楽しみながら女子力アップができる趣味:ドライフラワー

何か新しい趣味を始めてみたいと思いませんか?

お花が好きな女性におすすめしたい趣味がドライフラワーです。

スポンサーリンク

お花が好きな女性にぴったりの趣味

ドライフラワーは自分でも作ることができます。
趣味にしている人が多いので、女子力アップにもなるでしょう。

花屋でお花を買ってきても良いですし、自分の家で育てたお花を使っても構いません。

せっかくですから、自宅でお花を育てて、ガーデニングも一緒に始めてみると良いかもしれません。
実際に、ガーデニングをしながら、自宅で咲いた可愛らしいお花をドライフラワーにしている人は多いです。

決して難しくはありませんが、実際にドライフラワーを作る時は、ある程度の道具を用意しておきましょう。

買ってきたお花や自分で育てたお花をそのまま乾燥しますが、乾燥する時に、逆さまに吊るす必要があるので、吊るすためにクラフトワイヤーやS字フックなどを用意しましょう。

また、茎を切るための園芸用のハサミも用意してください。
クラフト用のハサミを使うと水分で錆びてしまうかもしれません。

輪ゴムや麻紐もお花を束ねる時に使います。

好きなお花を自由にアレンジしてブーケを作ってみてください。
ブーケを束ねて逆さまに吊るしましょう。

好きなお花を自由に組み合わせて作ることができるので、とても楽しめます。
趣味を尋ねられた時にも堂々と言えるでしょう。

たくさん作って、お友達やお世話になった人に配るのも良いかもしれません。
特にお花が好きな人にはとても素敵なプレゼントになりますし、周りの人も女子力アップしたと思ってもらえるでしょう。

お花の組み合わせをよく考えてから作ろう

吊るして作るドライフラワーですが、完成した後は、吊るした時とは逆さまの状態になります。
だから、吊るす前に完成形を思い浮かべておきましょう。

どんな状態で飾るのかを考えてアレンジすると、完成して飾った時に想像通りの状態にできます。

日頃からよくお花に触れていると、よりバランスの良いブーケを作ることができるでしょう。
同色形で合わせても良いでしょうし、色鮮やかな組み合わせを考えてみても良いのではないでしょうか。

同じお花ばかりで作っても良いですが、いろいろなお花を組み合わせてみませんか?
バラやかすみ草などを合わせても素敵です。

女性としても腕の見せ所でもあります。
より女性らしさを出すためにも、いろいろな組み合わせを楽しんでみてください。

1本ずつ飾りたい時は、1本ずつの状態で吊るした方がうまくできます。
束ねた状態で吊るすと、完成した後も束ねた状態で飾った方が良いです。
束になっていた時の名残が残ってしまいます。

はじめから1本で飾ろうと思っていりうのならば、束ねない方が良いです。
吊るす場所があまりなくても1本ずつにしましょう。

簡単そうに見えても、必ずしもどんなお花もうまくドライフラワーになるとは限りません。
中にはうまくいかないお花もあります。

好きなお花でどんどんチャレンジしてみて、うまくいかないお花があれば、次からは他のお花を使うと良いでしょう。

むしろ、たくさん作って経験を積むことで、より女子力アップできるでしょう。
きっと自分にとって良い経験がたくさんできます。

いろいろな作り方を試してみよう

ドライフラワーはお花を吊るして作りますが、より乾燥しやすい風通しの良い場所を選んでください。

また、部屋の中で吊るした状態でインテリアにしてしまうのも良いでしょう。
女性らしい部屋を演出できます。

実は、必ずしも吊るさなくてはいけないわけではありません。
少しだけ花瓶に水を入れておくだけで、お花が自動的にドライフラワーになります。

お花を普通に飾りながらドライフラワーにできるとても簡単な作り方です。
吊るすための道具を揃えたり、吊るす場所がないと思ったら、この方法も良いでしょう。

色あせたお花はちょっとと思っていませんか?
そう思っているのならば、シリカゲルを使って作りましょう。

密閉できる容器とたっぷりのシリカゲルを用意します。
容器にシリカゲル、お花、シリカゲルの順に入れます。お花の水分をシリカゲルに吸わせましょう。

密閉した状態で1~2週間程度おいておくと、お花の水分が抜けてドライフラワーの出来上がりです。
ただ、色あせたりしておらず、鮮やかなお花の色が変わっていません。

今では、この方法で作る人が増えています。
より鮮やかな色を好んでいる人が多いからでしょう。

電子レンジを使えば時短で作れるので、早く仕上げることも出来ます。

出来上がりましたら、自由にインテリアとして飾ってみましょう。
加工してアクセサリーに使っても良いでしょう。

イヤリングやネックレスなどにも使えるでしょう。
1つ作るともっと作りたくなるかもしれません。

お花が好きな人は、たくさん作って、家の中をお花だらけにしても良いかもしれません。
作った後はお花に癒されましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-趣味
-

関連記事

初心者におすすめのロードバイクの選び方

ロードバイクは、自転車の中でも高速走行に優れており、長時間や長距離の走行もお手の物です。 しかし、高速で走ることができるため、自分に合ったものを選ばなければ危ないです。 そのため、きちんとした選び方を …

「Creema Craft Party」で見つけるハンドメイドの魅力

ハンドメイドの販売サイトはたくさんありますが、実際に作家さんと出会うことができて、品物を手にとることができるイベントがあることはご存じですか。 Creema Craft Partyは、そんな願いを叶え …

結構変わってるマニアックな趣味:占い

占いと聞くと、女性が好きなイメージがあります。 毎朝のテレビ番組では頼んでもいないのに本日の星座、運勢の良い順ランキングを放送し、雑誌や新聞でも毎日、毎週、毎月とさまざまな方法で占った結果を掲載してい …

家にいるのが楽しくなるインドア派の趣味:料理

インドア派の人というと、アウドドア派の人と比較され、実際に自宅で楽しんでいる趣味を持っていても、引きこもり、アクティブではないという偏見の目で見られることがあります。 実際に、自宅に引きこもって何にも …

婚活中におすすめ!お笑いが趣味だと出会いが広がる

ある程度の年齢に差し掛かると、結婚をできるだけ早くしたいという強い気持ちを持って、婚活に精を出す人が多くなります。 そういった人たちの中には、自由に使える時間の大部分を婚活か、それに直接的に役立つこと …

楽天モーションウィジェット