頂やその途中で食べる食事というのもまた魅力的なものです。 魅力的なものであると同時に、食事というのは登山をする上で非常に重要なものであり、 …

心と体を鍛えて護身術にもなる?キックボクシングで学ぶ格闘技の世界

格闘技は、日本のみならず世界中の国で行われている世界になります。 パンチ、キック、投げ、絞め技などを打ち込み、相手の戦意を消失させる事で勝ち負けが決まります。 格闘技の種類は、多くあり発祥の国から、流 …

初心者のためのヨガ入門:教室の選び方

初心者がヨガを始めるのであれば教室に通うのが一番ですが、教室の選び方というのに悩んでしまうものです。 そのようなときには教室の選び方の基準をおさえておくと、決めやすくて便利です。

フィギュアスケートの国際大会を知りたい!グランプリファイナル

グランプリファイナルは、国際スケート連盟主催のフィギュアスケート大会である、ISUグランプリシリーズの決勝大会です。 フィギュアスケートをしている人は、世界にたくさんいて、あちこちでフィギュアスケート …

楽天モーションウィジェット