海外旅行用バッグの選び方

海外旅行用のバッグと言えば、主に預け入れする時のキャリーバッグですが、小さいものから大きなものまで様々です。

選び方の好みもありますし、用途や需要によって考えなければいけませんが、安いものもあれば高額なものもあります。

スポンサーリンク

海外旅行に持っていくバッグを選ぶ時のポイント

どんなキャリーバッグがいい?

選び方で1番失敗してはいけないのは、デザインや値段だけで選ばない事です。

やはりお値段それなりですので、ほとんど使わないという人は比較的安価なものでも良いかもしれませんが、年に1回~定期的に使う等であれば、それなりのものを選びましょう。

小さめのものであれば、機内持ち込みできるキャリーもありますので国内旅行でも使えます。

大きめのものを買えば、単身の海外旅行であれば充分事足ります。

キャリーは使用しない時は保管場所がかさ張る為、何個も買い置きしておくものではありません。せいぜい2個まで。

そういった事も考えながら選びましょう。

ファスナー式だったりフック式など色々ありますが、ファスナー式は布地の部分がどうしてもできる為、防犯上で言えばあまりおすすめできません。

よほど機内持ち込みできる小さいもので、国内用であれば問題ありませんが、海外旅行用であれば、施錠部分を含めて頑丈なものを選びましょう。

海外旅行先では預け入れするキャリーは飛行機内に詰め込みされる為、決して丁寧に荷詰めされるわけではありませんし、空港で受け取りの時も、他のキャリーとぶつかったり等色々あります。

キャリーの本体自体が布地製のものもありますが、海外旅行では避けた方が良いでしょう。

ハードケースのもので、中の大切な荷物等を保護する必要はあります。

キャリーの選び方のポイントは値段、用途、容量、使いやすさと防犯面です。

宿泊数や訪れるところによって選ぶ

3日以上宿泊する場合は、5泊以上の大きさのものを選ぶのがおすすめです。
少し余裕が必要となるからです。

理由としては、キャリーの形状にもよりますが、片側の面にキャリーの耐久性を強化する為の柱や筋交が入れられているものがある為、実際荷物を詰める際に、柱や筋交等が入っている側はそこまで入らないのが現状です。

そして、ギリギリまで詰め込み過ぎると施錠もしっかりできず、蓋すら閉まりづらい状況になります。

渡航先空港では荷物検査でキャリーを開閉する場合もありますので、大切な荷物が挟まれて閉められるというケースもあります。

また、ギリギリに詰め込む事でキャリー自体の鍵や蓋のかみ合わせなどの故障にも繋がるので、宿泊数より大きめのゆとりがあるものを選びましょう。

そして、鍵にはTSAロック付のものを選ぶこと。

TSAロックは鍵をかけたままでも預け入れができる為のもので、キャリーを預け入れする際に、TSA検査員等によって特殊な鍵を使って検査を行った後にきちんと施錠して戻してくれます。

やはり、異国の地で見えないところでキャリーを開けられている等は気になる部分です。

TSAロックは許可等を受けなければ取付できない鍵なので、そういった面でも安心。

今では当たり前のようにつけられていますが、中にはつけられていないバッグもありますので、よく確認しましょう。

また、本体が軽量なものはもちろんですが、キャスター部分は360度回転するものがおすすめ。

そして、車輪はだいたい4箇所につけられていますが、1箇所に2つついているものが動きもスムーズで持ち運びがラクです。

手荷物のバッグなども一緒に

キャリーだけで現地を観光するわけではなく、観光の時にも持ち歩く別のバッグも選び方のコツはあります。

基本的には海外旅行では安全である保障はないので、厳重に貴重品の管理等は常におこなっていなければいけません。

その為には、なるべく貴重品を見えないように持ち歩く事は必須であり、窃盗などに合いにくいバッグの形状である事も必要です。

であれば、斜め掛けバッグが1番おすすめです。

斜め掛けでも中にはチャックがいくつかあり、ポケットなどの収納もあるものが理想。

そして軽めで素材は柔らかいものを。

観光中に荷物の出し入れが面倒だったり、入っているものが整理できていないと、取り出したものと一緒に落としてしまう可能性もあります。

また、メインの取り出し口は必ずファスナーで閉めれるものを選ぶ。

口が開きっぱなしのものは、すれ違い時などに擦りに合う可能性も高くなります。

リュックでも問題ありませんが、背中に背負うのではなく、お腹の前に抱きかかえるように背負うのがおすすめ。

但し、リュックの場合は観光施設によっては持ち込み禁止で受付で預け入れしないと施設に入れない等がありますので注意しましょう。

いずれにしても、常に防犯に気遣っておく必要はあります。

特にパスポートやお財布といった貴重品はもちろんスマートフォンも貴重品となります。

決して見える部分に収納せず、厳重に保管収納して持ち歩きましょう。

ネットなどでも旅行用で便利な上に防犯対策も万全なバッグ等は販売されていますので比較検討して準備しましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-

関連記事

ハノイ(ベトナム)のおすすめ観光スポット

ハノイは、ベトナムの首都であり、ホーチミンに比べて目立っていませんでしたが、近頃では著しい発展に伴って、多くの外国人観光客も訪れている観光地です。

大阪府のおすすめ旅行スポット

西日本の中心的存在の大阪府は、人口密度、県内総生産は、東京都に次いで全国第2位の、大都市です。 そんな大阪のおすすめスポットを、いくつかご紹介致します。

アメリカ・オクラホマ州のおすすめ観光スポット

アメリカにあるオクラホマ州は、内陸にある州になります。オクラホマ州で観光する場合、ロートンに様々な観光地があります。 その一つはホーリーシティーです。

夏休みに家族で旅行したい福島県のおすすめスポット3選

福島県は東北地方の南部に位置する県で、浜通り、中通り、会津地方に分かれています。 それぞれの地域によって特色は異なりますが、豊かな自然が魅力の観光スポットや歴史や文化を感じることができる観光スポットな …

チャタヌーガ(アメリカ・テネシー州)のおすすめ観光スポット

チャタヌーガは、アメリカ合衆国テネシー州南東部の、商工業および観光都市です。

楽天モーションウィジェット