華道の魅力と習うメリット

華道
華道とは、室町時代から続く日本伝統文化の一つ。

花や枝物を器に活けることで、その花達にもう一度命を吹き込む技術でもあります。

スポンサーリンク

華道について

華道の歴史

そもそも華道は仏にお供えする「供花」がその源流とされているもの。

茎から切り取っても水に挿しておけば、枯れることなく蕾も開く花に昔の人たちは神秘性を感じ、それを仏に捧げものにしようと考えたからだと言われています。

源流となった供花はそのうち、日本独特の建築様式に併せて進化を遂げ、芸術性を足した「華道」へと発展。

安土桃山時代には朝廷や武家でも重く用いられるようになりました。

江戸時代中期までは上流階級や武家層などの限られた楽しみであったものの、江戸時代後期になると裕福な商家などが出現。

このような人たちに愛されることで、庶民にも広く愛されるようになりました。

その後、明治時代になると華道の祖である池坊から様々な流派が派生。

ちなみに、流派とはそれぞれの自然観や哲学を持って確立していて、その考え方をいける花で表現しているというグループ分けという考え方で良いでしょう。

ただ、どのような流派であっても花を活けることのおおもとは「花を愛でる」という心。

違いはただ、表現の仕方というべきものです。

華道を習うメリット

華道を少しずつ嗜むことで会得できるものには、独特の空間美を作り出すセンスはもちろんですが、色合いや素材を掛けあわせることで、美しさを引き立たせるセンスがあります。

華道は花を美しく活けるために、花や枝物を掛けあわせることによって、お互いが美しさを引き出しあうような取り合わせを考えることから始めるため。

取り合わせは季節やその花材の色合いなどを考えて自分で選ぶものですが、この取り合わせで80パーセント程度の花の成功度が決まります。

そして、決めた取り合わせの花材を最大限に美しく活けるよう、花の個性を引き出すための引き算をしながら、空間美を作り出すための活ける作業を始めることになります。

華道を習う利点は、自分のセンスを磨くことにもありますが、稽古でいけた花を家族全員で愛でることができることも大きいものです。

また、華道本来の目的のひとつでもある、自分の感性で客人をもてなすという意味合いも考えれば、日本人として是非嗜んでおきたい素晴らしい文化とも言えるでしょう。

華道を習いたいけど、流派はどう選ぶ?

いけばなを嗜む第一歩としてあるのが流派選び。

現在、日本において華道の流派は300以上とも言われており、どの流派のものを選ぶのかを迷ってしまう人が多いものです。

各流派の考え方としてはそれぞれにありますが、その点を自分が勉強する流派を決定する材料とするには難しいもの。

ですから、単純に各流派の作品を見てみて、自分が一番美しいと思える流派を選ぶことが失敗のない方法でしょう。

その作品を見比べる機会として最適なのが、デパートなどで開催される華道展。

比較的大きい華道展であれば、各流派の作品がそろい踏みなことも多く、どのような作品が心に響いたかをしっかり感じ取ることができるでしょう。

現在、純粋な日本家屋が少なくなり、本来いけばなが飾られた床の間などにいたってはなくなってしまった家が多いため、華道では家屋の変化に対応した、現代風のいけばなを提唱している流派もあります。

このような身近に生けられそうな作品を習おうと思うことも流派を選ぶ一つの基準にもなるでしょう。

華道とフラワーアレンジメントの違い

華道は欧米発祥の「フラワーアレンジメント」と違い、空間美を非常に大切にしています。

これはフラワーアレンジメントは花を足して羅列させる美しさであるのに対し、華道は引き算であると言われるもの。

魅せたいと思うものは、空間や余白の中に最小限あることによって美しさを最大限に際立たすことができる、という日本人ならではの感性を凝縮したものと言えるでしょう。

また、「際立たせる」という意味合いには、切ってしまった花が枯れるまでの時間、できるだけ色々な人たちの目を惹かせるようにしてあげなければならないという想いも。

これが命をもう一度吹き込む技術と言われる所以でもあります。

華道のこのような引き算のセンスというものは、すぐに手に入るものではなく、花と向き合い、花や自然をよく知っていくことで少しずつ上達していくもの。

人と対峙する時と同じく、相手が花や枝物であっても、何度も向き合い、よく知っていくことがセンスを磨く秘訣でもあります。

このような部分が「心技体」と言われる理由でもあり、人が生きていく中において必要と思われることが、華道の稽古の中の様々な部分に散りばめられています。

華道は海外で人気

現代の日本においては、住宅事情から華道を嗜む人たちが少なくなっていますが、国際的には非常に注目されている日本文化の一つ。

海外の人たちにとって、華道は日本人独特の空間美のセンスを感じる大変興味深いものでもあります。

海外では日本文化である華道教室が様々な流派において数多く設立されていて、少しでも日本の空間美を会得したいというたくさんの人たちが学んでいます。

しかし、日本において華道は少し敷居の高いものと思われがち。

ですが、実際はそのようなものではなく、もっと日常的なものであり、花を身近に楽しむための一つの文化として捉えるべきでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-趣味
-, ,

関連記事

女性が思わず惚れる!ダーツが趣味だとモテる理由は?

ダーツは専用の道具が必要となるため、自分で道具をそろえるかまたはダーツバーなどに通うかしなければなかなかできません。 そのため子どもの遊びというよりは、大人ならではの趣味となる傾向にあります。 大人の …

トライしやすい今から始める趣味におすすめ:イラスト

イラストは手軽に始められるだけでなく、その気になればとことんまで極めることができるため、これから何か新しいことにトライしたいという方にとっておすすめな趣味です。

資格で仕事にも活かせる!着付けの魅力

日本の女性の装いは、古くから着物でした。 そして着付けは、母から娘へと伝えられるものでもありました。 ですが、単に着るのと、美しく着るのとでは、大きく違ってきます。 けれど、女性なら誰もが、美しく着こ …

トライしやすい今から始める趣味におすすめな:音楽

音楽というのは、遥か昔から存在する概念であり、コミュニケーションツールや娯楽など様々な用途で親しまれてきました。 音楽が奏でるのは音やメロディだけでなく、一種のコミュニケーションとしての会話や言葉を生 …

ちょっと変わった大人の趣味、徳川埋蔵金探しを始めてみませんか?

徳川埋蔵金のような途方もないものに限らず「宝探し」というものは大人も子供も夢中になってしまうものです。 これが趣味ともなるとちょっと変わった趣味という事になってしまうかも知れませんが、趣味というかライ …

楽天モーションウィジェット