備えて安心!海外旅行保険の選び方

日本では救急車を呼んでもお金をとられるということはありませんが、アメリカなどでは救急車を呼ぶだけで10万円以上かかるケースもあります。

そこまではかからないにしても、ある程度の出費は覚悟せねばならず、まして治療をして入院するとなると、その金額は想像をはるかに超える額となり注意が必要です。

そのため、海外旅行に行く際は海外旅行保険に入ることが大前提であり、そうしておくことで破格の代金を請求されて途方に暮れる心配や、それを恐れて治療を受けずに悪化することもなくなります。

スポンサーリンク

海外でのトラブルに備えておこう

海外旅行保険が必要となるのは何も病気の時だけに限りません。

パスポートやクレジットカードをうっかり紛失する、盗難に遭うといったトラブルや、犯罪に巻き込まれて弁護してくれる人を探さなきゃいけない場合などにも海外旅行保険が役に立ちます。

いざ海外旅行保険を使う場合でも、どこでも使えるというわけではありません。

それが本当に使える病院なのかを事前に確かめておくことも大事です。

こういう観点から保険の選び方というのも考えていくことが求められます。

そして、もう1つ考えたいのが、海外旅行の場所によっては保険が使えないことがあるというものです。

外務省などが渡航するのは危険と判断するような国であったり、危険なスポーツなどにチャレンジする場合だったりする時には保険に加入することが最初からできないケースもあります。

そういうことを考慮した上で海外旅行保険を選ぶことが大切であり、複数の会社から出ている中から比較をして、どれを用いればいいかを決めていくことが必要です。

誰を加入させるか、どこに渡航するかで大きく変わる

海外保険の選び方を知る前に、まずは誰を加入させるかという部分で色々と変わることになります。

例えば、出張でその人だけが行く場合や家族旅行で家族全員を加入させる場合、高齢者や学生、子供がいる場合でも費用は大きく変わります。

学生割引というものはないものの、ワーキングホリデーなどで長期間滞在する場合に備えた保険というものがあるため、その方が便利です。

家族の場合にはファミリープランでまるごと加入しておくというのも大切です。

個人で加入する場合は、どこまで保険で守ってもらうかということを決めておく必要があります。

何でも守ってくれるものや個々に決めることができるものなど、色々と用意されています。

どこまで補償範囲なのかという観点で見るのも選び方の1つです。

場合によっては救急車を呼ぶ時の費用、海外から家族を呼び出す場合の渡航費までを負担してくれるケースもあります。

一方、持病を持っている場合には下手をすれば保険が下りないことも考えられるため、そういう特約をオプションでつけることも必要です。

どういう場面で海外旅行保険が用いられやすいかという観点から選び方を考えるのもあります。

治療費、盗難、飛行機トラブルなどで9割以上を占めると言われ、特に治療費と盗難が全体の8割を占めており、これに特化した保険に入るというのも考え方としてはありです。

また、地域によってそれぞれのリスクが異なり、かなりの地域差が見られ、グアムなどではむしろ飛行機トラブルが圧倒的に多いというデータもあります。

このため、どの地域に海外旅行に出かけるかというのも大事です。

ネットで加入できるものが人気

最近の海外旅行保険はクレジットカードに多少ながらついており、それで何とか負担を軽減できたというケースもあります。

一方、クレジットカードさえあれば24時間いつでも加入できるものというのが多数出ており、そうしたものが人気です。

インターネットで加入することにより本来の保険料からほぼ半減に近い費用にすることができたり、旅行日数ぴったりの保険料を払えばいいケース、何度も利用する場合にはリピーター割引がつくケースがあるなど、お得な商品が数多く存在します。

一方、高齢者が旅行をする場合、ほとんどの商品は69歳以下という制限があり、70歳以上になると加入できるものがかなり限定されますが、そんな中で年齢制限のないものや99歳以下に設定しているものがあるなど、非常に使い勝手がいいのも特徴です。

家族だけでなく友人も加入させることができるため、例えば団体で旅行をする場合などにも用いることができます。

このようにニーズに合わせた形で海外旅行保険に加入することができることから、それぞれのメリットを比較検討して選ぶことをおすすめします。

選び方のコツとしては具体的な数字、具体的な例を出して、こういう場合に便利というものを伝えているようなところがおすすめです。

きめ細かく対応する、サポートするだけではどこまでサポートしてくれるのかなどがわかりにくく、日本語の対応といっても現地の外国人が日本語を話すのか、日本人が対応するのかで大きく異なります。

こうした安心できる保険なのかどうかという部分で選んでいくことも必要であり、額面だけで見ないことが求められます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-旅行・レジャー, 海外旅行
-

関連記事

8月におすすめの国内旅行先3選

8月は夏休みもあり、国内旅行に行くことも多い季節です。また、各地でさまざまなイベントもあり、国内旅行へ行くにはぴったりです。 気候の良いところでのんびり過ごすのも良いですし、海でのレジャーで思いっきり …

ランカスター(アメリカ・ペンシルベニア州)のおすすめ観光スポット

アメリカのペンシルベニア州の、ランカスターを代表するスポットとして知られているのが、ハーシーパークです。

大人も子供も楽しめるプール!赤坂「ホテルニューオータニ」

赤坂にある、ホテルニューオータニのガーデンプールは、宿泊者はリーズナブルな価格で利用することができますが、外部からの利用者の場合は、一般的な市民プールと比較するとやはり高めではあります。 しかしその分 …

アメリカ・ミズーリ州のおすすめ観光スポット

アメリカのミズーリ州を観光するなら、アメリカにおいて最も高い国立建造物と言われている「ゲートウェイアーチ」がおすすめです。 圧巻の建物で、旅の思い出に写真撮影するのに絶好のポイントでしょう。

地元民おすすめ!富山県旅行の穴場スポット3選

北陸新幹線が開通になったことで、富山県は観光地として人気が上昇しているといわれています。 そんな富山県には、美しい自然、世界遺産などたくさんの観光スポットがあります。 ただ地元民しか知らない穴場スポッ …

楽天モーションウィジェット