隠し味で「チョコレート」を入れると、クリームシチューが一段上の味になる!

隠し味で、女子たちも大好きなチョコレートを加えることにより、いつものクリームシチューが、もっと味わいを増すことになります。

そのまま食べても優しい味わいですが、チョコレートの持つ上品で優雅な味わいが加わります。

スポンサーリンク

隠し味でチョコレートを加える

隠し味でチョコレートを入れることで、いつものクリームシチューが、さらに一段上の味になります。スイーツの王道の甘みを加えることにより、コクが深くなりますし、味わいもマイルドになります。

ほのかな甘さが加わるので、一口食べるごとに、とろけるようなおいしさを堪能することができます。

人工的な白砂糖の強い甘みが強調をするのではなく、カレーを口にして感じられるのは、プロの料理人が醸し出すような、高級なカレーの味わいに近づけることができることです。

調理に細工を加えるときには、ほんの1かけらから2かけら程度で十分であり、味見をして増やすなり調整をします。加えるタイミングとしては、カレーのルーを投入するとき、一緒に入れて溶かします。

加熱を止めて、ルートチョコを入れてから、きれいに溶けるように混ぜ合わせます。

上手に溶け込ませるためには、固形のまま入れるのではなく、電子レンジで溶かしておいてから、カレーの中に加えて混ぜ合わせる方法でも大丈夫です。

好みでチョコを増やしたり、味を見ながら足していきます。

クリームシチューを美味しく仕上がるために

隠し味でチョコレートを入れることにより、クリームシチューは風味を増します。美味しくシチューを完成させるために、トライしたい方法はいろいろあります。

鶏肉を使うのが一般的ですが、旨みとして痛めたベーコンを使うのもひとつです。ベーコンからにじみ出る油と、ベーコンのおいしさは、シチューをより濃厚にします。

キノコをたっぷりと使うのも、シチューを美味しくさせるコツになります。旨み成分であるグアニル酸を含むのがキノコであり、その成分が冷凍することで3倍にもなるのが、しめじの存在です。

シチューを作るときには、冷凍のしめじを使用してみることです。3つの要素が掛け合わされることで、料理というのはさらにおいしくなります。

その要素としてあるのが、イノシン酸にグアニル酸、グルタミン酸であり、かけ合わせればおいしさは2倍にも、5倍にもなる相乗効果が期待できます。

冷凍しめじはグア二ル酸、鶏肉やベーコンはイノシン酸、チーズや牛乳はグルタミン酸と、クリームシチューにはおいしくなる要素が豊富に含まれています。

チョコレートの持つおいしさを引き立てる力

クリームシチューの隠し味にも最適なチョコレートは、他のメニューに加えても味わいをレベルアップさせてくれます。

白い砂糖をたくさん入れると、人工的な強すぎる甘みになる料理でも、チョコレートだと不思議なくらいに、上品で深い味わいになります。

加熱調理をする料理への豆乳は、いったん火を止めてから加えます。弱火でじっくりと煮込むことで、全体へとマイルドな甘みが浸透をして、馴染んで旨みが一層引き立ちます。

長時間煮込んでしまうと、焦げたり苦みが出たりすることもあるので、弱火である程度煮込んだら、おいしくいただくようにします。料理の味わい意を一層引き立てるために、料理には様々な隠し味があります。

煮込み料理などは時に、プラスの簡単な調味料や食材で、おいしさが倍増することがあります。シチューやカレーなどの場合は、調味料を加えるのはポピュラーです。

とんかつソースやウスターソースを加えると、多くのスパイスや、果物や野菜のうまみが詰まっているので、濃厚な味わいに変わります。

すりおろしたりんごやジャムが入ると、甘みが増えます。

チョコレートの持つ働き

クリームシチューとの相性も良いチョコレートは、実は素敵な働きを持つ食べ物でもあります。たくさん食べると太りやすいとか、ニキビができやすいなど、悩ましい部分はありますが、適量を食べるのはプラスになります。

原料はカカオ豆であり、カカオ豆には亜鉛に鉄分、マグネシウムにカルシウムなど、多くのミネラルが含まれます。

カカオ豆をすりつぶして飲んでいたのが最初であり、元々はお薬のようなものでした。カカオがもたらす働きは歓迎するべきものであり、カカオ自体は太りにくい食べ物です。

気を付けるべきことは、砂糖が過剰でないことなので、カカオは脂肪にはなりにくいです。カカオポリフェノールを含みますので、高い抗酸化作用が働きます。

抗酸化作用が高いということは、アンチエイジングにも良いということですし、病気の予防にもなるということです。フラボノールや、ポリフェノールも持つカカオなので、ストレスを緩和して、肌ストレスを予防します。

フラボノールにより、日焼けによる赤みからも、肌を守ってくれますし、リラックス効果があるのもチョコレートです。

最後に

隠し味にもいろいろな種類がありますが、クリームシチューを一層おいしくさせてくれるのは、チョコレートを加える方法です。

大量を入れる必要はなく、ほんの少し加えることで、チョコレートも持つ深みとコクを、クリームシチュー二加えることになります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-, ,

関連記事

兵庫県に行くなら絶対食べたい!ご当地グルメ5選

兵庫県は、お洒落な街神戸や、世界遺産姫路城・有馬温泉や城崎温泉などの温泉地も有名で、実に多彩な顔をもった県です。 様々なご当地グルメも数多くあり、観光で兵庫県を訪れた際には、是非食べてもらいたい物ばか …

身体を温める野菜【にんじん】

温かい食事を取れば体は温まり、冷たい食事を取ると冷えます。 あまりにも当たり前のことで、生活をしてて感覚的にも分かっていることだと思います。 例えば、冬に温まったスープを飲むとぽかぽかしたり、夏の暑い …

花粉症は食べ物で改善出来る!花粉症を和らげる食べ物「きくらげ」

春が近づき暖かくなると、花粉症が発症します。 スギなどの花粉がとびちり、目や鼻の粘膜に付着すると、鼻水、くしゃみ、目のかゆみなどの症状が現れてきます。

花粉症予防・改善が出来るハーブティー:ペパーミント

毎年スギ花粉の季節になると、目や鼻につらい症状が出て、苦しむ人の数が急激に増えます。 日本全国の山に、植樹された杉から花粉が飛散する季節になると、多くの人が花粉が原因のアレルギー症状に苦しめられるよう …

女性に嬉しいスーパーフード!「クコの実」の食べ方【生でそのまま食べる】

クコの実は、中華料理や薬膳料理に良く用いられており、不老長寿の生薬として親しまれています。

楽天モーションウィジェット