楽しみながら女子力アップができる趣味:ピラティス

ヨガでは精神のバランスやリラックスを重視していますが、ピラティスは精神と身体のバランスを整えるにはどのようにするべきかを身につける事です。

女子力を高めたい、身につけたいと前向きに方法を探している人にとっては、どうしたらいいのかを学べるほうが役に立ちます。

スポンサーリンク

いろいろ活用できるピラティス

日本女性に注目されたピラティスとは

ドイツのピラティスが考案した理論は、精神と身体を整える調整法として、ダンスのスペシャリストや筋肉の動きを学ぶ解剖学、ヨガにも共通するとして、多くの人が学び、体験し、お互いに教えあって現在の形になっています。

ダンサーやスポーツ選手、歌手、武道家、俳優など、あらゆるプロがその効果を実感できている事が背景にあり、良い指導を受ける事で効果が持続する事も魅力です。

コントロロジー、またはピラティスは8つの主なポイントから構成されます。

呼吸、正確さ、身体の中心を意識する、集中力、コントロール、流れるような動きを意識、調和、ルーティン、この8つです。

似ていると比較対象になるヨガはインドの長い歴史と共に伝えられていますが、ピラティスは近代の環境の中で成立し、流れるようなゆっくりした動きをしながらバランスを整えます。

膝や腰に痛みがある場合、リハビリを発祥としているピラティスはヨガよりも優しく、身体に負荷をかけずに調整する事が可能です。

美しい身体作りが本格的に見に付くピラティスは、日本ではあまり馴染みがありませんでしたが、女性の間で徐々に人気が高まってきました。

女性アイドルが年齢を重ねても美しいのは何故か、有名女優の体型維持方法はどんなものか、引退せずに長く続けている野球選手や、40代で復帰したプロテニス選手が行っているピラティスを知って、女子力を高めたい女性の話題がきっかけとなり、人気に火が付いています。

教えるインストラクターの側にも特色があり、ピラティスを学ぶというより、他の勉強をしていて考えを知る事が多く、あらゆる事へ広がりを見せます。

教室が多いのは、応用が広く活用されている為です。

ピラティスは女子力が高い身体作りの基礎

自分自身を高める目的を持って行う事で、強い気持ちを必要とする仕事の場面や、自分なりに決めたゴールに向かって体を動かすスポーツなどで役に立てる事ができます。

女子力はストレッチなどのように身体だけ、またはヨガのように心だけではなく、総合力が自分に身についたと思えてこそ、高められるものであり、常に前向きにその方法を実践できれば、自然なかたちで変化が訪れます。

趣味として考えても、多くの学びをもたらすピラティスは、応用範囲が広い事で身につけるメリットはとても大きいものです。

精神の落ち着きだけでは対処できない物事を、打破、打開できる気持ちの強さを保つ工夫として身につければ、どのようにした結果が今の状態なのか理性的に判断する事につながります。

時に、女性に苦手とされる理論的な判断力が身につけば、単なる趣味以上に、年を重ねていっても積み上げられる、人生の貴重な財産を手にするチャンスをつかんだ事にもなります。

初心者でも手軽に体験が出来、実行するごとに興味が深まるピラティスで、女子力を高める方法を手に出来れば、趣味をきっかけにして多くの物の見方を学べます。

更に、無理せずに身につけばその効果はとても大きなものになります。

女子力が自然と高まる事で、理想とする自分が見つけやすくなる可能性が高まります。

ピラティス考案者の壮絶人生

発祥に意外なエピソードはつき物ですが、女性に注目されているピラティスも、考案者の生まれつき虚弱な体質改善がきっかけとなっていた事は驚きの事実です。

1880年、ドイツのデュッセルドルフに生まれたジョセフ・ピラティスは幼い頃、リウマチ熱、喘息、骨軟化症などの病気を経験、常に健康になるにはどうすべきかを考える少年期を過ごし、進んで体質改善や体力増強の目的でボクシング、ヨガ、スキー、ボディビル、ダイビング、体操など、多くの事を経験、14歳になるまでには虚弱な身体を作り変える事に成功します。

徹底したトレーニングを行った結果、バランスのいい体が完成し、成人後にはサーカスに入団、世界各地をサーカスのパフォーマーとして巡業するようになります。

30代の頃、サーカス団がイギリスへ渡ってからは、身体作りの専門知識を持つスペシャリストとしてイギリス警察に認められ、警官の護身術のトレーナーとして迎えられますが、第一次世界大戦が勃発、敵国のドイツ人であるピラティスは、マン島の収容所で監視下の元、看護師として収容された人たちの怪我やリハビリを担当する事になります。

ここからピラティスが独自の経験を元にしたリハビリやマットを使ったエクササイズを考案するきっかけが生まれます。

寝たきりで動けない患者に、ベッドのスプリングを工夫してバネの力で動く筋肉の補助をする装置を考案、マットエクササイズとして収容所内の人々の健康維持や治療、リハビリに活用、インフルエンザの大流行当時、ピラティスが健康管理をしていた収容所では患者が一人も出なかった事が記録されています。

戦後は移住先としてアメリカのニューヨークを選び、ピラティスレッスンスタジオを開設、モダンダンスのマーサ・グラハム、ジョージ・バランシンなどに支持されました。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-趣味
-,

関連記事

パソコンを買うなら新品と中古どちらがいい?

長い間パソコンを使っていると、いつか買い替えるときがやってきます。 電気製品には、対応年数というものがあり、メーカー側で対応年数による寿命を設定しています。PCは、機械そのものよりも、中に蓄積されたデ …

紙と鉛筆だけで始められる!絵日記の魅力と楽しむポイント

絵日記の魅力は紙と鉛筆さえあればいつでもどこでも始めることが出来るところにあります。 そのため、子供から大人まで楽しむことが出来ます。

手先が器用じゃなくても大丈夫!デコアートを趣味として始めるには

年齢に関わらず、女性であればキラキラとした可愛いアイテムが好きだという人が多いものです。 そんな女性たちの間で高い人気を集めているのが、デコアートというものなのです。

老化防止にもなるクリエイティブな趣味:バンド

音楽は聴く場合でも、自分が演奏したり歌ったりする場合でも、心身の健康に役立つ可能性が高く、多くの人が趣味として大切にしています。 そして、その中でも特にクリエイティブな趣味と言えるのが、バンドの活動で …

女性が思わず惚れる!カラオケが趣味だとモテる理由は?

カラオケが趣味だと男性は女性にモテる事は間違いありません。 その理由は4つあります。 今女性にモテなくて悩んでいる方は、この機会にカラオケでモテる男性を目指してみましょう。 きっと女性からの視線が変わ …

楽天モーションウィジェット