家電販売のプロ!家電製品アドバイザーとは?

家電製品アドバイザー
家電製品アドバイザーの資格は、仕事や転職の際に役立ちますし、趣味としても有用です。

スポンサーリンク

家電製品アドバイザーとは?

家電製品アドバイザーの役割は、主に家電製品やAV機器の販売、営業や接客のプロであり、家電量販店などのお店で消費者の商品選択や使用方法、不具合対応、廃棄などについて、顧客に対して的確にリードをしてあげる、適切なアドバイスを行う事であり、家電製品販売員やヘルプデスクと言った業種の中で役立てる事が出来ます。

家電製品やAV機器などの基本動作原理や仕組みを理解する能力を有すると言う証明になるのが家電製品アドバイザーですから、家電製品をどうやれば上手に使いこなせるのかと言った知識もあるため、別の仕事をしている人でも趣味として取得しておけば、自分の周りにいる人々への適切なアドバイスを行う事も出来ますし、設置方法や接続方法、家電品のセットアップおよび調整の方法、不具合が発生した時の一時対応の仕方、今まで使っていた家電品の廃棄処分方法などの知識もあり、生活の中でも役立てる事が出来るのが家電製品アドバイザーの特徴でもあるのです。

家電製品アドバイザーの試験について

家電製品アドバイザーの試験は、AV情報家電の商品知識・取り扱いおよびCS・法規試験、生活家電試験の商品知識・取り扱いおよびCSと言った4つのカテゴリーに分けられており、合計200点で、140点以上が合格ラインになります。

尚、家電製品アドバイザー試験は科目合格性になっているのが特徴です。

これは税理士の国家試験と似ているのですが、家電製品アドバイザーの場合は商品知識・取り扱い、CS・法規試験のいずれかを合格している場合、それ以降に行われる試験を受験する時は1年間ではありますが免除が行われるようになっています。

試験は1年に2回あるわけですから、1回目で不合格になった場合でも後2回のチャレンジの中で合格点を採れば良いと言う事になります。

CS・法規試験とはなんだろうと疑問に感じる人も多いかと思われますが、CSと言うのは顧客満足度の事を意味しており、Customer Satisfactionの略語です。

試験内容としては、CS総論、礼儀やマナーの基本、販売前・販売時・販売後それぞれのCS、不具合が発生した際のCS、環境や省エネに関わる法規、消費者期のコミュニケーションを図る上で留意すべき法規、独禁法や関連ルール、製品安全に関する法規と言った10項目になります。

AV情報家電と生活家電の2つの試験にCS・法規試験があるのでそれぞれをしっかりと勉強しておけば合格ラインを貰う事が出来ますよ。

家電製品アドバイザーの資格でできること

家電製品アドバイザーの資格を持っていれば、その知識を活かして接客・販売が出来ます。

また、仕事でなくても友達や家族が家電品購入で悩んでいる時の相談に応じる事が出来ます。

また、購入時だけではなく、家電品を廃棄したいと言った相談を受けた時に、適切なアドバイスを行う事が出来るようになるなどのメリットも出て来るのです。

ちなみに、資格取得を趣味としている人が多くいますが、趣味として使える資格の中でも家電製品アドバイザーは生活の中でも役立ちます。

一度取得をした後は、更新申請を行う事で有効期間が5年間延長になり、家電製品アドバイザー資格の更新が可能になるので、5年毎に更新を行っておけば、生涯趣味としても役立つものとなるわけです。

家電製品アドバイザーの更新方法

家電製品アドバイザーの更新申請の方法についてご紹介をしておきましょう。

家電製品アドバイザーのホームページは「一般財団法人 家電製品協会」で、このホームページの中にある「各種申し込み・手続き(受験・資格更新ほか)」と言うメニューから資格更新申請を選択し、マイページにログインします。

このページの中で申し込み申請を行えば、自宅にテキストや更新テストの解答用紙などが自宅に送付されるので、テキストを参考にしながら解答用紙に解答を行って、認定センター当てに提出を行います。

テキストがあるので、テキストを使って勉強をすれば試験を受ける時よりも合格レベルになりやすく、採点結果が合格レベルに達している事で認定証が交付され、5年間の延長を受ける事が出来るようになります。

更新申請の申し込み締め切り日は、3月31日と9月30日の2種類があり、受験をしたタイミングで締め切り日が変わるので注意が必要です。

因みに、更新をしなかった場合や有効期限の中で更新試験に合格出来ない場合は失効してしまうので、忘れずに更新申請を行う事、送付されたテキストをしっかり読んで解答をする事がお勧めです。

更新期間はそれぞれ4か月あるので、その間にじっくりと勉強をすれば更新試験に合格する事が出来ますし、折角取得したものなので趣味として生活の中で役立てるためにも合格点を貰いましょう。

最後に

家電製品アドバイザーの資格は、転職の際にも役立つと同時に、趣味として取得をしておけば、家電製品を使いこなす事が出来る、上手に使えるようになる、安全な使い方が出来るようになるなどのメリットがあります。

資格を何か取りたいと考えた時なども、家電製品アドバイザーはお勧め資格の一つですよ。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 民間資格

関連記事

好きを活かそう!ファッション・服飾に関する資格「色彩検定」

資格や検定試験には、日本だけでも1000種類以上はあります。その中でも、色の資格はいくつかあり、色彩検定やカラーコーディネーター検定などがあります。 このうち、ファッション系の仕事の役に立ちやすいのが …

今はなきおもしろ資格、時刻表検定とは?

履歴書に色々な資格を記載してあると、転職などの時に有利になるケースが多いのですが、趣味として取得する人も少なくありません。 資格を持つと言う事は、何らかの能力を持つと言う証でもあり、履歴書に多くの資格 …

介護福祉士になるには?気になる年収は?

現在の日本は世界でも例を見ないほどに急激な高齢化が進み、超高齢化社会として知られています。 しかも核家族化が進んだことで昔のように子どもや孫などと一緒に暮らしている人ばかりではなくなり、一人暮らしの高 …

将来的に独立ができる国家資格「不動産鑑定士」

不動産鑑定士は、不動産を有効に利用するために適正な価値を鑑定し、不動産の価格を導く専門職です。 その業務範囲は広く、個人はもとより企業に対するアドバイスから公的評価まで行います。 さまざまな働き方が選 …

ドイツ語を通して学ぶ文化と歴史

ドイツ語は外国語の中でも比較的馴染みやすい言語で、大学の第二外国語として講義を受けたことがある人も多いはずです。 世界的には約1億3千万人の人に話されていて、ヨーロッパでは母国語とする人の割合が最も多 …

楽天モーションウィジェット