隠し味で「昆布茶」を入れると、クリームシチューが一段上の味になる!

昆布茶は、和食の隠し味によく使われますが、洋風のクリームシチューにも、とてもよく合います。

海鮮のシーフードシチューや、チキンシチューの隠し味にも最適です。

昆布茶には、グルタミン酸という旨味成分が多いので、シチューに加えることで深い味わいになります。

スポンサーリンク

クリームシチューのレシピ

食欲の秋は、涼しくて過ごしやすく、料理が楽しい季節です。 例えば、和菓子や、お祝いなどで好まれる昆布茶は、調味料としても重宝され、昆布の旨味と、適度な塩分が料理を引き立ててくれます。

少し加えるだけで、いつもの料理を美味しくします。秋にぴったりのクリームシチューですが、市販のルーを使わない、体に優しいレシピの作り方です。

市販のルーの代わりは、2~4人分で、バター15g・小麦粉大さじ2・牛乳2カップ・コンソメキューブ 1個を使用します。

作り方は、バターで、材料のジャガイモや人参などを炒め、火を止めてから、小麦粉を入れ、具になじませたら、水を入れて小麦粉を溶かすように混ぜます。

その後、牛乳を入れ、弱火でとろみが出るまで混ぜ続け、とろみが出たらコンソメを入れ、弱火で煮こみます。イモや人参が好みの硬さになったら、最後に昆布茶・塩・コショウで味を調えて出来上がりです。

シチューは焦げやすいので、小まめにかき混ぜて下さい。

鮭のシチューはもちろん、パスタやグラタン、だし巻き卵などの隠し味にも、昆布茶をおすすめします。

昆布茶を使ったシチューのレシピ

隠し味に、昆布茶を使ったクリームシチューの作り方は色々あります。

市販のルーを使う場合は、具材を水で沸騰して、アクを取った後に、昆布茶を入れて、具材が柔らかくなるまで煮込み、その後火を止めてから、ルーを入れ溶かします。仕上げに、牛乳・味噌・醤油を小さじ1、湯がいたほうれん草を入れても美味しいです。

また、バター・小麦粉・牛乳で、クリームソースを作った後、隠し味の昆布茶を入れ、炒めた人参や玉ねぎにクリームソースとアサリを入れ、15分ほど煮込みます。

さらに、食べる前に小松菜を入れ、5分程煮込んだら、簡単に出来上がりです。クリームソースは、牛乳の代わりに豆乳もヘルシーです。

具材は冬野菜のキャベツ・さつまいも・白菜・パセリ・マッシュルームも美味しくおすすめです。

余ったシチューは、パスタに湯がいたアスパラガスやウインナーを加え、ソース代わりのシチューをパスタにかけても、アレンジレシピになります。

他にも、玉ねぎ・有塩バター・昆布茶で、グラタン・クリームコロッケ・ドレッシング・などにアレンジできます。

クリームシチューの隠し味

日本人は、甘味と旨味を強調すると美味しく感じる特徴があります。家庭的な料理・シチューを、隠し味でひと工夫するだけで、プロの味に近づけられます。

例えば、しょうゆ・チーズ(粉チーズ・固形・スライスチーズ)・ハーブ・昆布茶・白みそ・砂糖がクリームシチューの隠し味にぴったり合います。

日本人好みの味・醤油は、洋食にかけても好まれ、シチューに入れる鶏肉は、しょうゆと酒で味をしみ込ませてから調理すると、抜群に美味しいです。

昆布茶は、うま味調味料の代表で、和食によく使われますが、シチューに入れても、独特の風味が加わります。市販のものも良いですが、昆布茶は簡単に手作りできて、市販よりも美味しいです。

チーズは、濃厚さとコクが出て、粉チーズ・とろけるチーズも同じです。シチューを、プロの味に仕上げてくれます。チーズを入れるのは、材料を煮込み終わってからが良いでしょう。

白みその場合は、深くまろやかなコクが出て、具材に鮭とじゃが芋を入れると和風シチューになります。塩分が気になる時は、シチューの塩分を控えめにするとよいです。

昆布茶は料理を絶品にする

近年、隠し味が流行していますが、中でも、昆布茶の隠し味は素晴らしいです。こんぶ茶にして飲むのも良いですが、余らせることもあるので、料理に使うのもおすすめです。

例えば、100円のレトルト・ミートソースにかけると、レトルト感がなくなり、まるで洋食専門店で食べているような深い旨味が口の中に広がります。

家庭の味・クリームシチューだと、シェフの味に様変わりします。具だくさんの、クラムチャウダーにもおすすめです。また、炊き込みごはんの場合は、昆布茶を入れてから炊きます。

一口食べると、昆布だしを入れたかのような上品なうま味がフワッと口の中に広がり、家庭の味を料亭の味に変え、食が進みます。

アレンジレシピには、「刺身の昆布締め」を昆布茶で代用します。刺身に昆布茶をまぶし、ラップにくるんで冷蔵庫で寝かせます。

すると高級寿司屋の刺身になり、醤油は必要なくなります。このように、昆布茶は、クリームシチューはもちろん、あらゆる料理を絶品にし、少し入れるだけで、美味しくヘルシーに、一段上の味にしてくれます。

最後に

クリームシチューの隠し味には、他にも、バター・白ワイン・チョコレート・白ワイン・ベーコン・海苔の佃煮・砂糖などがあります。

一度隠し味に使うと、昆布茶を入れないシチューが、少し物足りなくなるくらい美味しいので、ぜひお試し下さい。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-, ,

関連記事

肌の潤いを保つビタミンB6は【バナナ】で摂ろう!

バナナは甘いから太りそうと想われがちですが、果物の甘みは果糖によるもので、カロリー自体は高くありません。 寧ろ、ビタミンB6をはじめ、豊富な栄養素を含んでおり、高い美容効果が期待できます。 万能フルー …

今スグ取り入れたい!世界のヘルシー食習慣【フランス編】

フランス料理やフランス人が食べている食事といえば、チョコレートやチーズ、ワインなど高カロリーなものが多いとイメージする方も多いと思います。 しかし、実際のフランス人が口にする料理はいたってシンプルで品 …

ホームパーティーに最適なおもてなしメニュー:サラダのレシピ

お友だちを家に招待し、ホームパーティーを開く人が増えています。 料理やお酒、スイーツをみんなで分担して持ち寄ることで、外食をするより安く済みますし、周りの目を気にせずに楽しめるのがホームパーティーの良 …

春のデザートを作ろう!今食べるととびきり美味しい春のフルーツ:びわ

春のデザートを作ろうと考えたとき、今食べるととびきり美味しい春のフルーツ、それは黄色いカラーが元気なびわの果物です。 まさにシーズンではないといただくことができない果物であり、リンゴやバナナみたいに年 …

トマト鍋に入れると一層美味しくなる具材:カマンベールチーズ

トマト鍋の具材として、カマンベールチーズを加えてあげると、より一層濃厚で、とろけるような味わいを楽しむことができます。 そんなみんなが大好きカマンベールチーズは、栄養豊富です。カルシウムやタンパク質な …

楽天モーションウィジェット