自然の芸術!蔵王連峰の樹氷

蔵王連峰の樹氷
蔵王連峰の樹氷は幻想的な美しさで知られています。
冬の東北を旅行するには外せないスポットの一つです。

蔵王連峰は宮城県と山形県の間に位置し、両県からアクセスが可能です。
冬場は蔵王を通っての両県の通り抜けができないため、宮城県又は山形県のどちら側からの樹氷見学となります。

山形蔵王ではスキーを楽しみながらの樹氷見学が可能で、宮城蔵王では自然に溶け込んだ樹氷を見ることができます。

スポンサーリンク

蔵王連峰の樹氷を見に行こう

日本社会の日々の生活は忙しく、ストレスがたまるものです。
煩わしい人間関係は人の心を消耗させます。

冬のひと時、厳寒の東北地方を旅行し、蔵王連峰の樹氷を見ることは、普段の生活での疲れを癒す絶好の機会となります。
樹氷は自然の偶然がいくつも重なって始めて現れる芸術です。

観光地の施設内は暖房で暖かくされているものの、蔵王連峰の観光では一定の寒さは覚悟しなければなりません。
厳重な防寒着の着用と体調管理が見学の条件となります。

宮城県側からのアクセスはJR仙台駅又はJR東北新幹線白石蔵王駅が起点となります。
山形県側からのアクセスJR山形新幹線山形駅からが便利です。

樹氷とは?

樹氷は一定の気候条件の下で現れます。

シベリアからの季節風は、日本海を流れる温かい対馬暖流から水蒸気を得て雪を降らす大量の雲をつくります。
雪雲は山形県の朝日連峰で上昇し、周辺の盆地に多量の雪を降らせます。
雪雲は蔵王連峰で再び上昇し、周囲に雪を降らせます。
その雲は、雲の粒が0℃以下でも凍らない過冷却水滴といわれるものになって、通常の雪とまじりあった状態となります。

蔵王連峰の冬は快晴の日が少なく、北西からの風が吹き、風速10m/sを超える突風と、気温マイナス10℃以下の厳寒の世界となります。

樹氷はこのような気象条件の中で始めて姿を現しますが、時間をかけて成長するものでもあります。
雪雲の中の雲の粒が枝や葉にぶつかって凍りつく着氷から始まり、そのすき間に多くの雪片がとり込まる着雪を経て、これらが固くなっていく焼結によりその完成形が姿を現します。
11月から12月に着雪が始まり、完成形となるのは1月になってからで、最盛期は2月です。

山形県から

山形蔵王からの樹氷見学は山形蔵王温泉が起点となります。

スキー場は過去に有名なスキーヤーであるトニー・ザイラーが滑った由緒あるコースです。
スキー客のためのロープウェイが設置され、頂上近くまで行くことができます。

山形蔵王の樹氷はスキー場のコースと一体となっています。
スキーを楽しみながら樹氷も見学できる贅沢が味わえるのが魅力です。

しかし、日中の樹氷は新の美しさを表しません。
樹氷が真にきれいに見えるのは夜間です。
山形蔵王では冬季のコースをライトアップし、観光客の期待に応えています。夜の樹氷は幻想的で、来て良かったと思える光景を描き出します。

宮城県から

宮城蔵王の樹氷はスキー場からは離れた場所に出現します。

見学地点には専用のキャビン搭載の暖房付乗用雪上車で向かいます。
ガイドの案内が付いているので安心して見学が可能です。

JR仙台駅から有料の送迎バスが出ている他、遠刈田温泉観光案内所、宮城蔵王ロイヤルホテル、峩々温泉入口から、すみかわスノ-パークへ向けて、無料の送迎バスが出ています。

宮城蔵王の樹氷見学は、すみかわスノーパークからキャビン搭載暖房付乗用雪上車で樹氷原まで片道45分かけて向かいます。
途中で見学時間を交えながら、全体で2時間の行程となります。

宮城蔵王の樹氷は間隔がまばらで、見学するには良好のポイントを出現させてくれます。悪
天候時は氷点下10度以下での猛烈な吹雪が体験できます。

温泉や観光も楽しめる

蔵王連峰での樹氷見学では、起点となる温泉地の利用が勧められます。
温泉は冬の東北を旅行するには欠かせない場所で、観光の後は温かい温泉を利用し旅の疲れを癒したいものです。

山形蔵王温泉のお湯は強い酸性の硫黄泉で、皮膚の健康を保つ働きがあります。
温泉旅館は比較的小規模なものが集まっているのが特徴です。
温泉旅館はそれぞれにサービスに思考を凝らし、冬の旅行客をもてなします。

宮城蔵王の温泉地は一つではありません。
遠刈田温泉、峩々温泉、小原温泉、鎌先温泉、青根温泉などの温泉街がひしめきます。

それぞれの温泉街は湯質も違い、雰囲気や特徴も異なります。
宿泊のための温泉地を選ぶことができるのも宮城蔵王の楽しみの一つです。

蔵王連峰の樹氷は冬の幻想です。
天候が悪ければ近寄ることの出来ない圧倒的な自然の中にあります。

蔵王連峰は時折噴火の兆候を見せる活火山でもあります。
見学は慎重に行い、無理をしないことが大切です。

帰路は山形市や仙台市に立ち寄り、東北の味を満喫するのも旅行の楽しみです。

山形市にはおいしい蕎麦があり、観光客をもてなしてくれます。
時間があれば車で蕎麦街道へ向かい、本場の板そばを食すると良い思い出となります。

仙台市は新鮮な魚介類と共に、牛タンが名物です。
東北最大の歓楽街、国分町には、牛タン発祥の店や多くの牛タン専門店があり、訪れる人を満足させてくれます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-旅行・レジャー
-, ,

関連記事

家族旅行におすすめ!リカちゃんキャッスルの楽しみ方

家族旅行に行く場所を選ぶときは、家族みんなが楽しむことができる場所を選びたいと思うものです。 貴重な家族旅行を家族みんなで楽しみたいというときは、大人も子供一緒に楽しむことができるおもちゃの施設に足を …

初心者も気軽に行ける!「海辺つり公園」で釣りの魅力に触れよう!

海辺つり公園は、神奈川県の横須賀市平成町の横須賀市港湾緑地内にある、海釣り施設です。 この施設は管理施設で、指定管理者は株式会社日産クリエイティブサービスが行っており、初心者でも安全な状態で海釣りを楽 …

知っていますか?神社の正式な参拝方法

初詣や観光で神社へ訪れることがありますね。 神社の正式な参拝方法とはどのようなものなのでしょうか?

デトロイト(アメリカ・ミシガン州)のおすすめ観光スポット

ミシガン州デトロイトは、ミシガン州の東南部に位置する、自動車産業で有名な都市です。 この街は観光都市ではないので、市内ダウンタウンには観光客が訪れて楽しめる観光スポットは多くありませんが、それだけに一 …

台湾旅行のおすすめ観光スポット

海外旅行先に台湾を選ぶ人が年々増えてきています。 距離的に近いものの、しっかり外国の文化も味わえ、その上親日の人が多い国であるため、安心していくことの出来る国だといえるでしょう。 地元のグルメを味わい …

楽天モーションウィジェット