心と体を鍛えて護身術にもなる?柔道で学ぶ武道の世界

柔道
武道というのは体だけでなく精神的なことも学べるスポーツです。
特に柔道は礼に始まり礼に終わるという対戦相手を敬うという競技になります。

スポンサーリンク

柔道と精神について

相手がいるからこそ自分は柔道ができていて、それによって自分を鍛えることができているという感謝の気持ちを常に持つということです。

これは実社会でも活きてくる発想で、実社会で生きるということは競争の部分もあり、辛いこともあるでしょう。
その際に、その辛さに対して腹を立てたり、逆にマイナス思考に陥るのではなく、その負荷が自分を成長させるという気持ちを持てるようになるということです。
厳しさや困難というものはいわば対戦相手です。
そしてその対戦相手という負荷があるからこそ自分が成長できるということになります。
武道というのはこのことを学ぶもので、柔道はその精神を特に大切にしています。

そして、練習の最初は受け身から始まります。
前方に投げられるということと、後方に投げられることを想定した二種類の受け身があるのですが、その二つをまずは徹底的に身に付けます。
相手に投げられた際に、変な角度に手を付いたり、ましてや畳に頭を打つと大けがをします。
なので、まずは受けを身に付けるということになるのです。
そして、これは精神的な意味合いでも良くて、自分が相手を投げに掛かるということは、自分も当然受ける必要があるということを学ぶのです。

よく自分が相手にしたことを相手の立場で考えることが重要ということが言われており、それは事実です。
何も道徳的な意味合いだけではなく、生きていく上で当然の話です。
例えば何かを世にサービスとして提供する際にも、相手の立場やそれを受け取ってどう感じるかということを考える能力が身に付きます。
武道というのはそういう精神を学ぶのです。

柔道の場合は特に物理的なことと心理的なことを考えながら試合を行います。
どちらに力を加えると相手がどっちに体重を動かすかということを考えながら対戦するのですが、その際には物理的なことと、相手がその動きに対してどう反応するかという癖なども考えます。
考えていない人もいれば、体で覚えるということもあるのですが、せっかく柔道をやるのであれば考えた方が良いでしょう。

柔道と護身術について

護身術としてももちろん役立ちます。
柔道は他の武道と同じように昇段試験がありますが、そこでは型の講習というのもあります。
連続で何人かに勝って、昇段が決定してから型の講習というのを行うのですが、その際には護身術を行います。

どういう護身術かというと、相手が刃物で襲い掛かってきた際に、一本背負いで投げるというようなものになります。
あくまでも武道としての型でやっているので、完全な護身術ではないのですが、柔道にはその視点もあるということです。

この昇段試験で行う型の話とは関係なしに、明らかに柔道技は護身術になります。
なのでむやみやたらに遊びに使わないということが重要です。

大人であればあまりそのようなことはないでしょうが、部活動で柔道部の学生などであれば、関係ない人に投げてみてほしいということを言われる経験はほとんどの柔道部員が持ちます。
これは安全性に配慮すれば問題ないでしょう。

しかし、気にくわないから人をその辺で投げるということはやってはいけないということになります。
法律で明確に定められているわけではないのですが、武道経験者は素手でも武器を持っているような扱いを受けます。
なのである意味損なのですが、そこは武道の精神でクリアするということでしょう。

もちろん肉体も鍛えられる

柔道は技という話もあるのですが、単純に筋肉が付きます。
武道の中でも直接的に相手と組むので全身の筋肉が発達します。
なので護身術としても技のこともありますが、単純に一般人よりは力が強くなります。
なので護身術になるでしょう。

軽量級は重量級に比較すると圧倒的に弱いのですが、それでも一般人よりは筋力がありますし、女子の軽量級でも運動不足の男性よりは筋力があります。
男子の重量級になると特に一般男性よりは明らかに体格も筋力も変わってくるので、護身術どころか子どもに襲われたくらいの感じになるでしょう。

柔道で強くなるためには、しっかり食べるということと、しっかり練習をし、筋トレもするということが重要になります。
武道の精神というのはもちろん重要なのですが、当然精神の話だけでは勝てません。
精神も成長させつつ、物理的に肉体をパワーアップさせ、技を身に付けるということになります。

そして技も重要ですが、明らかに肉体が重要ということです。
どのくらい重要かというと、たとえば力士やラグビーやアメフトの選手が数カ月柔道の練習をすれば、男子の軽量級のオリンピック選手が普通に負けるというくらいに肉体が重要です。
格闘技は階級に分かれていますが、分けなければ勝負にならないので分けています。
格闘技はそれを設けなければならないくらい肉体が重要です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-スポーツ
-

関連記事

レインウェアの選び方

初めての登山に行くときには、初心者だけで行くよりは、経験豊かな人と一緒に挑戦するようにしたほうが安心です。 登山というのは、子どもの遠足程度の気持ちで行けるような場所もあれば、気を抜くことが出来ないよ …

世界水泳選手権とは?見どころは?

世界水泳選手権は、1973年に第1回が行われ、決まった周期で行われず、2年から5年に1回という不定期な間隔で開催されてきました。 日本で初めて開催された2001年から、2年おきに開催されることが決まり …

King of swimmer レジェンドを打ち立てた選手 : カレン・ジョーンズ

水泳界には、多くの偉業を達成した選手がいます。 1大会で7個の金メダルを獲得したマークスピッツ選手、2000年代に世界記録を次々と塗り替えたイアンソープ選手、そして歴代最多の金メダルを獲得したマイケル …

ゴルフクラブでスライス改善|トウから

ゴルフ初心者が最初にあたる壁であり、最大の敵とも言われているのが、スライスショット(強烈な右回転の打球)です。 「基本のアドレスで打っているはずなのにスライスする」 「アイアンでは上手く打てるのにドラ …

初心者のための登山入門編!登山の楽しみとは?

登山の楽しみは沢山あり、その中でも目的にされることが多いのが自然や景観です。 普段の生活では、自然を親しむことがあまりないという人は珍しくなく、景観を楽しむ機会すらもない方は沢山います。 そんな方に正 …

楽天モーションウィジェット