女子旅の必需品!持っていくべき持ち物リスト

女子は旅行する時も男性より必要なものが多いです。

前もって持ち物リストを作りましょう。

スポンサーリンク

必需品なども前もって書いておきましょう

旅行の季節や場所にもよりますが、一番かさばるのが洋服です。
圧縮させるとたくさん持っていくことができますが、できるだけ着回せるものがかさばらなくていいでしょう。

せっかくの旅行なので新品の服を着ていきたい方もいらっしゃるかもしれませんが、おすすめはいつも着ている服、または古くなって現地で捨てて帰ってくるのも良い方法です。

現地に溶け込むことができますし、犯罪に遭う確率を下げることもできます。
また、帰りの荷物を減らすこともできます。

寒いところなら防寒具をしっかりと、暑いところなら日除けするものを携帯しましょう。
紫外線対策は特に大切です。

中国やモンゴル、インドなど大気汚染の酷いところはマスクを持っていきましょう。
それ以外のところでもマスクは大切です。

移動手段で飛行機に乗る時は喉が乾燥しますし、人通りの多いところは病気に感染しやすいので、意識的にマスクしておくと保護できます。

ガイドブックは薄いものが良いです。
今は海外simなど便利なものもありますので、スマホなどで情報を手に入れることができるでしょう。

生理用品は絶対に忘れることがないように気をつけてください。

パスポートは常に持ち歩きましょう。

持ち物リストは旅行の一週間くらい前から作り始めると、忘れていたものも後で思い出して書き込むことができます。

実際の準備がぎりぎりでも準備がはかどりますし、取りこぼしもないでしょう。

飛行機に乗る場合は荷物の重量制限も見落とすことがないようにしてください。

病気やカードの紛失、その他の事態に備える

まずあってはならなくても可能性があるのが、渡航先での病気です。

一番可能性が高いのはお腹を下すことです。
以前東南アジアの国を旅行した時に梅肉エキスを舐めて下痢を予防しましたが、油断して舐めなかった後、すぐに大変な下痢をしてしまいました。

風邪を引くこともあるでしょう。
現地の病院で治療を受けることもあり得ます。

持ち物ではありませんが、海外旅行保険に入っておくなら金銭的に負担が少なくなります。
万一に備えておくと安心して出かけることができます。
今ではクレジットカードに付帯しているものもあります。

それに加え、簡単な薬を持っていくと安心できます。
風邪薬や鼻炎薬、解熱剤など少しで良いので持っておくと、いざという時に役に立ちます。

旅行のガイドブックには、盗難があった時や人に助けを求める方法も載せてあります。
そのページをコピーして携帯しておきましょう。
カードを紛失した時にもすぐに止められるように、電話番号を控えておく必要があります。

また、女子には月に一度の大敵がきます。
もう既に生理が終わったとしても、少ない日用で良いので生理用のナプキンを持ち物に含めてください。

ない場合はわざわざ購入する必要はありませんが、充電用の蓄電池があれば最高です。
途中でスマホなどの充電が切れて、情報が得られないと大変な時もあります。
飛行機が遅延したり、天候が原因で降りられない場合、ホテルや送迎してくれる友人に連絡を取るのに充電切れになっていることもあります。

どのような事態が考えられるか予想しておくなら、対処するための準備をすることができます。

乗り物の中やホテルで快適に過ごすために

まず飛行機ではエンジン音に悩まされます。
気にしない方もいらっしゃるかもしれませんが、機内で睡眠をとって備えておきたい場合は耳栓があると便利です。

眩しいならサングラスをしておきましょう。

先ほど述べたようにマスクも忘れないでください。
本当に乾燥します。

周りからの視線は気にしなくてもいいです。
どうせ乗り物を降りたらすぐにお別れです。

旅先ではホテルで洗濯することもあります。
(洗濯のサービスがあるホテルもありますが)自分で洗うのであればハンガーと洗濯ばさみがあると大変役に立ちます。

タオルがない部屋はあまりないかもしれませんが、東南アジアや場所によっては、タオルが準備されてないところもあります。
ウェットティッシュもテーブルやイスをきれいにして使うのに役立ちます。
時々べたべたするものが付いていたりすることもあるからです。

また、簡単な非常食も持ち物に含めてください。
小腹が空くことも多いでしょう。
空港内だと高くつきますし、田舎の旅行で店がないなんていうこともあり得ます。

夜にお腹が空いた時も慣れない場所を出歩くのは危険です。
非常食があれば部屋で済ませることができます。

空港内やショッピングモールから屋外に出ると気温の変化が激しいところもあります。
女子は冷えが大敵です。
ですので、熱くても寒くても使えるようなストールを一本持っていくと暑さ寒さにも対応できます。

旅先で体調が悪くなるなどというのは残念すぎます。
しっかりと体調管理できるよう、準備を整えてください。
少し気の利いたアイテムを持っているだけで、旅行は快適になります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-国内旅行, 旅行・レジャー, 海外旅行
-

関連記事

スキー焼けに注意!スキー場での紫外線対策

この季節、スキーやスノーボードなどのウインタースポーツに出掛ける方も多いと思いますが、「スキー焼け」対策は十分にできているでしょうか? 冬は夏と比べて紫外線量が少ないことから、約半数の人がスキー焼け対 …

夏休みに家族で旅行したい奈良県のおすすめスポット3選

奈良県にはさまざまな観光スポットがあり、毎日多くの旅行客が賑わっています。 神社や仏閣が多く建てられており、国宝級のものや国の重要文化財などがあり、海外からの旅行客からも人気が高いエリアです。 夏休み …

ドライブデートにオススメ!「羽田空港」を満喫

2010年より国際線ターミナルが開業し、現在は世界の空港で4番目に利用者数が多いと言われる羽田空港。 東京都内在住の人にも、海外からの観光客にも、成田空港より近いため利用客が多いのも納得の結果と言える …

アテネ(ギリシャ)のおすすめ観光スポット

アテネは、ギリシャ共和国の首都であり、最大の都市でアッティカ地方にあります。 世界でも最も古い都市のひとつで、約3,400年の歴史を誇り、古代アテネのアテナイは、強力な都市国家として知られている都市で …

仲間と冬のレジャーを満喫!関東から日帰りで行けるスキー場7選

冬を代表する娯楽であるスキーやスノーボード。 仲間と一緒にウィンタースポーツを満喫したいけれども、なかなか全員が都合のよい日が見つからず泊まりがけでは無理だったり、宿泊費のことを考えると費用が高くなっ …

楽天モーションウィジェット