車関係の仕事をしたい人にピッタリの職業:貨物自動車運転者

貨物自動車運転者の仕事は、様々な貨物を指定された場所までそして決められた日時までに、安全確実に運搬することです。

貨物自動車運転手の仕事は大きく分けて、長距離輸送、宅配便、危険物輸送に分けられています。

スポンサーリンク

今日もどこかで貨物を運んでいます

長距離輸送を担当している運転者は、主に大型トラックを運転して幹線道路を往復走行しています。

出発前には車両の点検を行い、積載重量を必ずチェックします。

大型車はちょっとした運転ミスでも、大事故に直結してしまいます。

しかも長距離を高速道路を利用して走行しますから、一定のペースで休憩を取り無理のない運転を心がけています。

宅配運送の運転者は、担当地区にある個人宅を一軒一軒巡回して荷物を集配します。

狭く入り組んだ道を通るときもあり、子供や高齢者が歩いている道もありますからスピードの出しすぎなどは、厳禁になっています。

危険物を輸送する運転者には、危険物取扱者の資格が必要になってきます。

トラックによる貨物の輸送は商品が生産者から消費者へ流れるに代表される、日本の物流の中心になっています。

貨物自動車運転者は産業を支える大きな貨物から、市民生活に密着した小さな貨物まで指定された場所へ安全確実にそして迅速に運ぶという、大きな役割を担い社会に貢献をしています。

今日もどこかで貨物自動車運転者が、荷物を運んでいます。

臨機応変な運転ができるか

高度な運転技術を持っている貨物自動車運転者の活躍があるからこそ、物流がスムーズに流れています。

食品の確保から始まり必要書類の確実な入手、引っ越し、工業生産物を作るための材料の確保、危険物の安全な運搬など、私たちの市民生活を安定したものにする役割を担っています。

貨物自動車運転者に求められているのは、車の運転が好きなことや高度な運転技術を持っていること(持とうと努力すること)、そして安全運転を心がけられることが、何よりも必要な適性になっています。

長時間運転や夜間運転も多いため健康であることと、健康管理ができることも大切な資質になっています。

タンクローリーで危険物を運搬する危険物運転者などの場合、接触はもちろん振動も抑えられるような運転技術を駆使しなければなりません。

宅配運送の運転者の場合は、直接お客と接することがあることから営業センスが求められます。

また交通道路に精通して渋滞があった場合は裏道を通るなど、臨機応変な運転ができることも求められています。

また豊富な経験も必要です。

会社に入社するためには二種免許が必要

貨物自動車運転者になるためには、学歴は問われませんが、運転車両に応じた運転免許と、危険物などの荷物によってはその取扱い資格が必要になってきます。

運送会社では一般的に、営業用の車を運転できる第二種運転免許を持っていることが採用の条件になります。

近年は車の性能もよくなってきたことから、小型の車を使用する宅配便の運転者を中心に、女性の貨物自動車運転者も増えてきました。

車の運転免許は交通の安全ルールを守り交通事故を防ぐためには、必要不可欠なものになっています。

貨物自動車運転者の場合は、第二種免許(大型、普通、大型特殊)が必要です。

受験資格には年齢制限と運転歴が必要になってきます。

試験は視力、聴力などの適性検査。交通法規などの学科試験と、技能試験が行われています。

また危険物を輸送する場合には、危険物取扱者の資格も必要になってきます。

自動車教習所に通い第二種の免許を取ってから、自動車運転者として入社する人も多くなっています。

物流のかなめとなっている運転者は、今日も安全運転を心がけています。

マンネリ化しやすいですから初心にかえって

車の運転が好きだったからと、この職業に就いた人もたくさんいます。

毎日車に乗れることが楽しいという人もいます。

ですが荷物の種類によっては取扱いに注意しないといけないものがありますので、気も使いながら仕事を行っていかなければなりません。

時間を守りながら、かつ事故にも注意しながら、といった点が厳しいところです。

また大小さまざまな車があり、それが全部個性が違いますから、慣れるにも苦労するところがあります。

長期間この仕事を行っていると、仕事がマンネリ化になりやすくなります。

自信過剰にもなってしまいますので、基本にかえることをいつも心がけていなくてはなりません。

日本の物流のかなめになっている貨物自動車運転者になるための資格は、運転免許だけです。

運送会社で働きたい場合は第一種の免許を取得したのち、3年以上経過した後で第二種の免許を取ってください。

18歳で一種免許を取ったとしても、3年以上経たないと二種免許は取れないことになっていますので、21歳以上でないと運送会社で運転者としては働けないということになります。

最後に

物流の中心になっているのが貨物自動車で、その貨物自動車を運転しているのが貨物自動車運転手です。
車の運転が大好きでなった人も多くいて、日夜安全と時間を気にしながら、好きな車の運転を職業にしている人もいます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 職業・仕事
-

関連記事

レジャー好きを仕事に!旅行・観光に関する資格「旅行地理検定」

株式会社JTB総合研究所が主宰する「旅行地理検定」は、国内地理と海外地理の2種類があります。 1995(平成7)年にスタートし、「チリケン」の名前で知られ、6月と12月の一年2回、東京・大阪・名古屋・ …

雇用形態いろいろ。アルバイト・パートとして働くメリット・デメリット

雇用形態の中でも、求人の数が多いアルバイト・パートは、働いてお金を稼ぐ時に、有効な選択肢となります。 そのメリット・デメリットをよく理解して、自分に最適な雇用形態を選ぶための、参考にしましょう。 多様 …

職業訓練で資格取得やスキルアップをしよう

職業訓練では、手に職をつけたい人などが学び、実際に技能を身につけて、仕事を見つけていくことが可能になります。 職業訓練の対象の中には、資格取得、スキルアップにつながるものが非常に多く、自らの魅力をそれ …

海で仕事をしたい人にピッタリの船舶関係の資格:海技士(航海)

安全で効率的な漁業を行うために、漁労船を操る操船や魚を取る操業の中心的な役割を担うのが、漁労船の船長です。 船長は乗船すると、さまざまな計器を点検します。 船の位置を的確に示すGPSや、魚群探知機など …

会社にとって欠かせない存在!経理の資格「ビジネス会計検定試験」

ビジネス会計検定試験は、大阪商工会議所が主催する検定試験で、1級から3級までの3段階に分かれています。 企業会計には不可欠である、財務諸表の内容を読み解く力をはかる検定試験です。

楽天モーションウィジェット