公務員になるための試験:海上保安学校

海の平和を守る海上保安官になるためには、海上保安学校へ入学して学ぶ必要があります。

海上保安大学校は幹部職員を、海上保安学校は一般職員を目指す場所となります。

スポンサーリンク

海上保安学校について

海上保安学校に入学するための勉強方法

通常の公務員試験の勉強以外に、専門知識が要求されます。
ある程度のレベルに達していないと講義についていくことができない為です。

合格するにはどのような学習方法を実践する必要があるのか、いくつか検討してみましょう。

1.市販のテキストを利用する

書店では様々な問題集が販売されています。
該当する書籍を元にして学習をする方が安く、好きな時間に基礎から学ぶことができます。
理解をしやすいようにまとめられているものの、質問ができないという欠点があります。
自分でも調べることができる人が利用すると良いのです。

2.スクールで勉強する

各種スクールでは合格に必要な知識を習得できるように講義がされています。
レベルに合わせて講義内容を変更することも可能な為、合格に必要な知識を習得することができます。
毎日通学しなければならず、料金が高いのが問題ではありますが、直ぐに質問ができる環境ではあります。
友達と一緒に学びたい人にはおすすめの方法です。

入学後はどのようなことをするのか

一般的な公務員試験は、学科試験や適性検査に合格をすると、2ヶ月間ほど配属前研修が行われます。
研修終了後に配属された場所にて、実践訓練を行いながら一人で考え行動ができる力を養うようにされています。

一方、海上保安学校はどのような点が異なっているのかいつくか検討してみましょう。

1.公務員として給料が貰える

学生という立場でありながら、公務員でもあるので給料をもらうことができます。
学校で勉強をしてお金が貰えるという体験をすることができます。

2.幹部候補生として勉強する

幹部候補生として必要な全ての知識を学べます。
入学試験合格の為に簡単に記憶させただけでは理解することまではできません。
理解度を向上させることで記憶を定着させることができます。

3.講義の試験で合格点に達すること

カリキュラム内容の理解度を測る為に、それぞれの科目で試験が実施されています。
一定点数以上に達していなければ資格を喪失することになりかねません。
その為には予習復習をすることをかかしてはいけません。

4.卒業すると直ぐに配属先が決定される

学校を卒業することで、実務に必要な知識は全て習得したと見なされます。
卒業時には配属先が決定されます。
直ぐに学習成果を発揮することができます。

3.インターネット配信の講義で勉強する

インターネット配信で講義を受けられるスクールもあります。
自宅などで好きな時間に学習ができるのが大きなメリットです。
一斉講義では周りの環境に飲まれてしまい、成果を発揮できない人は利用すると良いです。
質問をすることはできるものの、回答を得られるまでに数日間必要です。
自分で調べたのとほとんど変わらないこともあります。
自分のペースで進めたいと考えているのなら選択すると良いです。

学生になったら何を目標にするか

入学試験合格後に何を目標とすれば良いのかわからなくなる人がいます。
試験を突破することだけを目標としていると、路頭に迷う結果になります。

合格をしてから何を目標にすれば良いかいくつか検討してみましょう。

1.まずは卒業を目指す

入学しただけでは、現場で活躍することはできません。
卒業することを第一に考える必要があります。
入学は助走期間であり、卒業をしなければスタートラインにも立てていない状況なのです。

2.安心安全に生活をするには何が必要かを考える

私たちが海に囲まれた地域で暮らしているのはなぜかを考えることで、責任の重大さに気づくはずです。
諸外国が攻めて来るルートとして、まず海上が考えられます。
海の平和を守ることが平和な日常生活を送れる理由になっていることを念頭に置く必要があります。

3.諸外国との関係について考える

諸外国と直接的に関わる業務であることを再認識すると目標を立てやすくなります。
国の安全、人々が安心して生活ができているのは、諸外国の動向を常に確認しているからだという基本を忘れてはいけません。
終わり良ければすべて良しという事はありません。
ひとりひとりが任されている業務を的確に実施できているからこそ現在があるのです。

4.なぜ入学をしたいと思ったのかを常に意識する

なぜ海上保安学校学生になろうと決意したのかは常に意識することが求められます。
目標を見失ったら原点に戻り、なぜどうしてを思い出すことをおすすめします。
原点に戻れば目標を立て直すきっかけになります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 公務員

関連記事

専門職には欠かせない!技術系の資格「CAD技術者」

昔は、建築関係の設計や機械設計などは、手仕事で行っていたことがありましたが、今ではそのような作業する人はほとんどいません。その代わりにCADを使って、製図・設計・トレースを行う人がほとんどなのです。 …

就活で持っていたい資格「医療事務」のアピールできるポイント

病院を対象に就職活動するのであれば、医療事務の資格を取得しておく事は必ずプラスになります。 医療の世界で仕事をする場合に、必ず医療事務の知識が必要になるかというと、そうではありません。 しかし、健康保 …

女性に役立つ資格:フードコーディネーター

近年では、女性に人気の資格の一つに「フードコーディネーター」があります。 年齢制限などはなく、いつでもチャレンジできる資格の一つです。

自転車関係の仕事をしたい人にピッタリの資格:自転車安全整備士

自転車安全整備士の資格は、自動車整備士の資格と比べますと、優しい受験内容になっています。 自動車を整備できる人であれば、受験のための実技や学科試験への対策も、コツコツ勉強すれば、資格取得を実現できるで …

将来的に独立ができる国家資格「司法書士」

司法書士とは、司法書士法に基づく国家資格で、個人や企業など、他人からの依頼を受けて登記事務や供託事務、裁判事務を行う人の事をいいます。

楽天モーションウィジェット