海で仕事をしたい人にピッタリの船舶関係の資格:海技士(機関)

船舶の運航に関わる仕事と言えば航海士をイメージしがちですが、実際に船を動かす心臓部である機関室を管理する海技士(機関)も非常に重要な役割を担っています。

船舶に関わらず幅広い分野で活躍することもできるので、取得しておいて損はありません。

スポンサーリンク

海技士(機関)の仕事とは

機関士という仕事は、その名の通り、船舶の中の機械関係を専門的に扱うことになります。

船をスムーズに動かすためにはエンジンやボイラー、様々な計器類が必要なのですが、機関士はそれらのメンテナンスや管理に特化したスペシャリストです。

こういった部分は機関部と呼ばれ、最高責任者とされる機関長の指示に従って実際に操縦を行います。

エンジン類が搭載されている船舶には機関士の資格を持った者が必ず乗り込む必要があり、もし有資格者がいなければ航海に出ることができません。

基本的に機関士には1級から6級までの階級があり、一般的な商船だと1等機関士と2等機関士、及び3等機関士らで構成された機関部が乗り込むことになります。

航海している間は24時間休まずエンジンや計器類のチェックや操縦を行うため、担当者を交代で組んで万が一の事態が起きないよう対策が取られています。

最近では船舶もオートメーション化が進み、大型で最新式だと機関部も全く新しいシステムになっているため24時間体制を取らなくて済むケースもあり、勤務形態も多様化していると言えるでしょう。

海技士(機関)になるためには

船舶で機関士として活躍したい場合は、国が実施する国家試験に合格して資格を取得する必要があります。

機関士であっても他の船舶従事者と同じように海技士国家試験を受験し、海技士としての免許を取得する必要があります。

海技士の中でも機関部門の免許を取得しなければならないので、航海士など他の免許を持っているだけでは機関士として働くことはできません。

旧商船大学と呼ばれている専門の大学や短期大学などに入学したり、商船関係の高等専門学校や水産高等学校などで学ぶことで資格取得を目指すことになります。

決して数は多くありませんが、日本各地に学校は存在しているので探してみると良いでしょう。

学校に入学すると、まずは知識を付けるために船舶の航行に必須となる様々な機器や計器類について勉強を重ねていきます。

これらの知識は非常に膨大な量に及ぶので、操作までマスターするとなると3年から5年ほどかかってしまいます。

この過程には乗船実習も含まれているので、やはり専門の大学や学校で学んだほうが効率良く必要な知識と経験を積むことができるでしょう。

海技士(機関)の試験

機関士になるための海技士国家試験を受験するためには、あらかじめ定められた一定の条件を満たす必要があります。

上述したように機関士の資格は1級から6級までありますが、最初に受験できる級数は3級までです。

これより上の級を目指す場合、所定の乗船実績が必要なので、まずは実務経験を積むことが欠かせません。

乗船実績は、その人が実際に機関士としてどのような能力を備えているか、仕事を経験した機関などを評価するために必要なことです。

乗船実績は筆記試験ではなく、国家試験を受ける際に口述試験でチェックされることになります。

例えば、機関士として従事している際に発生したトラブルにどのように対応したか、どんな経験をしてきたかなどを中心に様々な質問が投げかけられます。

試験官は引退した船長や機関長などの実務経験者であるため、ごまかしや教科書で学んだような回答は通用しません。

どんな質問が来るか、試験官がどのように判断するかは様々に異なるので、自分の経験や知識をしっかり見つめ直してまとめておくことが重要です。

海技士(機関)の資格は様々な船で役立つ

機関士の資格を持っていれば、世の中の様々な職場で活躍することができます。

具体的に挙げると、客船や貨物船、漁船に遊覧船など、エンジンを搭載している船舶であれば必ず機関士を必要とします。

世の中に存在するエンジン付きの船の数だけ職場があるということになり、人手不足も深刻化しつつあるため就職先に困ることは滅多にありません。

意外ですが、実は機関士の資格があれば公務員として勤務することもできます。

海上保安庁や自衛隊所属の船舶にも当然エンジンが付いているため、機関士として働くチャンスがあります。

公的な機関の船で働けば当然公務員という扱いになるため、公務員を目指している人は競争率の低い機関士を目指すというのも一つの選択肢です。

機関士は就職した後にも上位の資格取得を目指してキャリアアップし続けられる職業です。

より上位の資格を得て機関部のトップである機関長に上りつめれば、収入も一般的なサラリーマンとは比較にならないほど高くなります。

自分の技術や経験でいくらでも向上していける仕事なので、高収入を目指す人にも最適です。

最後に

船長や航海士と比べると決して目立たない機関士ですが、船を動かすという非常に重要な役割を果たしているため需要はかなり大きいと言えます。
今後は人手不足が更に進み、収入も高くなっていくと期待されているので挑戦してみると良いでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 国家資格
-,

関連記事

英語の資格が活かせる仕事:海外営業

日本の企業が自社製品を携えて海外に乗り込んで行くのは、今ではすっかり珍しくなくなりました。 昔は英語で誰かと話すときに「通訳」を介していたことは誰でも分かると思います。 しかし、昨今では通訳の人数が要 …

医療事務検定試験の難易度と合格率は?

スポンサーリンク 医療事務の難易度と合格率 医療事務はそもそも暗記する必要の全くない資格です。 医療行為の内容を点数化してレセプトという表にまとめるというものが試験内容になります。 通信教育などでとる …

銀行事務の仕事に就きたい人におすすめの資格

銀行事務には、いわゆる窓口での事務、裏方としての事務など、同じ事務では全く意味合いの異なるものが存在します。 銀行事務は、銀行事務でもどの役職、役割を担うかによって、おすすめの資格というのが大きく変化 …

当たり前をきちんと知る!日本語の資格「実用日本語検定」

実用日本語検定は、外国人の日本語の能力を客観的にはかるための検定試験です。受験者は、留学生や日本語学校の生徒が大半で、年間約7万人もの人数が受けています。 日本語をマスターするには、語彙、文法、文型、 …

女性に役立つ資格:医療事務

子育て中の女性が無理をして働きに出たとしても、たくさんの収入を得るのは難しくなります。 有給がしっかりとれる正社員であればいいですが、パートなどであれば稼いだお金もほとんど保育所代で消えてしまうことも …

楽天モーションウィジェット