隠し味で「海苔の佃煮」を入れると、クリームシチューが一段上の味になる!

普段作るクリームシチューを、ワンランク上の味にしたいと思いませんか。ちょっとした隠し味を使うだけで、コクとまろやかさがプラスされます。

ここでご紹介したい隠し味は、海苔の佃煮です。冷蔵庫に眠っている食材を使うことができれば、一石二鳥ですね。

スポンサーリンク

海苔の佃煮の原材料とは

海苔の佃煮の原材料は、しょうゆと水、海苔とみりん、砂糖、カツオの削り節など、普段からなじみ深いものばかりです。甘さと辛さのバランスはしょうゆとみりん、砂糖によるものです。

だし汁や、ゴマなどを使っていることもあります。実は、和え物やドレッシングとしても活用できる、優れた調味料です。

水で薄めると、スープとしても使えます。そのため、クリームシチューに入れると、甘みとコクが出ます。

味を確かめたいと思ったら、まずは生クリームや豆乳と、海苔の佃煮を混ぜてみて、クリームソースにして味見をしてみて下さい。

豆腐や生野菜にかけて食べれば、おしゃれで甘くておいしいドレッシングに、早変わりしてくれます。シーフードやお肉、トマトなどとも相性がいいので、味のアレンジも楽しめます。

市販の海苔の佃煮は、味が濃い目ですので、クリームシチューに入れて食べると、きれいに食べきれて便利です。

味が濃い目だなと思ったら、海苔を追加したり、醤油を少なめにすると、味を調節できます。海苔の風味や味がスープに溶け込むので気になりませんし、色が変わるほどの影響力もありません。

クリームシチューの美味しい食べ方

クリームシチューの美味しい食べ方として、隠し味に海苔の佃煮を入れるという方法があります。塩気が強すぎないように注意すれば、まろやかなコクと甘みが引き出せます。

クリームシチューの甘さが苦手な方や、大人用にはブラックペッパーを少し足すという方には、海苔の佃煮の塩気が甘さを引き締める効果をもたらしてくれます。

食べる直前に入れると、磯の香が感じられます。とろみも、プラスされます。海苔が入ることで、たんぱく質やカリウムが増えますから、栄養価も高まります。

チーズなどとの、乳製品との相性が抜群の海苔ですので美味しく食べられます。刺身醤油や白醤油を使った海苔の佃煮なら、色が変わる心配もありません。

あくまで隠し味ですので、大量に入れる必要はありません。スプーン1杯くらいの量から、試してみるのがおすすめです。

お皿に盛り付けてから、つくだ煮を少しずつプラスして混ぜながら食べると、抵抗感が少なくて済みますし、最後まで飽きずに味に変化をつけながら食べることができます。

海苔の磯の風味が強くなりすぎてしまったら、柚子やレモン、チーズをプラスすると美味しく食べられます。

取り皿に分けて盛り付ければ、和風味を楽しめます。

海苔の佃煮の栄養価とは

海苔は、にんじんの3倍のカロテンを含んでいます。体内で、ビタミンAを生成してくれます。ビタミンCは、レモンの2倍の量で、熱に強く壊れにくいので美容と健康に適した食材です。

食物繊維は、ごぼうの7倍も含まれており、柔らかいので胃腸に負担がかかりません。EPAやタウリン、キャベツに含まれていることで知られているビタミンUも、たっぷりです。

重量の40パーセントがたんぱく質で、低カロリーなのでダイエットにも最適です。血液をサラサラにしてくれる効果が高く、高血圧や心筋梗塞、脳こうそくの予防にもなります。

肌の弾力をキープするレチノールが含まれ、利尿作用も高いので、むくみを解決してくれます。

1日スプーン1杯、10グラムを食べるだけで、食塩、鉄、マグネシウム、たんぱく質、食物繊維、ビタミンB2、銅、ビタミンKを摂取できます。

カロリーは23キロで、低カロリーです。食べ過ぎに気を付ければ、塩分や糖分の過剰摂取を避けることができます。

海藻類を過剰に摂取すると、ヨードのとりすぎで甲状腺に障害が起こる可能性もありますので、注意が必要です。

クリームシチューのリメイク方法

作りすぎてしまったクリームシチューを、リメイクするのにも海苔の佃煮が役に立ってくれます。グラタン、クリームリゾット、クリームコロッケなどに、隠し味として入れれば味の違いを楽しめます。

ドリアを作る場合には、ホワイトソースに混ぜたり、ご飯にそのまま載せたりしても楽しめます。

水と中華だしの素を入れて伸ばしてスープにして、海苔の佃煮を入れ、かきたま汁にすれば違った料理になります。海苔の佃煮を入れて、ホワイトソースにしてパスタにかけて食べるのもおすすめです。

トマトを入れて、トマト味にすれば全く違った料理になり、リメイクだとばれません。

冷凍うどんや、そばでも応用できます。海苔の佃煮は、もともと醤油と海苔が原材料ですから、調味料としてだけでなく、隠し味として活躍してくれます。

卵、シーフード、チーズ、肉など、どんな食材とも相性が良いので、たいていの料理にすんなりなじんでくれます。

スープにも、ソースにもなってくれます。酢やマスタード、ワサビなどとの相性もよいので、和え物やサラダ、お浸しとしても活躍してくれます。

最後に

クリームシチューは、寒い季節に食べたくなる家庭の味です。

大量に作りすぎた時の隠し味として、普段とは違うアレンジを楽しみたい時に、海苔の佃煮が活躍してくれます。

冷蔵庫に眠らせて、おかずに積極的に活用したい食材です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-, ,

-->

関連記事

抗酸化力の高い食品は?

抗酸化力とは、活性酸素の働きを抑制しアンチエイジングに欠かせない働きのことです。 活性酸素は、日々私たちの細胞で作られる活性化した酸素のことで、この物質が原因でガンや肌荒れなど様々な弊害を私たちに及ぼ …

忙しい朝でもお味噌汁があれば大丈夫!お味噌汁のすごい栄養成分!「カルシウム」

慌ただしい1日の始まりに、しっかりと栄養を取り入れて活動している人はどれだけいるでしょうか。 パンとコーヒーやシリアルにミルク、そして食べる時間が無いので、何も口にしない人も多いかもしれません。 しか …

まだまだ寒い日に食べたい湯豆腐に入れると美味しくなる薬味!【ゆず】

まだまだ寒い日に食べたい湯豆腐に、入れると美味しくなる薬味として、黄色い可愛らしいゆずがあります。 温かいものが食べたい季節には、薬味や香味野菜で楽しむ湯豆腐が、日本人の寒い時期の味覚にはたまりません …

グルテンフリーダイエット:十割そばのアレンジレシピ

グルテンフリーダイエット中に麺類が食べたくなったら、十割そばならOKです。

2017年注目のスーパーフード:大麦

キヌアやチアシードなど、スーパーフードと呼ばれる食材が最近では美容や健康に良いとされスーパーなどでも見かけるようになりました。 そんなスーパーフードが2017年に流行るとされている食材に大麦があげられ …

楽天モーションウィジェット