隠し味で「バター」を入れると、クリームシチューが一段上の味になる!

クリームシチューは、寒い冬に体を温めてくれる定番料理で、子どもから大人まで好む人が多いです。

ただ、牛乳や生クリームがベースとなっていて、誰が作っても同じという印象が強く、隠し味にバターなどを加えると、オリジナル感が出ます。

スポンサーリンク

冬の定番料理をより美味しくするために

寒い冬に食べたいのは、体を温めてくれる料理で、煮込み関係は今も昔も人気があります。

その中で、子どもから大人まで人気が高いのがクリームシチューで、スープに牛乳や生クリームなどの、乳製品をたっぷり加えて作るので、優しい味わいが口の中に広がり、体をポカポカと温めてくれる効果が高いです。

カルシウムもたっぷりと入っているので、栄養価が高いにも嬉しいポイントになります。

冬場の定番料理として有名で、西洋料理が元になっていると思われがちですが、実は日本で生まれました。

イギリスのアイリッシュシチューを参考にして作られましたが、小麦粉でとろみをつけるというのは世界でも珍しく、日本料理として広がっています。

基本の具材は鶏肉、タマネギ、ジャガイモ、ニンジンです。さらに彩りを考えてグリーンピースやブロッコリー、マッシュルームなどを加えることも多く、決まりごとはないので家庭ごとに内容が異なっています。

ジャガイモではなくサツマイモを、タマネギではなく長ネギにして和風にするなど、自由自在にアレンジができるのが魅力です。

味に深みを出すためには

クリームシチューは、乳製品と肉や魚、野菜の旨味を感じさせる煮込み料理で、食べやすさがありますが、シンプルなだけに飽きてしまうこともあるはずです。

特に市販のルゥを使って、レシピ通りに作ると、誰が調理しても一定の美味しさになりますが、常に同じ味わいになります。

そういった時は、隠し味を加えるなど、ちょっとした工夫をすると、普段とは違った味わいになるのでおすすめです。

煮込み料理に隠し味を加える場合、香辛料やハーブ、チョコレートやヨーグルトといったものを選ぶ人が多いです。他にも、ケチャップやマヨネーズ、ソースなどもセオリーと言えます。

ただ、クリームシチューの場合におすすめになるのがバターで、同じ乳製品なので相性がぴったりです。

同じ乳製品でも、バターは牛乳を攪拌して脂肪分を固めたものとなり、牛乳や生クリームよりも、濃厚な味わいがあるのが特徴になります。

熱に弱く、溶けやすいのも隠し味として加えやすく、一口にバターといってもさまざまな種類があるので、隠し味として使った時に別の味わいや風味になるのが面白いです。

意外と種類が多いです

普段のクリームシチューをワンランクアップした味わい、香りにするためにおすすめの隠し味がバターになります。

そしてバターもさまざまな種類があり、特徴を知って隠し味に利用すると味わいや風味が異なってくるので、特徴を知っておくと役立つはずです。

日本で一般的に販売されているバターは、塩を加えて作られていますが、製菓や料理用に塩を加えない無塩バターというものもあります。

最近は、お菓子作りなどで使われることが多くなって、近くのスーパーマーケットでも取り扱われているので、購入は難しくありません。

シチューは、ルゥによっては塩気が強い場合があるので、そういった時は無塩を利用するとマイルドなコクが出ます。

また、ヨーロッパでは一般的に使用されている発酵バターを使うのもおすすめで、独特の酸味が煮込み料理にはマッチして味に深みを出してくれます。

一般のスーパーでは、まだ取り扱っているところは少ないですが、製菓材料を取り揃えている店や、輸入食材店なら見つかる可能性が高く、ネットショップにもあるので探すと見つかります。

適量を守ることが美味しさの秘訣

隠し味を加える時にはいくつか注意点があり、それを守らないと出来上がりが台無しになってしまいます。

大切なのは適量を守ることで、入れすぎると味が濃くなり過ぎてしまうので、少しずつ加えて味見しながら加減するといいです。ただ煮込むことで濃くなるので、少し足りないくらいが丁度いい場合が多くなります。

そして、バターを隠し味に使う時、入れるタイミングは牛乳や生クリームを加えてひと煮込みする時で、同じ乳製品なので煮過ぎると分離してしまうので気を付けてください。

最初に加えてしまうと、しょっぱくなる場合があるので、タイミングも重要です。乳製品は煮込み過ぎるとまずくなるので、温める程度に火を通すのがポイントになります。

シンプルなクリームシチューの味わいを深くするためには、一般的な作り方、具材の他に隠し味を加えることがおすすめです。

初心者でも合わせやすいのがバターで、同じ乳製品の仲間なので相性が良く、それでいてマイルドでありながら濃厚な味わいを出すことができます。

バターも種類があるので、試して好みの味を見つけてください。

最後に

シンプルなクリームシチューの味わいを、ワンランクアップさせるのには、隠し味を加えることです。

さまざまなものがありますが、バターは乳製品の一種なので相性が良く、風味や味わいを濃厚にしてくれるのでおすすめになります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-, ,

関連記事

愛媛県に行くなら絶対食べたい!ご当地グルメ5選

愛媛県には、日本を代表する温泉地の一つである道後温泉や、歴史を感じさせるお城の松山城などの、有名な観光スポットがあり、他の都道府県からの観光客が大勢訪れています。 そんな愛媛県に行くなら、絶対に食べた …

肌の潤いを保つビタミンB6は【まぐろ】で摂ろう!

ビタミンB6は、牛や鶏などのレバー、ピスタチオやピーナッツなど、さまざまな種類の食材から摂取することができますが、もっとも摂りやすい食材は魚類、特にまぐろです。 ビタミンB6には美肌効果があるため、女 …

超美味!納豆に「ドレッシング」をちょい足し!

いくら健康に良いといっても、いつも同じ食べ方をしていると、納豆も飽きてしまうことがあります。そんな時におすすめなのは、納豆にドレッシングをちょい足しすることです。 ドレッシングを和風や洋風に変えるだけ …

炊飯器で作れる時短レシピ「角煮」

とろっとした、甘い脂がおいしい角煮ですが、作るとなると非常に手間がかかります。 その上、中までしっかり味をしみこませようと思えば、長時間の加熱が必要となります。そんな手間のかかる角煮でも、炊飯器を使え …

肌にいいビタミンCは【ピーマン】で摂ろう!

肌にいいビタミンCは、ほのかな苦みもおいしい、ピーマンでたっぷりと摂ることができます。 新鮮な状態を食べるのが、最もビタミンなどの栄養を取り入れやすいため、千切りでサラダにいれたり、野菜炒めにしたりし …

楽天モーションウィジェット