介護事務の仕事に就きたい人におすすめの資格

高齢化が加速する昨今において、介護への需要は増すばかりです。介護事務に関してもそれは同様であり、これから先を踏まえた上で、介護に関する資格を取っておくメリットは、極めて大きいと言えます。

就職先で、有利になれる資格を紹介します。

スポンサーリンク

全般的な能力に関わるケアクラーク(R)

介護事務に必要な知識、技能、コミュニケーションなど、幅広い能力を持つ方が取得できるのが、ケアクラーク(R)です。

中でも、介護報酬額を正しく計算する能力が求められます。デスクワークが中心となるので、体を動かすよりも、頭を動かす方が得意という方におすすめです。

ケアクラーク(R)に認定されていれば、居宅介護サービス機関や介護保健施設、在宅介護サービス事業先、老人保健施設などで活用することができます。

勤務形態が、それぞれの職場によって異なっており、探せば自分に合う時間帯で働ける職場が見つかる可能性もあります。

ケアクラーク(R)を取得するには、年6回行われているケアクラーク技能認定試験に合格する必要があります。この試験は、一般財団法人である日本医療教育財団が実施しているので、高い信用性があります。

各都道府県で実施されるので、日本中のどこに住んでいても、比較的受けやすい試験と言えます。受験資格は特になく、得点率が70%以上あれば合格となります。

特定の分野だけで高得点を記録しても合格にはならず、それぞれの得点率が70%になる必要があります。

介護事務管理士の特徴

サービス事業所の受付や、会計レセプト業務に関わる資格として、介護事務管理士があります。介護事務管理士は、ヘルパーステーション、訪問介護ステーション、デイサービスセンターなどで働く方におすすめの資格です。

主な業務内容としては、介護報酬の請求業務やケアマネジャーの、業務のサポートなどが挙げられます。ケアマネジャーには、ケアプランを作成する役割がありますが、そのサポートを行うのが介護事務管理士の重要な仕事です。

そのため、ケアプランの内容を把握しておくことが大切です。ケアクラーク(R)と同じく、介護報酬の計算も業務に含まれています。

介護事務管理士になるには、JSMA技能認定振興協会が行っている、介護事務管理士技能認定試験に合格する必要があります。試験内容はマークシート方式の学科試験に加えて、実技試験もあります。

実技試験では、レセプト点検やレセプト作成を行います。受験資格は特にないので、誰でも受験でき、受験するチャンスは年に6回用意されています。

特定の通信講座を受けていれば、自宅での受験も可能となります。

医療サービスにも活用できる介護保険事務管理士

介護保険事務管理士は、一般財団法人である日本病院管理教育協会が認定しています。管轄している協会からも分かるように、介護サービスだけでなく、医療サービスの分野にも活用できるのが特徴です。

介護保険事務管理士に認定される、特別養護老人ホーム、デイサービスセンター、グループホーム、病院などで活躍できます。

介護報酬の給付請求を行うのが主な仕事であり、その点から介護施設だけでなく、病院でも働くことができます。給付請求以外にも、経営に関するアドバイスや、利用者へのサービス向上の提案などを行う能力が求められます。

介護事務だけでなく、介護に関する全般的な能力を期待されることも多いです。

介護保険事務管理士になるには、まず協会が指定している学校での、必須カリキュラムを受講した上で、介護保険事務管理士の認定試験に合格及び、医事管理士や医療事務士、病歴記録管理士のうち1つに合格にはする必要があります。

取得までの道のりは、他の資格に比べても長いですが、その分大きな影響力を持っています。

試験は、年に2回行われています。

介護事務実務士(R)

介護事務実務士(R)は、介護報酬請求事務に関わる資格です。請求事務を行うだけでなく、受付や窓口での業務を担当したりするのが役割となっています。

介護事務実務士(R)に認定されれば、訪問介護ステーション、介護老人保健施設、在宅サービス事務所、デイサービスなどで活躍が期待できます。

特定非営利活動法人である、医療福祉情報実務能力協会(MEDIN)が認定を行っています。介護情報実務能力認定試験に合格することで取得できますが、指定の通信講座を修了することでも取得できるのが特徴です。

そのため、比較的取りやすいというメリットがあります。介護の職場に入ろうと考えている方が、初めに取得するにもうってつけといえます。

介護施設や事業所などで、既に働いている方がスキルアップを目的として、取得するケースもあります。

取得しやすい分、大きな影響力を持つ資格ではありませんが、一定の信用性は確保できます。特に介護保険請求事務を行えると判断してもらえることは、介護事務に就職するにあたって大きなアドバンテージとなります。

最後に

介護事務においては、様々な能力が求められますが、資格を取得する過程で得られる能力も多いです。

取得の難しいものの方が希少性は高いものの、まずは手頃なものにチャレンジしてみて、だんだんとスキルアップするのもおすすめです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格
-, ,

関連記事

趣味で取れる実用的な資格:語彙・読解力検定

文字を読むことは日常的にありますが、自分の語彙力や読解力を測定できる資格に、語彙・読解力検定があります。 ベネッセコーポレーションと朝日新聞社が共同で実施する民間の検定試験となるものの、資格取得者は入 …

貿易事務の仕事に就きたい人におすすめの資格

通常の事務より、時給や待遇も高く、海外の香りもする貿易事務。 その仕事に就くにあたって、完全に未経験・無資格よりは、持っていたほうが有利になる資格がいくつかあります。 どういったものがあるか、詳しく見 …

海で仕事をしたい人にピッタリの船舶関係の資格:海技士(機関)

船舶の運航に関わる仕事と言えば航海士をイメージしがちですが、実際に船を動かす心臓部である機関室を管理する海技士(機関)も非常に重要な役割を担っています。 船舶に関わらず幅広い分野で活躍することもできる …

女性に役立つ資格:秘書検定

女性が働きつづけようと思った時に、何か強みとなるものがないと仕事が探しにくくなってしまいます。 もちろん女性ならではの強みは、細やかな気遣いができることなど、日常生活や仕事の中で培われたものがたくさん …

傷ついた人を癒す!心理・メンタルケアの資格:高齢者施設ミュージックセラピスト

音楽療法は、ストレス解消や集中力アップなどのほかにも認知症の予防など様々な効果をもたらします。 これからの高齢化社会に高齢者施設ミュージックセラピストの存在は、大きな力になることでしょう。 この機会に …

楽天モーションウィジェット