隠し味で「味噌」を入れると、クリームシチューが一段上の味になる!

クリームシチューの味に、物足りなさを感じるときには、味噌を隠し味として加えるだけで、抜群の美味しさに変化します。

発酵によって生じた旨味成分に加えて、乳酸菌による酸味も加わるためですが、この方法を使えばレトルトであっても美味しくできます。

スポンサーリンク

豆味噌を使ってコクを最大限に引き出す

数ある種類の中で、アミノ酸の量が最も多いのは豆味噌です。

これをクリームシチューの隠し味として加えると、短い調理時間では引き出せないような品質に仕上がるため、熟成させたようなコクを求めているときにも試してみてください。

発酵に関与する豆麹を使った豆味噌は、塩辛さや独特な渋味も強く感じられるため、中京地域を除くと苦手にする人も少なくありません。

ところが、牛乳などの乳製品と合わさることで、塩辛さがマイルドに変化していきます。渋味も変化して、ビーフシチューのようなコクが生まれることになるわけです。

他の種類とは違って、豆味噌は加熱に強い特性を持っていることは、名古屋の煮込みうどんの例を見れば明らかです。そのため、隠し味として加えてからは、10分程度は煮込んでも、風味が損なわれることがありません。

焦がさないように注意して煮込めば、旨味が凝縮して渾然一体の美味しさが生まれます。

この方法にすると、クリームシチューの白色は完全に消えてしまうため、本来の見た目よりは味を重視する場合に試してみてください。

淡い色彩の白味噌を隠し味として使う

クリームシチューの白色を残したいときには、発酵期間が短めの白味噌を使ってみてください。上品な味わいが最大の特徴で、豆だけを使ったものと比較すると、甘味も強くなっています。

クリームシチューに加える段階では、なるべくはペースト状にしたものを加えてください。とろみが付いた状態であれば、混ぜた段階では乳化したような状態になるため、スープの質感が損なわれることがありません。

最初から硬いものを使うときには、牛乳を混ぜてペースト状にしておきます。白味噌は加熱には弱い特性を持っていますので、最後の仕上げとして使うことが基本です。

クリームシチューを温めてからは、火を止めた段階で加えていきます。味噌汁の調理法と同じで、加熱時間を短くすれば塩辛さが際立つことがなく、素直な旨味が活かされる料理になるわけです。

レトルト品を使う場合には、最初には湯煎にかけてから盛り付けして、最後の段階で混ぜ合わせておきましょう。

分量は小さじ1杯程度に抑えておけば、レトルト品であっても塩辛さが強くなることはありませんが、場合によっては少量の牛乳も加えて調整します。

甘味が特に強い麦味噌を使う方法

甘味を最大限に引き出したいときには、麦味噌を使うことで対処できます。大豆と豆麹だけを使えば、アミノ酸の旨味が豊富になるわけですが、麦麹を多くすればデンプンが糖化して甘味が増す仕組みです。

この甘味は、甘酒や麦芽飴と共通するもので、砂糖とは違った個性があるため、隠し味にすれば独自な美味しさになります。

麦味噌にも白系と赤系の種類があり、それぞれに風味やコクが違います。淡い色彩を残したい場合には、短期熟成の白系を選んでください。

こちらも加熱には強くありませんから、最後の仕上げとして加えることが基本です。独特な風味に加えて、乳酸菌による酸味もあるため、淡い色彩であっても適度なコクが生まれるのが特徴です。

長期熟成させた麦味噌は、山間部では猪鍋の材料として使われるだけあって、肉類の油と絶妙に調和します。

クリームシチューの隠し味として加えると、コクも最高潮に達しますが、他の種類とはまた違った美味しさになるのが魅力です。

チーズも一緒に加えておくと、醸された風味が融合して、熟成させたようなコクも楽しめます。

合わせ味噌を隠し味にする方法も使える

味噌が持っている弱点を補うために、合わせ味噌を作ってからクリームシチューを加えてみてください。この方法でブレンドすれば、それぞれの種類が持っている良さが融合して、全く違った個性も生まれます。

この方法を使うことで、多種多彩な旨味成分が合わさることで、美味しさも相乗的に高まる仕組みです。

白系と赤系の味噌をブレンドしてから加えると、メイラード反応による色彩は残しながらも、大豆本来の鮮烈な風味が残る形になります。

甘味と酸味のバランスが良く、クリームシチューの甘味を上手に引き立てるだけの力がありますから、砂糖を入れなくてもマイルドな味に仕上げることが可能です。

強烈なコクを再現したい場合には、豆味噌に対して長期熟成の米味噌を合わせてから隠し味にします。こうすることで、比較的に強い酸味も加わり、肉の油っこさが軽減していきます。

この方法で作ると最上級のコクが生まれますから、ご飯と合わせたときの美味しさも抜群です。

隠し味としての分量で使うことから、コクはあっても塩味はマイルドで、素材本来の美味しさも際立ちます。

最後に

多彩な種類の味噌を隠し味にするだけで、クリームシチューの美味しさは格段にアップします。

白系から赤系も含めて、それぞれに個性がありますので、好みに合わせて選んでください。

地域ごとに特色のある種類を加えて、個性的な料理が作れるのも魅力です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-, ,

関連記事

お鍋の味に飽きたらトマト鍋!トマト鍋の魅力とは?:リコピンによる血糖値の低下

トマトは、南米ペルー原産のナス科の野菜で、江戸時代の初めに日本に入ってきたといわれています。 その魅力はおいしさと栄養、そして様々なバリエーションでお料理に活用できるということでしょう。

石川県に行くなら絶対食べたい!ご当地グルメ5選

加賀百万石の文化が、今もなお受け継がれている石川県は、ご当地グルメが豊富であることでも観光客に人気が高く、特に海の幸においては全国でも屈指の漁獲量を誇っています。 これぞ、魚介の宝庫日本海が位置する石 …

採りやすい山菜「ウド」の美味しい調理法

山ウドは、国内で簡単に採れる山菜です。通常、2mから3mに育ちますが、おいしい旬の時期は3月から5月です。 採取した地域によっては、初夏になっても食べごろのこともあります。採取する時は、穂先にハリがあ …

1日漬けるだけ!味噌に漬けると美味しいモノ「豆腐」

味噌は、最近注目を集める発酵食品の一つです。体に様々な良い影響を与ええてくれる発酵食品には、日本人が古くから食べてきた醤油や酢、かつおぶしなどごく身近にある食材が含まれます。 菌活などという言葉もよく …

栽培しやすいハーブの種類:タイム

仕事に育児にと忙しい毎日を送っているあなた。 ハーブティーを飲んでみませんか? その一杯でホッと一息つけるでしょう。 癒し効果抜群です。

楽天モーションウィジェット